- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

翁長雄志氏(琉球王)のスキャンダルらしきもの集積場 1

5名無しさん@おーぷん :2015/12/22(火)06:51:41 ID:571()
1 名前:記憶たどり。
投稿日:2015/12/08(火) 09:12:12.89 ID:CAP_USER*.net

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-00000077-san-pol

沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が昨年10月まで務めた那覇市長時代、
沖縄振興一括交付金の活用を計画して進めたシンボル像「龍柱(りゅうちゅう)」が
那覇市内に姿を現した。

龍柱は高さ約15メートル、幅約3メートルの2体の龍の形をした柱。那覇市が
中国・福州市との友好都市締結から30年の記念事業として平成24年度に
設置を決定し、旅客船の停泊場所近くに置いた。

設置工事は完了し、2体とも覆っていたシートが外された。工期は今月25日までで、
道路舗装など関連工事を続けている。

当初の総事業費は約2億6700万円で、8割に当たる約2億1300万円は国からの
交付金を充てる計画だったが、工事の遅れなどに伴い交付金の未執行分を次年度に
繰り越すことができず、大半が市の負担になった。工事の遅れや照明の追加設置により
最終的な総事業費は約3億3300万円に上った。

龍柱事業をめぐっては、中国産の石材を使って中国の業者が製作し、事業費も
中国側に流れるため、交付金事業としてふさわしくないとの批判が上がっていた。

龍は元来、中国皇帝の権力の象徴とされている。「5本爪」の龍の図柄は中国皇帝のみが
使用でき、朝鮮など中国の冊封体制に入った周辺諸国は「4本爪」を用いてきた歴史がある。
琉球王朝も冊封を受け、首里城の龍柱は4本爪。今回の龍柱も4本爪となっている。
このレスの続きを表示(18件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





翁長雄志氏(琉球王)のスキャンダルらしきもの集積場 1
CRITEO