- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【遺伝/医学】心房細動の6関連遺伝子を新たに発見 発症リスク診断への活用に期待[17/04/19]

1ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/04/21(金)19:29:04 ID:ZaB()
Science Portal 2017年4月19日
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/04/20170419_01.html

 不整脈の中で最も多い心房細動の発症に関連する6つの遺伝子を見つけた、
と理化学研究所(理研)を中心とする共同研究グループが18日発表した。
同グループによると、既に9つの関連遺伝子を特定しており、
合わせて15の遺伝子上の個人別の「一塩基多型(SNP)」を調べることにより、
発症リスク診断に活用できる可能性があるという。
研究成果は米科学誌ネイチャージェネティクス電子版に掲載された。

 心房細動は心房内の異常な電気信号により心房が不規則に細かく震える不整脈で、心不全や脳梗塞に至ることも多い。
これまでの研究で心臓弁膜症などの病気との関連や飲酒など生活習慣要因のほか遺伝的要因との関連も指摘されていた。

(中略)

 久保副センター長ら共同研究グループはこれまでに9つの心房細動感受性遺伝子を見つけており、合わせて15になった。
同グループは、この15感受性遺伝子上にあり患者固有のSNPを調べることにより、
心房細動発症の遺伝的リスクを診断できる遺伝子マーカーとして活用できる可能性がある、としている。
SNPは個人によって遺伝子の塩基配列が1カ所だけ異なることから、
さまざまな病気の発症リスク診断の手掛りになると注目されて研究が進んでいる。

(後略)


※全文を確認するには、上記配信元サイトでどうぞ。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【遺伝/医学】心房細動の6関連遺伝子を新たに発見 発症リスク診断への活用に期待[17/04/19]