- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

富士通研、さまざまなスマホと周辺デバイスを簡単に繋げるWebOS技術を開発

1名無しさん@おーぷん:2015/04/04(土)03:58:02 ID:Uby()
富士通研、さまざまなスマホと周辺デバイスを簡単に繋げるWebOS技術を開発

富士通研究所は4月2日、スマートフォン(スマホ)とその周辺にある電子機器やセンサなどの周辺デバイスを、
スマートフォンのOSに依存することなく自動的に接続し、クラウドサービスと組み合わせて利用可能とするWebOS技術を開発したとい発表した。

これまでスマートフォンやタブレットなどのスマート端末から周辺デバイスを利用するためには、
OSや周辺デバイスごとに専用アプリケーションが必要で、利用者はアプリケーションのインストール、
開発者はOSや周辺デバイスごとのアプリケーション開発が必要となり、利便性と開発コストの点で課題があった。

こうしたアプリケーションのOS依存性を低減する技術として、HTML5のようなWebアプリケーションを用いる方法があるものの、
周辺デバイス用のデバイスドライバについては、依然としてOSごとに開発し、アプリケーションと一体化して提供する必要があり、OS依存性が解消されていなかった。
その一方で、ブラウザ上でデスクトップのような環境を提供するWebOS方式の実行環境が知られているが、
ドライバの配置方法が確立されておらず、アプリケーションから周辺デバイスが利用しにくい状況となっていた。

今回の研究では、OS上に独自のアプリケーション実行環境層を構築し、周辺デバイスを制御できるようにすることで、
Webアプリケーションからクラウドサービスと周辺デバイスを接続できる技術を開発した。
これにより、その場にあるデバイスを即座に利用することが可能になるほか、デバイスが切り替わっても、アプリケーションを変更することなく利用し続けることが可能となったという。

全文はこちら
http://news.mynavi.jp/news/2015/04/03/056/
2名無しさん@おーぷん :2016/08/06(土)06:26:18 ID:PmO
飛び出す!掴める!ヘッドマウントディスプレイを使わない“VR”技術が可能にすること

コンピューターで創り出す、まるで現実と錯覚するような仮想空間・VR(バーチャルリアリティ)。

2016年はVR元年と呼ばれ、ヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)「Oculus Rift(オキュラスリフト)」「HTC Vive」の発売、
人気ゲーム機からも「PlayStation VR」が登場するなど、一般のユーザーにも比較的手軽にVRを楽しむ環境が広がりつつあります。
我々portfolio編集部でもその動きをお伝えすべく、VRにまつわる情報を収集し続けています。

▶“VR元年”半年経過!今さら聞けないVRの基礎知識
▶PlayStation VRやOculus Rift、HTC Viveなど高品質なVR体験ができるおすすめヘッドマウントディスプレイ
▶amana tech night vol.6 『盛り上がってる!?「VR元年」中間決算』開催レポート

そんな中今回お邪魔したのは、FUJITSU Digital Transformation Center。
富士通がデジタル革新に向けた共創ワークショップ空間として開設した施設です。
ここでは顧客が抱える問題を解決するべく、様々な最新の技術が集結していて、そのテクノロジーやデザインを実際に体験することができます。
※要問い合わせ・予約

こちらで取材班は富士通が誇る最先端テクノロジーを見せていただいたのですが、
実はこれからご紹介するソリューション、HMDを使わずにVRを体験することができるんです。
立体視に革新をもたらすそのVR技術とは一体どのようなものなのでしょうか。

http://portfolio-ai.com/fujitsu-vrsolution-report
3名無しさん@おーぷん :2016/08/07(日)23:02:33 ID:8RC
去年のニュースかよw
5名無しさん@おーぷん :2018/07/06(金)12:07:26 ID:30H
ワイヤレスだから大国は自由にハッキングができる。
ワイヤレスじゃないと実際に建物に忍び込んで、パソコンとかの実機に触って何かしないといかんから。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





富士通研、さまざまなスマホと周辺デバイスを簡単に繋げるWebOS技術を開発