- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【物理/数学】「キャスター付き(ごろごろ)スーツケース」が不安定な理由。そして対処方[17/06/22]

1ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/06/22(木)18:47:12 ID:9WT()
「スーツケースぐらつきシンドローム」仕組みと対処法 研究
AFPBBNews 2017年06月22日 14:30 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/articles/-/3132982


【6月22日 AFP】スーツケースを引きながら駅や空港で急いでいるとき、
急にキャスターが左右にぐらついてスーツケースがひっくり返りそうになる
──毎日、大勢の旅行者がこの問題に悩まされているが、なぜこういうことが起きるのか、
これまで誰もその仕組みについて正確な理由を説明できなかったが、
「スーツケースぐらつきシンドローム」とでも言うべきこの問題の解明に挑んだ研究論文が21日、
英学術専門誌「英国王立協会紀要:数理物理学」に掲載された。

 論文の主筆者で、フランスのパリ・ディドロ大学複合材料システム研究所の研究員、
シルバン・クーレシュデュポン氏は、
「2輪のキャスター付きのスーツケースが左右にぐらつきやすいのは、
その構造に由来する物理的な不安定さによるものだ」
と説明する。

(中略)

 論文には、対処法として2つの選択肢が示されている。

 1つ目は、いったん立ち止まり、スーツケースを安定させてから再び歩き出す方法だ。

 そして2つ目の方法だが、理論的には、キャスターの回転速度を上げればスーツケースは安定性を取り戻す。
ただし空港内で走れば、それ自体リスクを伴う。

(後略)


※全文を読むには、上記配信元サイトでどうぞ。

関連サイト(英文):
The rolling suitcase instability: a coupling between translation and rotation
G. Facchini, K. Sekimoto, S. Courrech du Pont
Published 21 June 2017.DOI: 10.1098/rspa.2017.0076
http://rspa.royalsocietypublishing.org/content/473/2202/20170076

※関連サイトの記(論文)事は、登録者以外には、期間限定公開の可能性があり、
 タイミングによっては閲覧出来ない可能性があります。
 なお、数式が一杯です。
2ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI :2017/06/22(木)18:48:36 ID:9WT()
物理数理現象にシンドロームはおかしいだろうと思い、英文記事を探してみましたが
どうやら日本語訳時の意訳のようです。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【物理/数学】「キャスター付き(ごろごろ)スーツケース」が不安定な理由。そして対処方[17/06/22]