- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■同和・在日・部落と集団ストーカー■

19精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/06/01(金)15:56:04 ID:O3o()
■偽情報ではない、本当の被害報告と手口の例■

●会社の冷蔵庫に置いてあった飲み残しのグレープフルーツジュースに洗剤(?)を入れるよう被害者の勤務先会社GワソHーム(仮名)のO社長に指示。
被害者が帰社後それを飲み、数時間後帰宅し就寝前に脂汗が出て立っていられないほどの猛烈な腹痛が数十分つづきひどい下痢。その後、即何事もなかったように腹
 痛が治まる。

●ある日、突然、電磁波照射により息苦しさと心臓の圧迫感などで立っていられないような状態になり、その後、全身のしびれを伴う過呼吸症状、呼吸不全の様な状態
 にされて倒れこみ、救急車で病院に搬送される。担当だった女性医師の数十分後に訪れたK都八●市●幡病院のS医師に「次はないよ」と簡易検査結果と真逆のよく
わからないことを告げられた。(病院名、医師名ももちろん確認済み)

●転職活動をしていたある日、逢坂M区にある某会社へ向かおうと駐車場に車を停め、歩いていると、周りに人気が少なく、路駐している車もほとんどない道端に、黒
 い車に黒いスモークを貼った車が停車していた。運転席側の窓が開いていたのでちらりと目をやると、シートを倒して某被害者が持っているある国家資格の受験テキ
 ストを呼んでいる、不釣り合いな強面の男が座っており、睨まれたという。
このレスの続きを表示(6件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■同和・在日・部落と集団ストーカー■
CRITEO