- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【勝手神社】勝手神社の神事踊、国重文指定へ 伊賀[2018/01/20]

1虹◆onElYHqWJBVO:2018/01/20(土)06:05:56 ID:YDP()
【勝手神社】勝手神社の神事踊、国重文指定へ 伊賀[2018/01/20]

【勝手神社】勝手神社の神事踊、国重文指定へ 伊賀[皇紀二六七八平成30年1月20日(土)]

文部科学省の文化審議会が十九日に答申した国の重要無形民俗文化財指定で、
県内からは伊賀市山畑の「勝手神社の神事踊」が入った。
勝手神社神事踊保存会の会長(72)は
「先輩らが苦労して残してきた踊りが日本に響き渡るのはこの上ない喜び」と感激する。
指定されれば、県内の重要無形民俗文化財は十件、伊賀市内では「上野天神祭のダンジリ行事」と合わせて二件になる。

 勝手神社の秋祭り(十月の第二日曜)に奉納される芸能。
 胸にカンコ(カッコ)と呼ぶ桶胴(おけどう)太鼓を着けた「中踊り」、
 歌を歌う「歌出し」(立ち歌い、地歌い)、
 大太鼓を打つ「楽打ち」など二十数人で構成する。
 現行の演目は「式入」「御宮踊(おみやおどり)」など五つからなる。

 中踊りが背負う飾り「オチズイ」が特徴で、
 ボタン花の作り物から紙製の花葉を貼り付けた細い竹(ホロバナ)が多数しだれ、美しい。
 中踊りはこれをなびかせつつ、立ち歌いはうちわを手に踊り、
 楽打ちも太鼓のバチを回転させたりして複雑な所作を見せる。
 
 http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20180120/CK2018012002000032.html
 全文はソースで
 

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【勝手神社】勝手神社の神事踊、国重文指定へ 伊賀[2018/01/20]