- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■■■

32名無しさん@おーぷん :2018/02/13(火)15:43:55 ID:Pf5
●宇都宮病院事件

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E7%97%85%E9%99%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

(抜粋)
同年、宇都宮病院の母体である医療法人報徳会は、東京都文京区本郷に、報徳会本郷神経クリニックを開院する。このクリニックには、名目上の所長はいるのだが
、実質的に所長としての役割を果したのは、斎藤陽一(東大病院外来医長)であった。
斎藤は、東京大学の研究費で購入したコンピュータを同クリニックに設置し、患者の検査結果をデータベース化していた[21]。 宇都宮病院では、同年から3年余り
の間に、220人の入院患者が死亡している[22]。
本事件によって、日本の人権軽視の実状が世界中に知れ渡ることになり、国際的な問題となった。当時は、ソビエト社会主義共和国連邦と南アフリカ共和国が、反
政府的な市民を抑圧する道具として、精神医学を利用しており、その事が人権蹂躙となっていた時期である。このような国際的な状況下で、本事件が発覚した[31]。
このため、日本国政府も動き出し、1987年(昭和62年)に、国会で、精神保健法が成立し、任意入院が制度化された[32]。
このレスの続きを表示(15件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■■■
CRITEO