- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■■■

26電磁波照射で過呼吸しびれ心筋梗塞 :2018/01/19(金)20:34:41 ID:L4S
生体システムにおける電磁界(EMF,Electric Magnetic Field)の動きのいくつかの研究では効果をモニターするのにカルシウムイオン活性が使われました。ある一連の研究で
は、カルシウムイオンの活性がネコの脳から放出される神経伝達物質を代用して最初に証明されました(Kaczmarek and Adey, 1973, 1974)。神経伝達物質の代用として、カル
シウムイオン活性は、孵化したばかりのひよこから取り除かれた脳組織への電磁界の影響を明らかにする2つの独立したグループによる(reviewed by Adey, 1992; Blackman,
1992)主要な一連の研究に使われました。他のふたつのグループにおいてもまた、培養された神経芽腫細胞(Dutta et al., 1984, >>1989, 1992)と脈打つカエルの心臓(Schwar
tz et al., 1990)への電磁界の動きの研究のためにカルシウムイオン活性が使われました。この発表の目的は、神経組織標本への電磁界の影響に必要な明確な露出状態を見分
けるためと幅広い異なる周波数の電磁界における生物学的反応の類似点を論証するためにひよこの脳の標本組織を使って強調することです。
このレスの続きを表示(21件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■■集団ストーカー・電磁波犯罪・テクノロジー犯罪・似非科学精神医療■■■
CRITEO