- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【話題】東京・池袋発の手作り望遠鏡が、1500万キロメートルのかなたから地球の水素コロナを撮った[17/12/19]

1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2017/12/19(火)22:15:45 ID:2Cf()
Science Portal 2017年12月19日
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/12/20171219_01.html

(前略)

 では、地球の水素コロナは、いったいどこまで広がっているのか。
立教大学の亀田真吾准教授らの研究グループがこのほど発表した論文によると、
水素が出す特殊な光「ライマン・アルファ線」は、
すくなくとも24万キロメートルのかなたまで確認できるらしい。
真空の闇を飛んでいるように思える国際宇宙ステーションの高度は約400キロメートルだから、
この水素の広がりに比べると、まったくの序の口。
上空に静止している気象衛星の高度でも、まだ3万6000キロメートルだ。
地球から月までの距離は38万キロメートルなので、
すくなくともその6割の距離までは地球発の水素があることになる。まさに宇宙的な広がりだ。

 この水素コロナの広がりは、米国のアポロ16号が1972年に月面から観測したのが最後だった。
そのとき捉えられた地球からの広がりは6万キロメートルあまりにすぎず、
その全体像を確認したのは、今回の亀田さんらの観測が初めてだ。
地球の周りには、北極にS極の、南極にN極の磁石を置いたような磁気が発生している。
水素コロナはこの磁気の影響を受けて広がり、
磁気の広がりのいびつな形状を反映した分布になっていると考えられていた。
だが、亀田さんらが捉えた水素コロナの広がりには、このいびつな形が見られず、
コンピューターによる計算で実際の広がりを再現した結果、水素コロナは、
地球の磁気の影響をほとんど受けずに広がっていることが初めて分かった。

 この研究成果のもとになった画像は、
亀田さんとその研究室の学生たちが作った特製の望遠鏡で撮影したものだ。
光を集めるレンズ部分と、それを記録するセンサーでできている。
とくに、普通のカメラで望遠レンズにあたる部分は、学生たちの手作りだ。
難しかったのは、例えば接着剤の使い方。
集光に使う鏡のガラスと台座の金属とでは熱に対する膨張率が違うので、
固くくっつけすぎても、ゆるすぎても壊れてしまう。
その微妙な強度を探るため急に必要になった道具を、東京・池袋にある近くの大型雑貨店へ、
学生が自転車で買い出しに走ったこともある。
一般には何年もかかる開発を半年でこなし、その費用も10分の1ほどに収まったという。

(後略)


※全文を確認するには、上記配信元サイトでどうぞ。
2ケサラン◆S2oy0h69ilgz :2017/12/19(火)22:18:14 ID:2Cf()
なぜだろう
面白そうに書こうとしている気持ちは伝わるのだが
内容が頭に入ってこない…

このスレに目をとめて、興味を持たれた方は
出来れば元記事全文に目を通して上げてください

…自分の脳みそが年食っただけなのか…?
3名無しさん@おーぷん :2017/12/20(水)00:35:11 ID:V3L
水素コロナの全体像がこういうものだと分かりました
という学究的な話と
それを可能にした技術と苦労のサクセスストーリーを
両方伝えたくて焦点がぼやけた感じの記事になってしまった・・
という感じでしょうかね?

記事の本質としては上記URKの下段にある立教大学の
プレスリリースの方が判り易いのではないかと思います
http://www.rikkyo.ac.jp/news/2017/12/mknpps0000008601.html

一部抜粋

・アポロ16号以来、42年ぶりに地球水素コロナの撮像に成功し、
 地球起源の水素原子が24万km以上遠方まで到達している様子を世界で初めて捉えた。

・これまで予想されていた姿とは違い、地球水素大気 は、
 地球公転面に対して対称な形状であることが分かった。
 このことから、水素大気の形状は磁気圏活動の影響を受けにくいと考えられる。

・広がった水素大気の観測は、太陽系外にある生命を持つような地球類似惑星の発見のためにも重要である。
 ロシアの1.7m紫外線望遠鏡WSO-UVにLAICAと類似した観測装置の搭載を検討しており 、
 ロシア側から観測装置の受け入れ意思が表明されている。

---------------------------------------------
以下は一部意訳

・この撮影に成功したのは深宇宙からの撮影を目的に開発されたLAICA
 LAICAの開発製造は亀田研究室の学生が中心となって実施し、
 計画開始からわずか半年で完成させました。(すっごい試行錯誤があったんです~^^/)

こんな感じの捉え方でおkの様な気がしますが・・・お粗末でごめんなさいm(__)m
4ケサラン◆S2oy0h69ilgz :2017/12/20(水)07:10:50 ID:mqu()
>>3
ありがとう
なるほど、わかりやすい

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【話題】東京・池袋発の手作り望遠鏡が、1500万キロメートルのかなたから地球の水素コロナを撮った[17/12/19]