- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【東洋経済】荻生徂徠が遺した「悪魔的」ともいえる統治術

1忍法帖【Lv=10,スカルゴン,34o】 ホムンクルス◆oN7dKohdLoRV:2018/05/18(金)20:46:46 ID:Sxt()
江戸時代中期を生きた儒学者として知られる荻生徂徠(1666ー1728)。8代将軍・徳川吉宗の信任を得てその知恵袋として活躍した徂徠が、
吉宗だけが読むことを想定し、極秘の政策提言を行った。それが4巻からなる『政談』である。

悪魔的ともいえる統治術

『政談』に記されているのは、「悪魔的」ともいえる統治術だ。講談社学術文庫『荻生徂徠「政談」』(尾藤正英)によると、
「出替り奉公人の取締りのこと」「浪人ならびに道心者の取締りのこと」などの項目では、現在でいうところのフリーターを取り締まることを提言している。

また、戸籍管理を徹底することによって、居住場所についても幕府が厳密に管理するべき、としている。その内容は、
現在の憲法で保障されている「基本的人権」など、歯牙にも掛けていない。

東洋経済 2018.5.18
https://toyokeizai.net/articles/-/220770?display=b

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【東洋経済】荻生徂徠が遺した「悪魔的」ともいえる統治術