- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【発達障害】笑いとばして元気になれる! 発達障害の息子と娘を育てた母さんの、16年間のドタバタ奮闘記[2018/01/18]

1虹◆onElYHqWJBVO:2018/01/18(木)17:28:55 ID:RYE()
【発達障害】笑いとばして元気になれる! 発達障害の息子と娘を育てた母さんの、16年間のドタバタ奮闘記[2018/01/18]

ここ数年で発達障害についての情報が増え、幅広い年齢層が関心を寄せるようになった。
『母、ぐれちゃった。発達障害の息子と娘を育てた16年』(あじろふみこ/中央公論新社)は、
母親として発達障害の息子と娘と16年間過ごした日々をまとめたものだ。

「3歳半まで発達障害を放置してしまった」という母であり著者である、
あじろ ふみこ氏は、いち早く子どもの障害を見つけてあげて、と述べる。
息子・カツオは9カ月で走り出し、スーパーでは鮮魚を手づかみ、酒ビンを倒し、
引き離そうとすると全身全霊で号泣、しかも寝ない。
「なんか変」と思ってはいたが、悩んでいる暇さえなかった。
2歳下の娘・アワビは、家では、ずっとしゃべり続けているのに、外では人形のように動かず固まったまま。
「カツオと違うが、なんか変」。
どちらも3歳半検診では、いかに説明しようとも保健師に「問題ない」とされたほど、
当時、発達障害は知られていなかったのだ。


母、ぐれちゃった。発達障害の息子と娘を育てた16年 (単行本) 単行本 – 2017/12/6
https://www.amazon.co.jp/dp/4120050335

https://ddnavi.com/review/429578/a/

全文はソースで

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【発達障害】笑いとばして元気になれる! 発達障害の息子と娘を育てた母さんの、16年間のドタバタ奮闘記[2018/01/18]