- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

テレビが面白くない!!

50名無しさん@おーぷん :2017/05/05(金)19:41:22 ID:Zri
Aさんによると、鹿毛氏の書く内容について日経の社内では
「まぁ、あれはルサンチマン鹿毛だから(笑)」と苦笑の対象であり、
まともには読まれていないのだという。

ただ、こうした鹿毛氏の人となりを知らない人間は(私もそうだったが)
あたかも経済全般に詳しい人間が書いているかのような書きぶりなので、
きちんとした人間による批評だと考えるかもしれない。
書き手の人物像をこうして伝えることも、情報の一つとして有益だと考える。


Aさんは普段、人の悪口を言わない温厚な人なので、あまり誇張された内容ではないと思う。
Aさんにこうした内容を書いてもいいかと聞いたら
「日経の社内ではまぁ共通の感じ方であるから、書いてもかまわないのでは」と笑っていた。

メディア批判そのものは大事だと思う。
しかし批判をする人間は、せめてその分野をきちんと勉強した上で、冷静に評価することが必要だろう。
少なくとも私の記事への批評については、そうした努力の形跡がみられない。
とりわけ、マクロ経済や産業政策に関しては基本的な知見がまったく欠けている。
わからないことは書かないで欲しい。

ただし、私の記事以外のものは数本しか読んでいないが、
中には納得感のある批評もあった。
鹿毛氏は潜在的には知的レベルが高い人である可能性もある。
今後きちんと努力すれば、レベルは上がっていくのかもしれない。
Aさんも「自分も数本くらいしか読んでいないが、なるほどと思うものもないわけではない」と話していた。
努力してレベルを高めて欲しい。
しかし繰り返すが、わからないことは書くな。
そして自分はこの分野を本当はわかっていないのかも、と考えてみる謙虚さも持つべきだ。

Aさんは「鹿毛氏のサイトは別として、きちんとしたメディア批判はもっとあったほうがいい。
各分野で知見のある人間を5~6人集めて、
きちんとした経済記事批評サイトを作ることも必要ではないか」と話していた。
もし実現したら、「メディアを育てる経済記事批評を育てる」という批評も
一回やってもいいかもしれないと笑っていた。
 
+0
-0
このレスの続きを表示(93件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





テレビが面白くない!!