- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【医療】ゴカイ(釣り餌)の血液が、ヒトを救うかも[17/08/07]

1ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/08/07(月)18:04:19 ID:Ila()
釣りエサから奇跡の担い手に? ゴカイがヒトの代替血液に貢献の可能性
AFPBBNews 2017年08月07日 15:55 発信地:プロムール/フランス
http://www.afpbb.com/articles/-/3138403


【8月7日 AFP】暗いピンク色のぬめぬめした食べられない生き物──ゴカイの使い道といえば、
何世紀にもわたって釣りエサだけだった。
しかしフランスの研究チームによって、その血液に類まれな酸素運搬能力があることが判明した。
活用すれば人間の血液の代用物として、人命を救ったり、手術後の回復を速めたり、
移植患者の役に立ったりする可能性があるという。

 フランス西部ブルターニュ地方の海岸線にある養魚場「アクアストリーム」の
生物学者グレゴリー・レイモン氏は
「ゴカイのヘモグロビンはヒトのヘモグロビンの40倍以上の酸素を肺から各組織に運ぶことができる」
「また、すべての血液型に適合できるという利点もある」
と語る。

 レイモン氏率いるチームは2015年、バイオ技術企業Hemarinaと提携した。
今ではこの養魚場で毎年130万匹以上のゴカイを生産している。

 医療の世界がゴカイに関心を持ったのは2003年。
欧州で狂牛病が大流行し、世界中でHIV(ヒト免疫不全ウイルス)がまん延したことで
血液の供給に影響が出始めた年のことだった。

 動物のヘモグロビンをヒトのヘモグロビンの代用とする際の問題点は、
アレルギー反応を引き起こし、腎臓を損傷する恐れがあることだ。
しかしゴカイの場合、ヘモグロビンは血中に溶けて存在し、ヒトのように赤血球に含まれているわけではない。
つまり、血液型が問題とならない。一方でその成分は、ヒトのヘモグロビンとほぼ同じだ。

(後略)


※全文を確認するには、上記配信元サイトでどうぞ。
2ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI :2017/08/07(月)18:09:52 ID:Ila()
ゴカイはとにかく魚の食いつきがいいと思う
反面、脆くちぎれやすく汚れやすい

血液というか体液、見た目はとてもきちゃない

そんな効用がある(かも)とは、目からウロコ
3名無しさん@おーぷん :2017/08/28(月)22:38:35 ID:SZW
一酸化炭素中毒の応急処置に使えないかな
4名無しさん@おーぷん :2017/08/30(水)17:31:39 ID:zSV
原始地球では、巨大なワームが地表を覆いつくしていた
という。まさに「砂の惑星」そのままの壮大な光景だっただろう

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【医療】ゴカイ(釣り餌)の血液が、ヒトを救うかも[17/08/07]