- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■集団ストーカー・電磁波犯罪被害■

13電磁波ビームでキレさせる工作 :2017/11/24(金)16:04:14 ID:sad()
■思想と政治体制について ソ連における精神医学と収容所について / 立命館大学生存学研究センター 天田 城介

周縁的な人間の監視=矯正へ

「金持ちと貧乏人の断絶」から「民衆と周縁的な人間の断絶」への書き換え。18 世紀における資本主義体制の成立とともに、経済的規律が課せられ、民衆は労働に従事し、
多少なりとも財を蓄積するようになると、非合法的行為を容認できなくなっていくと同時に、精神医学・警察・司法・刑法体系などが結合した統治システムによって「周縁的
な人間の監視=矯正」が遂行されていく。こうして周縁的な人間たちが監獄や精神病院といった施設へと分離的=差別的に収容されるようになると、かつては歓迎されること
さえあった周縁的な人間は民衆と断絶させられ、また他の下層民とも切り離されていく――プロレタリアートとプロレタリアート化されていない周縁的存在を分け隔てる分断
――。そして、こうした統治システムのもと「周縁的な人間の監視=矯正」が実効されるだけではなく、むしろその圧倒的な効果は、周縁的な人間と切り離された民衆に対す
る監視=矯正となって現れてくるのである。したがって、「周縁的な人間」を作り出すことは「周縁的な人間の監視=矯正」よりもむしろ「民衆の保護と監視=矯正」の効果
を生み出すのだ。
こうした権力システムのもと民衆は「社会階層」のイデオロギーを発展させた。犯罪者という「周縁的な人間」を切り離し、彼/女らに敵意・憎悪を向けるようになった。
警察による保護さえ求めるようになった。そのことで、民衆は警察から容易に監視されることになった。犯罪者に対して厳罰を求めるようになった。「人種差別反対をしなが
らも犯罪者には極めて冷酷な対応をする」(Foucault 1994d=1999: 249)ようになった。その社会的帰結として、権力はいとも簡単に民衆を統制することになったのだ8)。
このレスの続きを表示(50件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■集団ストーカー・電磁波犯罪被害■
CRITEO