- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【環境】火力発電所(水島発電所2号機)において、アンモニア混焼試験計画[17/06/29]

1ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/06/29(木)19:36:06 ID:9UO()
水島発電所2号機でのアンモニア混焼試験の実施について
中国電力株式会社/科学技術振興機構(JST) 平成29年6月29日
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170629/index.html


※一部抜粋。全文及び詳細の確認は、上記配信元サイトでどうぞ。


 中国電力株式会社(広島県広島市、社長:清水希茂、以下「中国電力」)は、
水島発電所2号機(石炭火力、所在地:岡山県倉敷市、定格出力:15.6万kW)において、
7月3日から9日まで(予定)、アンモニア混焼試験を実施することとしましたので、
お知らせします。

 本試験は、内閣府総合科学技術・イノベーション会議の
「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」のうち、
「エネルギーキャリア」に関する委託研究課題「アンモニア直接燃焼」の一環であり,
国立研究開発法人科学技術振興機構(理事長:濵口道成、以下「JST」)から受託して実施するものです。

 水素エネルギーは、化石燃料・再生可能エネルギーからの製造が可能であり、
エネルギー供給源の多様化につながること、燃焼しても二酸化炭素を排出しないことから、
近年、世界的に注目が高まっています。

 本試験では、水素エネルギーの一つの形態としてアンモニアへの期待が大きいことを踏まえ、
火力発電所におけるアンモニアの混焼発電利用に関する事業性評価と課題整理を行うことを
目的としています。
2名無しさん@おーぷん :2017/06/30(金)17:18:37 ID:aOe
アンモニアを燃料になるなんてもったいない
3ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI :2017/09/11(月)18:25:51 ID:iYa
水島発電所2号機でのアンモニア混焼試験の
実施および特許出願について

中国電力株式会社/科学技術振興機構(JST) 平成29年9月8日
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170908/index.html

※一部抜粋。詳細は上記配信元サイトで。

試験においては、燃料として利用したアンモニアについて、
ボイラ内で全て燃焼させることができ、発電に寄与したことを確認するとともに、
発電に伴い発生する窒素酸化物などによる環境影響についても、
問題がないことを確認しました。

さらに、混焼率については、当初、発電機出力を15.5万kWで運転することを前提に、
既設アンモニア設備からアンモニアを最大限供給し、約0.6%混焼させることとしていましたが、
天候影響により、発電機出力を12.0万kWに下げたことで、
結果として約0.8%(1,000kW相当)まで混焼させることができました。

これに伴い、今回試験を行った燃焼方法において
、一定の条件の下では、窒素酸化物濃度が下がる傾向にある、という新たな知見が確認できたことから、
本知見について特許を出願しています。
4ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI :2017/09/11(月)18:27:50 ID:iYa
過疎板での強制sageは勘弁して欲しいところではあります…

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【環境】火力発電所(水島発電所2号機)において、アンモニア混焼試験計画[17/06/29]