- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

◆健全な愛国【国際的中道左派の政策自民党】と若年層の利益代表愛国労働野党が必要◆

1名無しさん@おーぷん:2016/08/28(日)07:19:27 ID:5Vg()
急激な景気後退やマイナス成長を経験する事無く90年代を乗り切った事を国外から評価する動きもある、
またその後IT革命とその周辺の変化によって社会の構造自体が変化を迎えた事も新陳代謝を促す事となった。
そしてある程度の決断力を持って2000年代前半までに不良債権処理を終わらせた小泉純一郎元首相はいざなみ景気と呼ばれた戦後最長の経済成長を伴い、
企業の内部留保や日本政府の外貨準備額は増えているものの、既に新興国でも製造できる白物家電なども安く一定水準の物が行き渡っている現代社会では、
どの先進工業国においても経済成長の実感は乏しいのが一種の成熟した民主主義国特有の現象とされている為、
若年期に世界史的に類を見ない程の右肩上がりの経済成長期を経験した世代が回想録のように過去を忘れられない事が問題であるとする経済学者が多数派。

「反共の防波堤」として国土自体が自国も含めた西側諸国において戦略的な要衝であった事が大きく有利に作用し、
【どの独立国も豊かになればそれだけ周囲の国から狙われる】という事実を軽視で来た理由は日米安保条約という【集団的自衛権の行使そのもので成り立っていた戦後日本の国防】だが、
戦後日本新聞やテレビなど大手マスメディアの言う【リベラルや中道左派とは国際的に極左の思想、自民党ですら中道左派、軍はあって当然】という議論すらできなかった戦後日本国はまさしく「期間限定の特殊な状態」で成長した。
そして、国防に関わり、本来は支出が少なくて済む多国間軍事同盟ですら、国家的な支出(NATOであれば最低GDP比2%)が必要とされる安全保障関連費用を、「地理的な優位性」が功を奏して代理戦争が続く中でも、
適正な水準の【半分程度の国防費】で毎年の決算を迎える事が出来たという事実が存在したため、この期間限定ともいえた特殊な冷戦構造終結に至るまで、
金融業や重工業に傾斜配分する事が出来た点も複合的に作用していたが、
OPEC結成以前の原油価格とユーラシア大陸の混乱が、為替相場の固定相場制と共に高度経済成長の原動力となっていた点も指摘されており、護送船団方式で本来競争力の無い分野での企業も恩恵を受けていた事実が有る為、

昭和中期から昭和末期までに付いた大企業内の組織的贅肉を削ぎ落す結果となったリストラなどの内部改革によって、
2010年代まで生き残った日本企業は概ね国際社会で活躍できるだけの競争力を持った「筋肉質の企業が増えた」とする肯定的な意見も、一部のアナリストから提起ようになった。
その一方で「普通の人生を送るハードルが極端に高い時代(中流層の減少)」が先進工業国共通の課題となっており、これに伴い世代間格差が避けられない現状となった。

そして戦後若年層を甘い言葉で騙してきた旧社会党系は、まさに詐欺師同然の【売国左翼】そのもの政党で、左翼と名乗る資格すらない状態が続いたが、それを左翼と呼んだ確信犯的なメディアが冷戦中多かった。
「労働貴族」と呼ばれる労組は完全に極左的思想と【日本人の為にならない主張と支持政党】しか持てない【戦後の労働運動は本物ではなく偽装した共産主義運動だったから】であり、既に国民から「敵そのもの」であるという野党の正体がばれている。

今現在のワーキングプアなどの真面目な若者は【健全な愛国心(愛国心や軍隊を応援するのは政治思想ですらないどの国でも当たり前の感情である)】を持ちながらも
【もっと明確な労働者から見た右寄り<外国人労働者反対など>で保守側から愛国の目で自民党を監視する愛国左派野党】ともいうべき存在が
求められている。いわば英国の労働党などが該当するが、基本的に国防費は【現状の2倍が先進国水準であり、そこに到達する事が最低限の条件であり、横に領土侵略よくの塊のような赤い大国も存在する現実をみよ】!
これは【自民党は大企業優遇であるとわかっていながら、この政党以外に選挙で票を入れることは国の滅亡に繋がるので投票先が無い!】と悩んでいる若年層が実に多いのだ。

これから皆で愛国野党(左翼は欧州では愛国左派が基本であるが日本では売国奴が左派を名乗ってきた)を作るべきだ、
本来右派左派ともに国会で、【軍の有無】など【あって当然】で【論じた時点で他国なら狂気の沙汰】だ。
それが本当の【思想の自由行使】に該当するのだからな!!
2名無しさん@おーぷん :2016/08/28(日)07:37:02 ID:ezM
大賛成だ、右も左も国防などあって当然だし、本来は警察と消防と国防軍は三つセットなんだよ普通の国ではどこでもな、こんな事一度でも海外居住経験があればさすがに気付く常識以前の問題なんだ。
頭が良い人も多かったのに学生運動というカルト運動にはまった団塊の世代があわれでならない。彼らは国を害しているという自覚なく自分の孫の世代まで国防妨害で危険に晒した愚の骨頂である。

俺が主張したい第一の党名案は(日本愛国労働党)だ!そのままだが、愛国心は右派左派ともに持った上でなければただの外観誘致だ、外国人や外国勢力のために活動してきた民進や共産などがリベラルを名乗るこの国は異常だ、
本当に右から自民を監視する政党がいてはじめて両翼いる事になる!確かに間違いなく安部政権の主張は国際的な水準では中道左派なんだ、自分が中道だと読者を騙してきた極左の新聞から見れば右寄りに見えるだろうがそれは国際的な思想基準ではないので無視!
結党したら相当票が入るぞ!言論の自由はそこからはじめて始まる。極左でも極右でも思想の自由だが、本当の右寄りは(街宣右翼のような偽物が穢したせいで)戦後日本国内に存在した歴史はない、つまり正常な選択肢が必要なんだよ!!
3名無しさん@おーぷん :2016/08/29(月)20:13:42 ID:rij
>>1はまるっきり歴史も経済も軍事も何もかも解ってないって事だけは解った。
4名無しさん@おーぷん :2016/08/29(月)20:26:47 ID:rij
>急激な景気後退やマイナス成長を経験する事無く

おいおい、バブル崩壊とは思いっきり「急激な景気後退」を意味する事だろ?
バブル経済の絶頂期の頃の日本と言えば、世界一の経済大国だった。
ルクセンブルクやリヒテンシュタインのような小国、小人口の国ですら日本より下の一人当たりGDPだったのだ。
それが今や世界何位に落っこちたんだ?
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdpdpc.html
何と、GDP辺りの軍事費に6~7%かけているイスラエルよりも下という体たらくだ。
どこが「急激な景気後退を経験することなく」で済んだんだ?
マイナス成長だって、消費税増税やその他の増税やそれに類する扶助の削減によって、その都度起こしまくってるだろうが。

>90年代を乗り切った事を国外から評価する動きもある、

そんな動きが有ったら、そいつは100%頭がおかしい。
断言してやるよ。
喪われた25年間、日本は「何もやらなかった」というのが、唯一にして正しい評価だろ。

>またその後IT革命とその周辺の変化によって社会の構造自体が変化を迎えた事も新陳代謝を促す事となった。

ホリエモンはどうなったんだっけ?
ひろゆきはどうなったんだっけ?
かつてのITの寵児は、最早見る陰も無いよな?

IT革命によって新陳代謝を促したなんて事実は全く無い。
それこそ、チュニジアの「ジャスミン革命」みたいな事態が日本にも起こったのであれば話は別だが。
ITの普及によって、一件でも「ジャスミン革命」に類するような事件が起こったか?
5名無しさん@おーぷん :2016/08/29(月)20:42:04 ID:rij
>そしてある程度の決断力を持って2000年代前半までに不良債権処理を終わらせた小泉純一郎元首相はいざなみ景気と呼ばれた戦後最長の経済成長を伴い、

寝言は寝てから言え。
民間に何の実感も感じられなかった、ただマスゴミが吠えていただけの幻想だろ。
だから、「成長を実感に」とかキャッチコピーを張っていた、次の第一次安倍政権の時に、何の実感も得られなかった国民からそっぽを向かれて、自民党は大敗してるだろ。

>どの先進工業国においても経済成長の実感は乏しいのが一種の成熟した民主主義国特有の現象とされている為、

そんな現象存在しねーよw
日本が25年間も不況に苦しんでいた間、どこの先進国も「好景気」とは言わなくても、少なくとも、順調に成熟した成長を続けていたんだが?
http://ecodb.net/ranking/imf_ngdpdpc.html
さっきも出したこれ以外でも、「日本 推移 一人当たりのGDP」とでも入れれば、日本が1990年から恐ろしい程順位を下げている事がハッキリと解るのだが。

>若年期に世界史的に類を見ない程の右肩上がりの経済成長期を経験した世代が回想録のように過去を忘れられない事が問題であるとする経済学者が多数派。

証拠出せ。
むしろ、25年間も不景気続きで、何らの手も打とうとしない日本政府は異常とする経済学者の方がはるかに多いわ。
バーナンキとかスティグリッツ、クルーグマンとかな。

>日米安保条約という【集団的自衛権の行使そのもので成り立っていた戦後日本の国防】だが、

お前、「集団的自衛権」の意味、解ってないだろ?
日本政府は、つい最近まで、公式に、
「個別的自衛権は保有しているが、集団的自衛権は持っていない」
と声明していた事も知らないのか?

日米安保が集団的自衛権だとか、笑わせんのも大概にしろ。
例えば日本がベトナム戦争に、アメリカと共に参戦したのか?
当時はまだ日本領土でなかった、アメリカの軍政統治下沖縄からB52が飛び立って枯れ葉剤や爆弾をばらまいてはいたが、
自 衛 隊 が ベトナム戦争に参戦した事実はあるか?
曲がりなりにも韓国は参戦したぞ?
外貨欲しさという卑しい動機だし、軍規もまるで乱れていたけどな。
ああいうのを「集団的自衛権」と言うんだろ?
6名無しさん@おーぷん :2016/08/29(月)21:03:59 ID:rij
>戦後日本新聞やテレビなど大手マスメディアの言う【リベラルや中道左派とは国際的に極左の思想、自民党ですら中道左派、軍はあって当然】という議論すらできなかった戦後日本国はまさしく「期間限定の特殊な状態」で成長した。

これについては同意するが、三島由紀夫の最期の訴えに、
自 衛 隊 で す ら
賛同しなかったのを見れば、これこそが本来の日本人の姿なのであろう。
http://www.geocities.jp/kyoketu/61052.html

結局「改革」なんぞ不必要で、護送船団方式こそが日本人の民族性に合致していたという事ではないか。

>昭和中期から昭和末期までに付いた大企業内の組織的贅肉を削ぎ落す結果となったリストラなどの内部改革によって、2010年代まで生き残った日本企業は概ね国際社会で活躍できるだけの競争力を持った

リストラが必要な時点で、「急激な景気後退やマイナス成長」が有ったからだろw
なんで一行目で自分が書いた事を、いとも簡単に覆すんだよ?

>「筋肉質の企業が増えた」とする肯定的な意見も、一部のアナリストから提起ようになった。

本当に「一部」に限って、な。
日本がアメリカ型社会になる事については、右翼からも左翼からも否定的な意見が大多数だよ。
能力こそ全て、人間関係のしがらみなど要らないなんて思想、日本人には絶対合わない。
現に、能力主義を謳っていたはずのワタミでは、過労死まで起こってるではないか。
アメリカ人なら定時が来たらさっさと帰るのに、定時でも帰らせてもらえず酷使された結果だろう。
今の日本は、アメリカ型社会の悪い所と、日本型社会の悪い所を折衷してしまっているとんでもない国になっている。

>その一方で「普通の人生を送るハードルが極端に高い時代(中流層の減少)」が先進工業国共通の課題となっており、これに伴い世代間格差が避けられない現状となった。

これも「証拠出せ」としか。
こんなの、アメリカと、そのアメリカ型社会を真似た国々だけだろ。
例えばフィンランドとか、ノルウェー、スウェーデンなどの北欧諸国では、むしろ「分厚い中流層」が確固として出来上がってるんだが。
社会も国家も、分厚い中流層を維持・支援しようと動いてるし。
7名無しさん@おーぷん :2016/08/29(月)21:17:11 ID:rij
>そして戦後若年層を甘い言葉で騙してきた旧社会党系は、まさに詐欺師同然の【売国左翼】そのもの政党で、左翼と名乗る資格すらない状態が続いたが、それを左翼と呼んだ確信犯的なメディアが冷戦中多かった。
>「労働貴族」と呼ばれる労組は完全に極左的思想と【日本人の為にならない主張と支持政党】しか持てない【戦後の労働運動は本物ではなく偽装した共産主義運動だったから】であり、既に国民から「敵そのもの」であるという野党の正体がばれている。

おいおい、冷戦中、日本共産党と言えば、ソ連も中共も「全部敵」とする独立独歩政党で、
たとえ「共産主義者」であったとしても、ソ連贔屓や中国シンパである事がバレた時点で、自己批判の上、追放される程厳しかったんだぞ?
日本共産党は、「北方領土」と言えば、南樺太も、四島以外の全ての千島列島も、
「日本固有の領土である」
と主張している唯一の政党だが、それにはこういう理由が有るのだ。

戦前から共産党に所属し、国際反戦活動に精を出していた野坂参三ですら、
「中国のスパイ」とバレた瞬間、追放されている。
それくらい厳しい政党だし、ソ連や中国と提携しようとしないから、革マル派や中核派と血を流す程の死闘を演じていたのだ。

>今現在のワーキングプアなどの真面目な若者は

というか、「ワーキングプア」などという存在が、先進国に存在する事自体が、
「急激な景気後退とマイナス成長」の何よりの賜物、実証ではないか。
なぜ、一行目で自分が書いた事を、こうも簡単に無視して話を進められるのだ?

>【健全な愛国心(愛国心や軍隊を応援するのは政治思想ですらないどの国でも当たり前の感情である)】を持ちながらも【もっと明確な労働者から見た右寄り<外国人労働者反対など>で保守側から愛国の目で自民党を監視する愛国左派野党】ともいうべき存在が求められている。

それには同意だが、何が「愛国か」の定義すら決まっていない。
例えば、原発再稼働に反対したら「売国奴」なのか?
統一戦線義勇軍という右翼団体の議長である針谷大輔が述べていたが、「それは違う」と思う。
「この美しく、麗しき歴史あふれる日本の国土を、放射能なんぞで汚しやがって!」
と激怒するのは「売国奴」の言動なのだろうか?
このように、「原発再稼働」の問題一つ取ったって、「愛国」か「売国」か容易に判定出来ない物だ。
8名無しさん@おーぷん :2016/08/29(月)21:26:11 ID:rij
>いわば英国の労働党などが該当するが、

冗談言って貰っちゃ困る。
労働党って、思いっきりフェビアン社会主義を理想とする社会主義政党だろうが。
外国人移民も大歓迎の政党で、結果的にロンドン市長にイスラム教徒が就任する羽目になったんじゃないか。

>基本的に国防費は【現状の2倍が先進国水準であり、そこに到達する事が最低限の条件であり、横に領土侵略よくの塊のような赤い大国も存在する現実をみよ】!

先進国水準を目指すなら、アメリカ・ロシア並みの5倍は必要だな。
http://www.geocities.jp/yujicities/fact10.htm
もっと言えば、イスラエル並みの7倍くらいは必要だ。
イスラエルも、日本と同じく「周辺諸国は全て敵」という国なのだし。

>これから皆で愛国野党(左翼は欧州では愛国左派が基本であるが日本では売国奴が左派を名乗ってきた)を作るべきだ、本来右派左派ともに国会で、【軍の有無】など【あって当然】で【論じた時点で他国なら狂気の沙汰】だ。


それは全く同感。
しかし、軍隊の強化以前に、今の日本には足りない物が何から何まで多すぎる。
軍隊の強化が最優先なのだが、GHQの作った法律や憲法の改正、
治安維持法及び不敬罪の復活、
皇室を守る為の華族階級の復活などなど、必要な事は他にもある。

無論、多くの国民が救われるような経済政策も必要だ。
9愛国社会主義日本労働者戦線 :2017/01/03(火)19:09:24 ID:Jbp
>>7氏が書いておられる統一戦線義勇軍の針谷議長は私も尊敬している人物であるが、「統一戦線義勇軍」という団体名は一見、極左のように聞こえるかもしれない。

私のハンドルネームにある「愛国社会主義」と聞くと極右なのか極左なのかはっきりしないかもしれない。

「愛国社会主義」とはNatinal Socialismの訳語である。
Natinal Socialismは普通、「国家社会主義」「国民社会主義」と訳されるが、私は「愛国社会主義」と訳しています。

起源は1890年代のフランスのモーリス・バレスというナショナリスト的な社会主義者にあり、ドイツのヒトラー、日本では北一輝先生の思想として有名です。
(ヒトラーと北一輝では思想の類似点と相違点が存在するが、ドイツ・イタリア・スペインのファシズムが全て異なるように、各国の事情に合う形になるのは当然。)

要約すると「Natinalism」(国家主義、国粋主義、民族主義、国民主義、愛国主義)と「Socialism」(社会主義)を結びつけた思想だと言うことができる。

普通、愛国主義は右、社会主義は左に括られるが、愛国社会主義(国民社会主義)の場合はどうなるのか?

そもそも、右翼と左翼とは何か?

「右翼」「左翼」という言葉がはじめて登場したのは1789年のフランス革命に遡る。

革命後、組織された国民議会で急進主義を主張したジャコバン党などが議長席から見て「左」側に座り、穏健主義を主張したジロンド党やブルボン王党派が議長席からみて「右」側に座ったことに由来している。

端的に言えば

現状の社会を維持しようとする者が「右翼」
現状の社会を変革しようとする者が「左翼」

ということになる。

幕末の日本で言うならば、

徳川幕府を支える佐幕派が「右翼」
明治維新を目指す討幕派が「左翼」

となる。

現状の体制に対しての変革するか維持するかが左右の違いであるため、維新が成功した後は

討幕派だった者達が「右翼」
自由民権派が「左翼」

という具合に、時代とともに右翼と左翼の立場は変わっていく。
10愛国社会主義日本労働者戦線 :2017/01/03(火)19:10:00 ID:Jbp
>>9 続き

前置きが長くなったが、右翼と左翼は「どうやって良い国をつくるか?」というテーマに対しての方法論が異なるだけで「愛国心」は共有している筈である。(共有していなくてはならない。)

では、現実の右翼・左翼はどうか?

1950年代から60年代のの行動右翼と共産党の衝突
70年代の民族派学生運動と新左翼学生運動の衝突

左右の激突の中で、様々な人物が登場し、様々な思想が生まれたが、両陣営が疲弊しただけで、国家そのものが揺らぐことはなく、自民党幕府体制が今日まで続いているのである。

民族派の国家主義の主張である皇室守護・国防充実は「愛国的」な観点から大切なことだ。
しかし、民族派は庶民の為になる経済政策を提唱できなかった。
国民は「愛国的」な観点だけでは生活できない。

一方、左翼の社会主義の主張である格差是正・福祉推進は「大衆的」な観点から大切なことだ。
しかし、共産主義者は反皇室、軍備放棄、日の丸・君が代反対を主張した。
「大衆的」には満足できても、国家の根幹たる皇室・国体・国防が無ければ本末転倒である。

つまり、両者の運動が成功するためには「愛国的」観点と「大衆的」観点の両方が必要だったのである。

この両方を組み合わせると一体どうなるのか?

国家主義+社会主義=国家社会主義

国家社会主義の誕生です。
国家主義(右翼)は社会主義(左翼)なくして政権は取れず、
社会主義(左翼)は国家主義(右翼)なくして改革を行えない。

ヨーゼフ・ゲッベルスの著書「国家社会主義者問答」に曰く

<問>国家的という概念と社会主義的という概念は矛盾し合わないか?
<答>否、逆だ!本当に国家主義的な人間は社会主義的に考える。そして本当の社会主義者は国家主義者だ!
<問>何故労働者党か?
<答>実直に仕事をするドイツ人はいずれも、ドイツの労働者だからだ!

つまりは、左右両翼を併せ持つ、愛国社会主義によってこそ、資本主義と共産主義を克服して、真の格差社会の是正と民族精神の防衛が達成されるのである。

政策の話は後日、記しましょう。
長文失礼しました。
11名無しさん@おーぷん :2017/03/20(月)18:45:21 ID:xnU
「また反日及び在日朝鮮人社会を逆差別して日本人の国益を妨害してきたマスゴミは、自身のキムチ色の正体がばれるために直視しない民団関係者が多い反日野党への不支持拡大」。
また「右も左も中道寄りでなければいけない」という中道右派と中道左派(現在の与党や戦後自民党は国際的中道左派に分類)として重視され、また同様に民主主義を否定する「朝鮮右翼」こと街宣右翼と同様に極左も禁止である。
また、日本に限らず「テレビと新聞の終わりと共にフェイクニュース認定」を受けた全既存メディアは「必要ない」とされた。
その後「サイレントマジョリティの真の民主主義は2016年11月米国大統領選で初めて実践された」のである。つまり、20世紀の終わりは2010年頃に10年遅れて始まった。
「日本国民が国会で議論してほしい事を無視し、また矛先をそらすために無関係な話題で民心を煽る野党とマスメディアはまさに韓国の悪事が知れ渡ったので隠蔽に必死なのだろうがそうはいかない。
欧米と日本国民の世論は「意思表示」としてはっきりしている。「既存の野党は全て要らない(1993年細川内閣以降の偽汚沢系偽装保守野党は全部解散し、その後国民に開かれた形で愛国野党形成を薦める事が第一義)」である。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





◆健全な愛国【国際的中道左派の政策自民党】と若年層の利益代表愛国労働野党が必要◆
CRITEO