- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【城/愛媛】魅力発信 「湯築城」(松山)、「能島城」(今治)、「河後森城」(松野) 巡回展、イベントで連携 /愛媛[2018/05/18]

1虹◆onElYHqWJBVO:2018/05/18(金)10:08:52 ID:JCx()
【城/愛媛】魅力発信 「湯築城」(松山)、「能島城」(今治)、「河後森城」(松野) 巡回展、イベントで連携 /愛媛[2018/05/18]

いずれも国史跡で、日本100名城の「湯築(ゆづき)城」(松山市)と、昨年に続日本100名城に選ばれた「能島(のしま)城」(今治市)、
「河後森(かごもり)城」(松野町)両城が手を組み、持ち回りの企画展を始めた。
今後もシンポジウムなどで広域な情報発信を目指し、「伊予三城」の存在感を高める。

 湯築城は中世の伊予国の守護だった河野氏の居城。村上水軍の海城・能島城、中世・戦国時代の山城・河後森城とともに、
 複雑な勢力争いの拠点となってきた。

 伊予の中世城郭を代表する「伊予三城」として連携するきっかけは続100名城の選出。
 今年4月6日の「城の日」からはスタンプラリーも始まり、「歴史好きな観光客に城の歴史的価値を訴えよう」
 と企画展や学術研究での提携を進めることにした。

 第一陣の企画展「伊予の城と戦--海域・守護所・境目の城、
 それぞれの戦国」は6月24日まで今治市村上水軍博物館(宮窪町宮窪)で開催し、入場無料。
 7、8月に松山市の湯築城資料館(道後公園)、9、10月に松野町の不器男記念館(松丸)に巡回する予定だ。

 展示の柱となるのは450年前の1568年、伊予国最大の戦国合戦となる大戦となった「鳥坂(とさか)合戦」。
 河野氏と土佐一条氏・伊予宇都宮氏らの軍勢が現在の大洲・西予市境を中心に繰り広げた合戦には中国の毛利氏も援軍を送り、
 来島村上氏や多くの武将が参戦した。

 毛利元就(もとなり)の三男・小早川隆景(たかかげ)の能島村上氏への書状も展示史料の一つ。
 この中で湯築城主・河野通直(みちなお)を「湯月」と表現し、通直の働きかけで村上氏に土地を与えたことを記している。
 
 https://mainichi.jp/articles/20180517/ddl/k38/040/533000c
 全文はソースで
 

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【城/愛媛】魅力発信 「湯築城」(松山)、「能島城」(今治)、「河後森城」(松野) 巡回展、イベントで連携 /愛媛[2018/05/18]