- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【金比羅神社/狛猫】狛犬ならぬ「狛猫」のいる金刀比羅神社 癒しのパワースポットにも[2017/11/06]

1虹◆onElYHqWJBVO:2017/11/06(月)10:11:30 ID:3ii()
【金比羅神社/狛猫】狛犬ならぬ「狛猫」のいる金刀比羅神社 癒しのパワースポットにも[2017/11/06]

狛犬ならぬ「狛猫」のいる金刀比羅神社 癒しのパワースポットにも[皇紀二六七七平成29年11月6日(月)]

京都府京丹後市の金刀比羅神社には狛猫がいる
峰山はかつて養蚕が盛んで、ネズミから守るために猫が大切にされたという
阿吽の対になっていて、阿形のほうには子猫もいる
ネコ好き必見。丹後峰山で、狛犬ならぬ「狛猫」があなたを待っている

丹後半島の付け根にあり、天女の羽衣伝説でも有名な峰山町。

そこにある「金刀比羅神社」には、なんと「狛猫」がいるらしいのです。

神社のシンボル的な存在と言えば狛犬(狛狗)を思い浮かべるかもしれませんが、
ここの境内社「木島社」にあるのは、猫の石像。全国的に見てもかなり珍しい、とのこと。

それにしても、なぜ、猫なのでしょうか?

峰山はかつて養蚕が盛んだったのですが、養蚕の大敵といえば「ネズミ」。
大切なマユや絹を守るために大切にしていた存在が猫だった、というわけです。

起源はというと、文政13年(1830年)に、山城国(現京都市)の養蚕の神、木島神社から、
地元のちりめん織業者らの信仰によってお迎えされたそう。
その後、糸商人や養蚕家たちの手によって、一対の狛猫が奉納されたそうです。

ちなみに、「狛猫」はあくまでも呼称で、正しくは「石猫」でしょうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/13848852/

全文はソースで
2名無しさん@おーぷん :2017/11/07(火)00:43:08 ID:PHZ
珍しい
3名無しさん@おーぷん :2017/11/07(火)06:56:39 ID:HBk
日本産のにゃんこは尻尾短いけど
長いと化け猫みたいだと忌み嫌われるから切られてたんだよね
狛猫の尻尾が長いのは魔物と紙一重の存在って意味なんだと思うよ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【金比羅神社/狛猫】狛犬ならぬ「狛猫」のいる金刀比羅神社 癒しのパワースポットにも[2017/11/06]