- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【創価】大作先生様のすげー話し聞かせろ。

857電気機器 :2016/02/25(木)13:14:37 ID:rc1
http://www.sakurafinancialnews.com/mobile/news/7751/20160217_1
2016年2月17日 さくらフィナンシャルニュース=東京

■【速報】300人買春経営者、「平成15年頃から、一定数の女性と性的関係に至ったこと」
「女性の裸体等について写真を撮ったこと」を認める準備書面を提出、
プチエンジェル事件との関係は明確化せず

未成年の高校生などを含む女性など300人あまりを買春している、時価総額1兆円を超える
一部上場企業創業者の関係者である、60代の経営者A氏が、妻に対して離婚請求
をしている訴訟で、A氏が、「平成15年頃から、一定数の女性と性的関係に至ったこと」
「女性の裸体等について写真を撮ったこと」を認める準備書面を提出していることが
わかった。

A氏は、「『男の遊び』の範疇などと述べ」たことは、書面上で認めている模様だが、
同氏が経営する会社は、日本写真映像用品工業会 会員企業となっているとされ、
A氏の性癖と職業上の関係が、一部関係者の間で、物議を呼んでいる模様だ。
通称・プチエンジェル事件との関係を、A氏がどう弁明する方針なのかは、
現時点では不明だ。【了】


■日本写真映像用品工業会 会員会社
http://www.jpvaa.jp/member/


>> http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/koumei/1339131311/922

>> http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/koumei/1339131311/932

>> http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/koumei/1339131311/971
 
858創価 統一 在日閥 :2016/02/26(金)23:51:32 ID:gDW
http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/over20000/200607_78ht.html
2006年7月22日 「しんぶん赤旗」2万号──創刊78年

以下、抜粋

■タブー打破 世論動かす

日本のマスコミ界には「これだけは絶対書けない、書かない」という“タブー”
があります。“菊タブー”、“鶴タブー”(創価学会のマークが黒い鶴丸であることから
こう呼ばれた)、“角タブー”、“「解同」タブー”…。タブーのない「赤旗」は、
真実を堂々と書き、タブーを打ち破る報道で世論を動かしてきました。

出版妨害をスクープ

一九六九年、公明党・創価学会による藤原弘達著『創価学会を斬る』の出版妨害事件が
表面化します。十二月十三日夜、NHK総選挙特集番組で、共産党の松本善明氏が
公明党の出席者に事実関係をただすと、公明党側は即座に否定しました。
「赤旗」は著者の藤原弘達氏にインタビューし、妨害の事実を明らかにしました。

藤原氏によると――。ある秋の日の早朝、藤原氏のもとへ自民党の田中角栄 幹事長から
「出版をやめてくれないか」と電話がかかってきました。公明党の竹入義勝 委員長
からの要請だと言うのです。その後、料亭に二回呼ばれ、田中氏から
「初版分は全部買い取る。損はさせない」と強い説得を受けます。

二回目の時は、階下に竹入委員長が来ていた様子で、話がついたら三人で宴会までやる
おぜん立てのようだったといいます。藤原氏は断ります。すると、書店には並べてもらえない、
広告も軒並み 断られる…。
「赤旗」は十二月十七日の一面にこのスクープを掲載しました。

「公明党 言論・出版に悪質な圧力 田中(自民)幹事長を仲介に」

これを契機に国会でも大問題として取り上げられ、共産党をはじめ、社会党、
民社党も追及しました。不破哲三 議員(当時)は、七〇年二月二十七日の衆院予算委員会で、
佐藤首相を追及します。こうして公明党・創価学会は“反省”を表明
せざるを得なくなりました。

(続く)
859創価 脱会 一千万人 :2016/02/26(金)23:55:47 ID:gDW
(続き)

◆“首相の犯罪”を追及

「庶民宰相」ともてはやされ、一九七二年に首相の座に就いた田中角栄氏もまた、
マスコミ界のタブーの対象でした。角タブーは首相就任のはるか以前から始まっています。
戦後復興期――政治と企業の癒着が骨太く横たわっていた時代。長く続く自民党政治の
後継者争いの中で、「数は正義なり」と“金の力”と“支配する力”を駆使して
のし上がってきた典型的な人物が角栄でした。

「オレは各社全部の内部を知っている。記事を中止させるのも簡単だ」
(「赤旗」七二年十月十日付)
この言葉に象徴されるように、「土地転がし」で手に入れた都心の一
等地を
大新聞社やテレビ局の社屋建設用地に払い下げてやり、記者にはプレゼント攻勢で
“貸し”をつくる…。

マスコミも思いのままに動かしてきました。本来“政敵”のはずの社会党や
公明党までもが角栄と関係を築いていったのです。角タブーを打ち破る口火を切ったのは
角栄による信濃川河川敷買い占め事件を暴いた「赤旗」日曜版六六年十月二十三日号でした。

架空の会社を作って開発が予定されている土地を買い占めていたことを突き止め、
国会議員と連携して角栄を追及。翌月、角栄は「まさか共産党にやられるとは」と
せりふを残し、幹事長を更迭されました。

「飛ぶ鳥落とす勢いの政治家が相手ですから絶対間違えちゃいけない し、
そりゃあ緊張したしこわかった」
この事件を皮切りにスクープを連発した関口孝夫さん(前編集局長) は、
当時の心境をそう語ります。

愛人邸建築疑惑(「赤旗」七二年十一月八日付)では、「赤旗」一面報道と
松本善明氏の国会質問のWパンチで、絶頂にあった角栄人気は失墜します。
「『赤旗』だけが“金”も“脅し”も効かなかったんです」と関口さ ん。

一般のマスコミが角タブーに触れ始めたのは、角栄が落ち目になった七四年、ようやく
月刊雑誌が書いてから。七六年、ロッキード事件をとどめに角栄は政界の表舞台から
姿を消しました。

(続く)
860創価ストーカー :2016/02/26(金)23:57:39 ID:gDW
(続き)

◆「解同」の暴力恐れず

「先生が殺される」「助けて」――。生徒たちは必死で警察に訴えました。
一九七四年十一月二十二日、兵庫県但馬(たじま)地方で起きた
八鹿(ようか)高校事件。それは重軽傷者五十八人、うち数人が危篤に陥るという、
教育史上例のない事件でした。

八鹿高校の教職員六十人が集団下校中、「解同」(部落解放同盟)の暴力集団
数百人に襲われ、体育館に監禁されて十三時間に及ぶ残虐な集団暴行を受けたのです。
「解同」は七〇年代半ば、各地で無法な暴力行為を繰り広げていきます。
「部落民以外はすべて差別者」と、意見の違う者を暴力や糾弾によって屈服させます。

自治体を思いのままにあやつり、同和対策予算を食い物にして利権をのみ込んでいきました。
マスコミは報復を恐れ、報道することがありませんでした。NHKは八鹿高校事件を
丸三日無視、「朝日」(全国版)は一週間黙殺しました。これに対して「赤旗」は、
事件翌日には第一報を流しました。

日本共産党は「無法に対してたたかおう」と、命がけで地元に応援団を送り、
「赤旗」はその活動を連日伝え続け但馬を夜明けに導きました。のちにこの事件は
「解同」の有罪が確定しています。


>> http://shizu.0000.jp/read.php/news/1318695496/191
 
861カルト創価・在日閥 :2016/02/27(土)12:49:58 ID:oFQ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%BC

■報道におけるタブー ウィキペディアより

目次

1 概説
2 具体的なタブー

3 推測・日本の報道におけるタブー
3.1 メディアタブー
3.2 記者クラブタブー
3.3 スポンサー・広告代理店タブー

3.4 芸能プロダクションタブー
3.5 桜タブー
3.6 菊タブー

3.7 荊タブー
3.8 アーレフタブー
3.9 鶴タブー

3.10 在日韓国・朝鮮人タブー
3.11 中華人民共和国タブー
3.12 核タブー
3.13 菱タブー

4 推測・諸外国の報道におけるタブー
4.1 ナチス・ヒトラー礼賛タブー
4.2 戦時大統領タブー

5 脚注 6 参考文献 7 関連項目
------

◆荊タブー

荊(いばら)は部落解放同盟の団体旗である荊冠旗に由来する。部落解放同盟
をはじめとする一部の同和団体が政府の同和政策に癒着し、同和利権を構成
していることについてマスコミが批判できないこと。

また、一般的な事件の犯人や関係者が同和関係者であり、事件の本質的な原因として
同和問題が関わっている場合であっても同和問題には一切触れず、一般的な事件
であったかのような報道をする傾向がある。

万が一、部落解放同盟をはじめとする同和団体を批判すると部落解放同盟から
確認・糾弾などを受け強要や暴力行為の被害に発展する可能性もあるため、各社共に
こうした問題には及び腰となっている。
 
862創価 脱会 一千万人 :2016/02/27(土)13:11:04 ID:oFQ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E8%90%BD%E8%A7%A3%E6%94%BE%E5%90%8C%E7%9B%9F

■部落解放同盟(ぶらくかいほうどうめい) ウィキペディアより

・暴力団との関係

被差別部落から多数のヤクザが誕生してきた歴史的経緯から、部落解放同盟もまた
暴力団と深い関係がある [28] 。たとえば部落解放同盟 大阪府連合会では、
西成支部長が元酒梅組 準構成員、荒本支部 副支部長が山口組系 暴力団組員、
飛鳥支部長が山口組系 金田組幹部、寝屋川支部長が伊藤組 組頭、
執行委員が元土井組系 津田組組員といった具合である。

部落解放同盟傘下の土建会社の団体である同和建設協会(同建協)の加盟業者も
暴力団と関係が深く、同建協 初代専務理事(部落解放同盟 羽曳野支部員)は
小三組 最高幹部、同建協会長(部落解放同盟 浪速支部 副支部長)は小三組組長の三男、

大新土木建設社長は酒梅組組長、東大阪清水建設社長は山口組系 川崎組幹部、
南方建設社長は山口組系 一(はじめ)会内都会会長代行、麻建設社長は砂子川系 麻組組長
である [28] 。1971年3月には、部落解放同盟員が大阪府八尾市役所でピストルを
発射して助役を脅迫した事件もあった [29] 。
部落解放同盟の支部役員のポストをめぐる争いに暴力団が介入したこともある [28] 。

※脚注
28.中原京三『追跡・えせ同和行為』p.137-138(部落問題研究所、1988年)

29.中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.75

最終更新 2016年2月7日 (日) 04:19
 
863カルトSGI撲滅 :2016/02/27(土)13:15:46 ID:oFQ
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken86.html

■法務省 「えせ同和行為」を排除するために 

以下、抜粋

・「えせ同和行為」とは

「同和問題はこわい問題である」という人々の誤った意識に乗じ,例えば,
同和問題に対する理解が足りないなどという理由で難癖を付けて高額の書籍を売りつける
など,同和問題を口実にして,会社・個人や官公署などに不当な利益や
義務のないことを求める行為を指します。

えせ同和行為は,国民に同和問題に関する誤った意識を植えつける大きな原因
となっています。また,えせ同和行為の横行は,適正な行政推進の障害となるものであり,
このようなえせ同和行為に対 し,政府として一体的にその排除を推進しています。

・「えせ同和行為」の具体的な要求としては,機関紙・図書等物品購入の強要,
寄附金・賛助金の強要,講演会・研修会への参加強要,下請への参加強要等,
様々な形態があります。

えせ同和行為対応の手引-[PDF]
http://www.moj.go.jp/content/000122217.pdf

動画(YouTube) 「あなたの職場は大丈夫?えせ同和行為」
http://youtu.be/PYDp883BjOs

■以下、ウィキペディア

嫌がらせ(いやがらせ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%8C%E3%81%8C%E3%82%89%E3%81%9B

確認・糾弾(かくにん・きゅうだん)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%83%BB%E7%B3%BE%E5%BC%BE

えせ同和行為(えせどうわこうい)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%88%E3%81%9B%E5%90%8C%E5%92%8C%E8%A1%8C%E7%82%BA

同和利権(どうわりけん)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E5%92%8C%E5%88%A9%E6%A8%A9

同和団体(どうわだんたい)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E5%92%8C%E5%9B%A3%E4%BD%93

部落問題(ぶらくもんだい)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A8%E8%90%BD%E5%95%8F%E9%A1%8C
 
864創価警察 :2016/02/28(日)08:17:07 ID:kNp
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
ウィキペディア 最終更新 2016年2月23日 (火) 01:36

■アファーマティブ・アクション(英: affirmative action)とは、

弱者集団の不利な現状を、歴史的経緯や社会環境に鑑みた上で是正するための改善措置
のこと。この場合の是正措置とは、民族や人種や出自による差別と貧困に悩む被差別集団
の進学や就職や職場における昇進においての特別な採用枠の設置や試験点数の割り増し
などの直接の優遇措置を指す。

------
日録 6月 19, 2013
http://jgaxy.tumblr.com/post/53327697182/%E4%B8%AD%E5%8E%9F%E4%BA%AC%E4%B8%89%E8%BF%BD%E8%B7%A1%E3%81%88%E3%81%9B%E5%90%8C%E5%92%8C%E8%A1%8C%E7%82%BA%E9%83%A8%E8%90%BD%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%801988%E5%B9%B4%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80
中原京三『追跡・えせ同和行為』(部落問題研究所、1988年)を読む より抜粋

■えせ同和ビジネス

◆脱税ビジネス

・アファーマティブアクションの趣旨から、部落解放同盟傘下の企業団体
「企業連」には減税・免税から脱税までがおおっぴらに認められている(税務署員でも
課⻑クラス未満にはこのような特別措置の存在が伏せられている)。

ところが、部落解放同盟の顔役から推薦を受ければ、部落外の企業でも
この「企業連」に⼊れてもらうことができる。そうした部落外の企業が部落解放同盟の
顔役に渡す裏⾦は⼀⼝数百万円。中にはヤクザのフロント企業が多数含まれている。

◆みかじめ料ビジネス

・関⻄地域で何らかの建設⼯事が始まると、ヤクザや「亜流えせ同和」が建設会社に
クレームをつけて、「地元対策費」名⽬でみかじめ料を要求する。要求に応じなければ
嫌がらせが続き、⼯事が円滑に進まない。「本家えせ同和」に頼むと、
こういう たかり屋を追い払うことができる。ただしその場合は「本家えせ同和」に
みかじめ料を払わなければならない。どちらにしても建設会社は
たかられる運命から免れない。

◆土地転がしビジネス

・糾弾した企業から安く⼟地を購⼊し、役所に⾼く買わせる。役所が購⼊を渋ったら
「俺たちを差別するのか。糾弾するぞ」と脅す。この場合、役所の同和関係部署の職員が
「本家えせ同和」と通謀しており、役所に内部から圧⼒をかける。

最終的に、役所が折れて⾔い値で購⼊する。購⼊価格と売却価格の差額、
数億円から数⼗億円という⾦額がまるまる儲けになる。役所の同和関係部署の職員と
「本家えせ同和」で儲けを分配する。

(続く)
865創価公務員 :2016/02/28(日)08:22:04 ID:kNp
(続き)

◆同和地区でっちあげビジネス

・もともと同和地区がない⾃治体に無理やり同和地区指定をさせ、そこに同和対策事業費
を投⼊させる。役所が要求に応じなければ「差別の存在を認めないのか。糾弾するぞ」
と脅す。

◆助成金ビジネス

・県や市町村⺠から年間数千万円の団体助成⾦を徴収し、その⼀部をピンはねする。

◆幽霊組合設立ビジネス

・同和融資制度(同和事業の費⽤を無利⼦で融資する制度)を利⽤し、
いいかげんな⾷⾁事業協同組合を設⽴し、借り⼊れた資⾦で豪華施設を建設する。
実際には⾷⾁事業はほとんどおこなわず、みずからは豪華施設に住み、
⾼級⾞を乗り回して暮らす。

◆鉱害ビジネス

・鉱害の被害者から委任状をとりつけ、炭鉱や⽯炭鉱害事業団と交渉して強引に
補償⾦をもぎ取る。成功報酬として補償⾦の⼀部を受け取る。

◆不正入札ビジネス

・事業の設計単価を「本家えせ同和」が⾏政から事前に聞いておき、特定の事業者に
その情報を漏らし、その業者が落札すると落札した単価の⼀部を受け取る。

◆糾弾ビジネス

・企業を糾弾した後、「⼈権意識向上のため」と称し、その企業で⼈権講演をやらせる。
むろん有料である。さらに「差別事件を再発させないため」と称し、
「同和・⼈権問題企業連絡会」という被糾弾企業の団体に⼊会させる。
これも有料である。同和研修の教材も購⼊させる。
------

■カテゴリ:部落解放同盟の⼈物
http://ja.yourpedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA:%E9%83%A8%E8%90%BD%E8%A7%A3%E6%94%BE%E5%90%8C%E7%9B%9F%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9

■逆差別
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E5%B7%AE%E5%88%A5
 
■Category:悪徳商法
https://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E6%82%AA%E5%BE%B3%E5%95%86%E6%B3%95
 
866創価警察 :2016/02/29(月)13:00:24 ID:Htd
>>777

両親を亡くした震災孤児の甥の遺産6700万円を横領した、叔父で創価学会員の
島吉宏容疑者を逮捕
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1456456942/
7 :Ψ:2016/02/26(金) 13:33:55.76 ID:To7GGzGQ.net

今もなお全国の創価学会婦人部地区幹部は地域で住民を監視し気に食わない人々を
ストーカーし、税金を還流させてモノをあてがい市民同士攻撃させる。
でっち上げて市民を悪者に仕立て攻撃させる。
角田美代子と似たような事をやってるんだよ。気付かないだけ。

創価は自分では極力手を出さず、市民を戦わせる。
無職や母子家庭と言った問題抱える人間を暴力装置として利用する。
これやってない地区はないと言い切れる。
自宅のすぐそばの信者が自分の担当だから気を付けて。

モノくれたらそそのかされてるんだから、断るのと 嘘を真に受けない事。
創価学会所属の角田美代子らは、些細なことに難癖をつけては弱みを見せる相手を
脅迫し、多数の無法者を引き連れて家庭に侵入し、金品をむしり取ることを
生業としており、夜の街で獲物を探し歩いていた。

角田美代子は普段から飲み仲間に、「交通事故に遭ったら金になる」など当たり屋の
指導をするなどし、うっかり隙を見せて食い物になってしまった家族らのその後は凄惨で、
高松市の谷本家は2003年5月頃、餓死寸前になり、服も着させて貰えず、
父親の谷本誠さんが全裸で長女の茉莉子さんをおんぶして親族の元に
「何か食べさせてほしい」と、助けを求めてきたこともあった。
 

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【創価】大作先生様のすげー話し聞かせろ。
CRITEO