- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【天文】高速自転が引き起こす、木星のオーロラ爆発 JAXAプレスリリース [15/03/25]

1らるヽ(´◇`)ノ◆X3IAgezxHs:2015/03/26(木)17:16:07 ID:9tF()
宇宙航空研究開発機構 平成27年3月25日
▼高速自転が引き起こす、木星のオーロラ爆発

 木村智樹研究員(宇宙航空研究開発機構、日本学術振興会特別研究員)が率いる研究チームは、・・・《中略》・・・

 木星は地球の1000倍以上もの強い磁場を持ちます。その磁場は、木星と共に高速自転(一周約10時間)しています。
そして、太陽系で最も活発な活動がある木星の衛星イオからは、平均すると毎秒約1トンのプラズマが放出され続けています。
 木星では、衛星イオ由来のプラズマや太陽風と木星磁気圏との相互作用によって、オーロラが常時発生していることが観測されていました。
しかし、地球で見られるようなオーロラ爆発は、断片的にしか観測できていませんでした。
この為、オーロラ爆発が地球のように太陽風が原因なのか、それとも木星自身が原因なのか、わかっていませんでした。
 研究チームは「ひさき」を用いた観測によって、太陽風が静かなときにも木星のオーロラが突然明るくなる爆発現象を連続的に捉えることに成功しました。
これは、オーロラ爆発が木星の磁力と高速自転によって引き起こされる事を示唆します。
さらに、ハッブル宇宙望遠鏡で得た木星のオーロラの詳細な撮像データから、
木星のオーロラ爆発は木星磁気圏の全体が急速に活性化して起きている可能性が高いことがわかりました。


 本研究成果は、米国の地球物理学会誌「Geophysical Research Letters」に掲載される予定です。

▽全文はこちらで
http://www.jaxa.jp/press/2015/03/20150325_hisaki_j.html
2名無しさん@おーぷん :2015/03/26(木)17:32:02 ID:CYF
ダイナミック
3名無しさん@おーぷん :2015/03/26(木)17:43:19 ID:8Kp
イオって毎秒1トンで質量減ってるん?
4名無しさん@おーぷん :2015/03/26(木)18:44:03 ID:MQv
プラズマって具体的には何だろうと思ったら
http://p-grp.nucleng.kyoto-u.ac.jp/plasma/
がわかりやすかった
5名無しさん@おーぷん :2015/03/27(金)10:11:28 ID:BBj
>>3
イオの質量は 8.94 ×10の22乗 kg
1年は 31,556,926 sec

1年で3156万トンプラズマ放出
これでイオが無くなると仮定したら 2.84*10の15乗 年かかるということで

大雑把過ぎる変な計算なのでそのへんは

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【天文】高速自転が引き起こす、木星のオーロラ爆発 JAXAプレスリリース [15/03/25]