- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【発達障害】発達障害のある子どもたちが旅客機の搭乗体験 成田[2018/01/18]

1虹◆onElYHqWJBVO:2018/01/18(木)17:40:26 ID:RYE()
【発達障害】発達障害のある子どもたちが旅客機の搭乗体験 成田[2018/01/18]

慣れない環境のもとではパニックなどを起こす不安があるとして空の旅を諦めていた発達障害のある子どもと
その保護者に、旅客機の搭乗手続きなどを体験してもらう取り組みが国内では初めて成田空港で行われました。

発達障害の子どもの中には、慣れない環境に置かれると緊張したりパニックになったりする子どももいて、
空港や旅客機の利用には不安があるとして空の旅を諦める家族が少なくありません。

今回の取り組みは、成田空港会社と全日空が発達障害のある人などで作る団体の呼びかけに応じて国内の空港では初めて行い、
合わせて54人の子どもとその保護者が参加しました。

発達障害の子どもを安心させるためには、丁寧に説明しリラックスしてもらうことが大切だということで、
搭乗前の保安検査では、航空会社のスタッフが「危険なものが紛れ込んでいないか見つける大切な作業です。
驚かないで検査を受けてください」と伝えていました。

また、旅客機に乗ってもらう体験では客室乗務員がシートベルトのつけ方やトイレの使い方について説明したあと、
実際に空港内で機体を走らせました。客室乗務員は優しく声をかけながら、
子どもたちが揺れに不安を感じることのないよう気を配っていました。

三重県から参加した38歳の母親は「スタッフがサポートしてくれてよかった。
今後、空の旅も旅行の選択肢にしたい」と話していました。

全日空の客室乗務員、庄賀里佳さんは「わかりやすい説明などを心がけ、
発達障害のある人や家族に出かける喜びを感じてもらいたいです」と話していました。
2虹◆onElYHqWJBVO :2018/01/18(木)17:40:57 ID:RYE()
空港での課題と支援の動き
今回の搭乗体験を呼びかけた発達障害のある人などで作る団体「日本発達障害ネットワーク」によりますと、
発達障害のある人は、ふだんとは異なる慣れない場所に来ると緊張したり、
パニックを起こしたりする場合があるということです。

日頃から使っている鉄道やバスなどについては問題なく利用できる一方で、
空港を訪れて旅客機に乗る機会は少ないため、耳慣れないアナウンスや複雑な搭乗手続きに不安があるとして空の旅を諦める家族も少なくありません。
また、空港側に発達障害についての理解が浸透せず、適切なサポートを行う態勢が整っていないことも課題の1つとして挙げられています。

こうした中、成田空港会社などでは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは
国内外からさまざまな人が空港を訪れることを見据えて、
誰にでも快適に過ごしてもらえる環境作りを進めようと、
スタッフが参加した勉強会を開催するなどして発達障害のある人の支援に乗り出しました。

今回の取り組みはその一環で、成田空港内には幅1メートル50センチ、
高さ1メートル80センチの箱形のスペースを設け、
旅客機に乗る前の家族が落ち着いて過ごせる場所も確保しました。
成田空港会社では、こうした設備を今後、増やすことも検討していきたいとしています。

日本発達障害ネットワークの橋口亜希子事務局長は
「発達障害のある人は、慣れない空港でも搭乗手続きの流れを予習したりスタッフが丁寧にサポートしたりすれば、
落ち着いて旅行に行くことができるようになる。全国の空港で今回のような取り組みを進めてほしい」と話しています

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180114/k10011288891000.html
全文はソースで

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【発達障害】発達障害のある子どもたちが旅客機の搭乗体験 成田[2018/01/18]