- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【電子工学】宙舞うLED 東大が開発、空中ディスプレーへ応用も[18/03/05]

1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2018/03/05(月)20:28:54 ID:yhF()
宙舞うLED 東大が開発、空中ディスプレーへ応用も

東京大学と慶応義塾大学は、自由に飛び回りながら光るコメ粒くらいの大きさの発光ダイオード
(LED)ライトを開発した。超音波を使って浮かし、無線で電気を供給してLEDを光らせる。
空中に映像を浮かびあがらせるディスプレーなどに応用できるほか、センサーなどを搭載して
飛ばすなどあらゆるモノがネットにつながるIoTの分野で様々な使い方が広がりそうだ。

■直径4ミリの半球形、超音波の力で空中を動き回る

高宮真東大准教授らが開発したライトは、直径が4ミリメートルの半球形で、プリント基板に
LEDやIC、コイルなどの部品を搭載した。無線で送られた電気でLEDを光らせるICを
独自に開発して縦横1ミリメートルに収まるよう小型化。全体の重さを16ミリグラムと軽くして
超音波でも空中に浮くようにした。電磁誘導方式で電気を送り、空中に浮かんだライトを光らせる。

ライトを空中に浮かすために、縦横に17個ずつ289個の小型スピーカーを並べた板を、実験装置の
上下に向かい合わせに設置。上下から出す超音波の収束ビームを利用して空気に密度の濃い部分と
薄い部分をつくり出し、ライトを密度の濃い空気に挟むようにして浮かせる。パソコンからの指示で
超音波をコントロールし、空中のライトを上下左右に自由に動かすことができる。今回の実験装置では
電気を送るコイルを中心に上下左右に約5センチメートルの範囲で動く。また無線で電気を送るので、
ライトを動かしながら光をつけたり消したりすることも可能だ。光を点滅しながら飛ぶ姿から
ゲンジボタルの学名をもとに「ルシオラ」と名付けられた。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27545260R00C18A3000000/

日本経済新聞 2018/3/5 6:30

【関連リンク】
共同発表:空間を飛び回るミリメートルサイズのLED光源を実現~手で触れる空中ディスプレイ向けの発光画素への応用に期待~
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20180109/index.html

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【電子工学】宙舞うLED 東大が開発、空中ディスプレーへ応用も[18/03/05]