--pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

暴力団フロント団体(ニセ左翼暴力集団)が大学に寄生するのは危険な状態

1名無しさん@おーぷん:2015/01/01(木)06:08:20 ID:Htn()
ニセ左翼暴力集団(「△○派」や「中△派」等)は、暴力団フロント団体であって、多くの大学に寄生しています。

ニセ左翼暴力集団は、アルバイトを含め、表社会の真っ当な収入源にありつくことは不可能であって、
暴力団等(闇金・薬の売人・マフィアの類)から闇社会の仕事で生活しているのが実態です。

ニセ左翼暴力集団は、生活に困窮し、「互助会」と称する闇金から高利の借金を抱えているため、
暴力団等の支配から抜け出せないようになっているようです。

「互助会」は、ニセ左翼暴力集団の内部の助け合いという位置付けであるようで、
実質が闇金であっても、警察が介入することは容易ではないようです。

ニセ左翼暴力集団は、暴力団等から新人勧誘のノルマを課されており、新人勧誘に成功すると、
借金の返済が一部猶予されるシステムのようです。

ニセ左翼暴力集団は、カモフラージュのために「反戦・平和」を唱えていて、馬鹿な教員等が騙されていますが、
ニセ左翼暴力集団の真の活動目的は、暴力団等の支配する営利犯罪組織です。

そんな危険な組織であるニセ左翼暴力集団が、大学の中を闊歩している大学があります。

ニセ左翼暴力集団は、鍵の掛かっていない研究室には、平気で入って物色するようです。

鍵が掛かっていても、ニセ左翼暴力集団は、ピッキングで入って物色するようです。

ニセ左翼暴力集団のいる大学は、とても先端科学研究ができる環境にはありません。

研究成果が、ニセ左翼暴力集団を通じて、中国マフィアに筒抜けであると考えられます。
 
+0
-0
2名無しさん@おーぷん :2015/01/01(木)07:23:11 ID:Htn()
ニセ左翼暴力集団に近づくと、ニセ左翼暴力集団によって勝手に、ニセ左翼暴力集団の構成員として扱われます。

構成員名簿など名前が書かれた書類が作成されて、一緒に犯罪を計画した共犯に仕立て上がられます。

ニセ左翼暴力集団に加入したと、勝手に宣伝されます。

これによって、就労先が無くなり生活に困窮するようになると、ニセ左翼暴力集団の「互助会」が金を貸付け、
その返済を迫ることによって、支配下に陥れるのが、ニセ左翼暴力集団の手口です。
3名無しさん@おーぷん :2015/01/12(月)17:10:33 ID:eQD
裏社会で金を持つ、裏社会の権力者が、ニセ左翼暴力集団を使って、
裁判官、検察官、警察幹部を暴力で従わせた時に、
裏社会の権力者のために、警察が動くようになる。

その結果として、警察という表社会の権力が、
研究に干渉することも起こることがあるであって、
行政機構が正常に機能していれば、警察が大学構内に入っても、
何ら問題はない。
4反日団体撲滅 :2015/02/07(土)23:28:45 ID:3Pf
反日団体撲滅
5名無しさん@おーぷん :2015/02/12(木)10:54:24 ID:IYJ
ソ連崩壊以降10年ほどで事実上共産主義国家が消滅した。
今は、右翼・左翼・革新・保守と言う色分けは意味がない。

親日か反日かが問題だ。
+ の新着レス

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:   





暴力団フロント団体(ニセ左翼暴力集団)が大学に寄生するのは危険な状態
CRITEO