- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【話題】東京・池袋発の手作り望遠鏡が、1500万キロメートルのかなたから地球の水素コロナを撮った[17/12/19]

3名無しさん@おーぷん :2017/12/20(水)00:35:11 ID:V3L
水素コロナの全体像がこういうものだと分かりました
という学究的な話と
それを可能にした技術と苦労のサクセスストーリーを
両方伝えたくて焦点がぼやけた感じの記事になってしまった・・
という感じでしょうかね?

記事の本質としては上記URKの下段にある立教大学の
プレスリリースの方が判り易いのではないかと思います
http://www.rikkyo.ac.jp/news/2017/12/mknpps0000008601.html

一部抜粋

・アポロ16号以来、42年ぶりに地球水素コロナの撮像に成功し、
 地球起源の水素原子が24万km以上遠方まで到達している様子を世界で初めて捉えた。

・これまで予想されていた姿とは違い、地球水素大気 は、
 地球公転面に対して対称な形状であることが分かった。
 このことから、水素大気の形状は磁気圏活動の影響を受けにくいと考えられる。

・広がった水素大気の観測は、太陽系外にある生命を持つような地球類似惑星の発見のためにも重要である。
 ロシアの1.7m紫外線望遠鏡WSO-UVにLAICAと類似した観測装置の搭載を検討しており 、
 ロシア側から観測装置の受け入れ意思が表明されている。

---------------------------------------------
以下は一部意訳

・この撮影に成功したのは深宇宙からの撮影を目的に開発されたLAICA
 LAICAの開発製造は亀田研究室の学生が中心となって実施し、
 計画開始からわずか半年で完成させました。(すっごい試行錯誤があったんです~^^/)

こんな感じの捉え方でおkの様な気がしますが・・・お粗末でごめんなさいm(__)m
このレスの続きを表示(1件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【話題】東京・池袋発の手作り望遠鏡が、1500万キロメートルのかなたから地球の水素コロナを撮った[17/12/19]