- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【お菊神社】「皿屋敷」播州の伝承 今に お菊神社(もっと関西) [2018/07/11]

1虹◆onElYHqWJBVO:2018/07/11(水)13:35:59 ID:l1r()
【お菊神社】「皿屋敷」播州の伝承 今に お菊神社(もっと関西) [2018/07/11]

【お菊神社】「皿屋敷」播州の伝承 今に お菊神社(もっと関西) [皇紀二六七八平成30年7月11日(水)]


コラム(地域) 関西
2018/7/11 11:30

 「いちま~い、にま~い……」


 井戸から現れた女の幽霊がうらめしげに皿を数える怪談「皿屋敷」。
 近年は江戸の武家屋敷を舞台にした「番町皿屋敷」として知る人が多いが、実は姫路が舞台の「播州皿屋敷」のほうが古いとされる。
 お家騒動もからんだ複雑な物語からは、単なる悲劇のヒロインではない「お家」に尽くした烈女の姿が見えてくる。

■姫路城に古井戸

 国内外から多くの観光客が訪れる世界遺産で国宝の姫路城。見学ルートの終盤、上山里丸と呼ばれる広場に「お菊井戸」
 と名付けられた古井戸がある。案内板には「播州皿屋敷」の怪談が日本語と英語で紹介され、
 訪れた人のほとんどが恐る恐る井戸をのぞき込む。

 姫路城管理事務所の専門員に聞くと「1912年に城が一般公開された際、観光の見どころとして設けた」という。
 播州皿屋敷は永正年間(1504~21年)の出来事とされ、現在の姫路城が建築された1609年よりもだいぶ昔だ。
 築城前から井戸があった可能性はあるものの、お菊が投げ込まれた井戸とするには疑問が残る。
 
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32824980Q8A710C1AA2P00/
 
 全文はソースで
2名無しさん@おーぷん :2018/07/18(水)12:14:46 ID:AtR
毎年この時期になると四谷怪談の時代劇やってたっけなぁ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【お菊神社】「皿屋敷」播州の伝承 今に お菊神社(もっと関西) [2018/07/11]