- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【Linux/Windows10】Windows 10で動くようになったLinuxを使ってみよう

1虹◆onElYHqWJBVO:2018/05/16(水)09:54:39 ID:xPI()
【Linux/Windows10】Windows 10で動くようになったLinuxを使ってみよう

Linuxって何だろう?
Linux(リナックス)は、サーバやスーパーコンピュータで使われることが多いオペレーティングシステムだ。
Linuxをベースにして開発されたオペレーティングシステムはスマートフォンのオペレーティングシステムになっていたり、
コンシューマ向けの組み込み機器に入っていたり、気がつかないだけで世界中で使われている。

とはいえ、Net Applicationsの報告によると、2018年4月時点でデスクトップおよびノートPC向けのオペレーティングシステムとしては、
Windowsが88%を超えるシェアを持っている。パソコンを使っているユーザーの10人に9人はWindowsを使っている換算になる。
Macは10人に1人が、Linuxは100人に2人くらいが使っている割合だ。普通のユーザーから見れば、Linuxはとてもマイナーな存在だ。

オペレーティングシステム2018年4月シェア
Windows88.42%
Mac OS9.19%
Linux1.93%
Chrome OS0.29%
Unknown0.16%
年間の推移を見ると、多少の上下はあるもののWindowsは常に90%近いシェアを確保している。
一方、Linuxのシェアは増加しているとはいえ、2%未満にとどまっている。母数が大きいので2%でもかなりの数なのだが、割合で見ると小さい。

デスクトップ/ノートPC向けオペレーティングシステムシェア推移
2016年5月〜2018年4月 - 資料: Net Applications提供デスクトップ/ノートPC向けオペレーティングシステムシェア推移
2016年5月~2018年4月 - 資料: Net Applications
では、なぜこのタイミングでLinuxの連載を開始するのかというと、それは昨年、MicrosoftがWindows上でLinuxを利用できるようにしたからだ。
最新のWindows 10では、Linuxを簡単に導入することができる。しかも、開発が活発に進められており、これからもっと便利になる予定だ。
ここ数年、MicrosoftはLinuxとの距離を縮めている。

さらに、クラウドやAIがITのトレンドになりつつあることも本連載を始めるきっかけになっている。
クラウドサービスやAIはLinuxとあわせて使われることが多く、
日本マイクロソフトは昨年に「AzureのLinux利用率を1年で60%以上に増やす」といったコメントも出している。

これまで、WindowsユーザーがLinuxを利用する際、壁があったことは間違いないが、
Windows 10においてLinuxの導入が簡単になったことで敷居が下がったというわけだ。
2虹◆onElYHqWJBVO :2018/05/16(水)09:55:05 ID:xPI()
Microsoft StoreからLinuxを手軽に導入できるように
Windows 10を使っているなら、Microsoft Storeで「Linux」と検索してみよう。
Ubuntu、openSUSE Leap、SUSE Linux Enterprise Server、Debian GNU/Linux、Kali Linuxといったアプリケーション
(オペレーティングシステム)が見つかると思う。これらは、すべてLinux(ディストリビューション)であり、今後もっと増えるかもしれない。

Microsoft Storeに登録されているLinuxディストリビューションMicrosoft Storeに登録されているLinuxディストリビューション
Microsoft Storeに登録されているUbuntuMicrosoft Storeに登録されているUbuntu
本連載はWindowsユーザーを中心に、Windowsの操作と比較しながら、Linuxの基礎知識を説明していくことをテーマとしているので、
Linuxの構造自体は詳しく説明しないが、Linuxの種類については説明しておこう。

いわゆる「Linux」と呼ばれるソフトウェアには、いくつものエディションというか、種類がたくさんある。
この種類のことを「ディストリビューション」と呼んでいる。
Linuxという言葉はソフトウェアの核となる部分を指す「Linuxカーネル」という意味で使われる時、
核の上に乗ってくる多くのソフトウェアをとめ上げてオペレーティングシステム「Linuxディストリビューション」という意味で使われる時、
まとまりをさらに包括的に示す言葉として使われる時と、文脈に応じて使われ方が違っている。

通常、まとめあげられたオペレーティングシステムの体をなしたものはディストリビューションと呼ばれている。
「Linuxを使う」という文章は、より正確には「何らかのLinuxディストリビューションを使う」という意味であることが多い。

Linuxディストリビューションはいくつもあるが、現在のシェアや日本での人気、これまでの動向を考えると、
これからWindows 10で使ってみる場合は「Ubuntu」を選んでおけばよいと思う。
ディストリビューションが異なるとコマンド体系が多少違ってくるのだが、
どれか1つのディストリビューションで一通りの作業ができるようになっておけば、
ほかのディストリビューションを使うときでもつぶしが利くので大丈夫だ。


https://news.mynavi.jp/article/liunx_win-1/
全文はソースで

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【Linux/Windows10】Windows 10で動くようになったLinuxを使ってみよう