- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【地質学】「チバニアン」内定 約77万年前~12万6千年前の期間を表わす語として[17/11/14]

1ケサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/11/14(火)19:28:22 ID:EGN()
地質年代に初の日本名「チバニアン」が“内定” 国際学会作業部会の審査通過
Science Portal 2017年11月14日
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/11/20171114_01.html


 地質時代の中で名前がなかった約77万~12万6千年前の1時期が
初めて日本由来の「チバニアン(千葉時代)」と命名される見込みになった。

国立極地研究所と茨城大学、千葉大学など22機関の共同研究グループが、
千葉県市原市の地層「千葉セクション」を、この時期の地質時代区分境界を示す
代表的地層(国際標準模式地、GSSP)に認定するよう
国際学会「国際地質科学連合」に申請していたが、
このほど同連合作業部会の1次審査を通過した。

審査ではライバルだったイタリア南部の地層を上回る支持を得ての通過で
事実上の内定で来年中に正式決定の見込み。国立極地研究所が14日明らかにした。

 国際地質科学連合は地質時代の区分の境界を最も観察しやすい地層を
GSSPとして認定、登録している。

新生代の中で約77万年前は更新世の前期と中期の境界とされるが
GSSPは未認定で約77万~12万6千年前の時期の名前はなかった。

国立極地研究所によると、ライバルだったのはイタリア南部の
モンタルバーノ・イオニコとヴァレ・デ・マンケの2地層。

国際地質科学連合作業部会の審査で「千葉セクション」は
イタリアの2地層を大きく上回る支持を得たという。

同連合は今後も審査を続けるが、
今回厳しい学問的評価でライバルをやぶったことにより
「チバニアン(千葉時代)」と命名されるのは確実と言えそうだ。

(後略)


※全文及び写真図表の確認は、上記配信元サイトでどうぞ。
2名無しさん@おーぷん :2017/11/14(火)19:51:39 ID:YV8
地磁気逆転を初めて知ったのは孔子暗黒伝だったわ
3名無しさん@おーぷん :2017/11/14(火)20:04:37 ID:SHZ
チバニャン
4名無しさん@おーぷん :2017/11/16(木)19:37:06 ID:Mpg
千葉時代は12万年も前に終わっていたなんて
5名無しさん@おーぷん :2017/11/16(木)19:59:19 ID:zOM
遠い昔の話

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【地質学】「チバニアン」内定 約77万年前~12万6千年前の期間を表わす語として[17/11/14]