- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【医療】骨折治療に「本人の骨から作成」のネジ。異物反応少なく[17/12/17]

1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2017/12/17(日)22:41:05 ID:5DM()
骨折治療に本人の骨ネジ…異物反応なく負担減
YOMIURI ONLINE 2017年12月17日 07時32分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20171216-OYT1T50016.html


 島根大医学部整形外科教室の内尾祐司教授らは15日、骨折の治療で、
自身の骨をネジ状に加工して患部の固定に利用する手術を2007年以降実施し、
成果を上げていると発表した。

 産官学連携で試作した加工機も公開。
内尾教授らは、通常用いられる金属ネジで起こる可能性がある異物反応がなく、
患者の負担が少ないなどの利点があるとしている。

 内尾教授や同教室の今出真司助教によると、
同教室は04年に骨ネジを使った骨折治療構想を立案。
大学の「医の倫理委員会」の承認を得て、07年から手や足、膝などで小さな骨折をした
10~60歳代の患者に対して12例の手術を行った。

 骨ネジは、腰やすねの骨から、おおむね長さ約35ミリの骨を採取し、
精密加工機でネジに成形し、骨折部を接合する際に使う。
医師は牛骨などで訓練し、手術室で、プログラムを入力した加工機を使い
約1時間かけて骨ネジを製作する。
これまでの手術で、術後1年以上がたった8例中7例、
1年未満の4例中3例は経過が良好という。
残る2例では、骨を採取した部分が退院後に骨折するなどの事態になったが、
手術の影響かどうかは不明という。

(後略)


※全文を確認するには、上記配信元サイトでどうぞ。
2ケサラン◆S2oy0h69ilgz :2017/12/17(日)22:43:07 ID:5DM()
「小さな骨折」でこれをやるとなると
「本来必要でない部分の手術」も必要になるはずだが
同意を得ているのであれば、まあ…
3名無しさん@おーぷん :2017/12/18(月)00:25:52 ID:RaM
将来的にiPS細胞とか活用して余計な手術無しで骨のネジ作れるようになるのかもね
4名無しさん@おーぷん :2017/12/18(月)02:51:13 ID:Joz
逆に骨折箇所が多いなど、必用量が多い場合は使えない可能性もあるわけか・・
ふ~む
骨と同様或は近い成分で本人由来ではない、人口の骨螺子作れんものかね

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【医療】骨折治療に「本人の骨から作成」のネジ。異物反応少なく[17/12/17]