- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■■■集団ストーカー・電磁波犯罪 と オカルト業界・精神医療■■■

50名無しさん@おーぷん :2018/06/16(土)08:19:59 ID:OtV
■Microwave frequency electromagnetic fields (EMFs) produce widespread neuropsychiatric effects including depression
うつ症状を含む広範囲に亘る神経精神病学的影響を生むマイクロ波周波数電磁界(EMFs)

Professor Emeritus of Biochemistry and Basic Medical Sciences, Washington State University, 638 NE 41st Avenue, Portland, OR 97232-3312, USA
Received 13 April 2015, Revised 1 August 2015, Accepted 9 August 2015, Available online 21 August 2015.

ttps://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0891061815000599
51指向性電磁波で過呼吸症状 :2018/07/01(日)21:15:52 ID:h4a
■スマホ侵入に2分、プリウス勝手に急加速… ハッカー“遠隔操作”の恐怖 / 産経デジタルニュース イザ! 2013.9.1 21:45

://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/131003/ecn13100321520050-n4.html

ハッカーたちの“魔の手”はもっと危険なところにも忍び寄っていました。米国の善玉ハッカー2人が、車載コンピューターによって電子制御されている最近の乗用車は、ハッキ
ングによって第三者がハンドルやブレーキを簡単に操作できるとの衝撃的な報告書を公表したのです。
7月28日付ロイター通信や同29日付フランス通信(AFP)などによると、2人の善玉ハッカーは、米コンピューターセキュリティーサービス会社「IOアクティブ」の情報
セキュリティー担当、クリス・バラセク氏と、簡易ブログ、ツイッターのセキュリティー・エンジニア、チャーリー・ミラー氏です。
2人は米国防総省の技術研究機関、国防高等研究計画局が支援を受け、トヨタ自動車の「プリウス」とフォードのSUV「エスケープ」の車載コンピューターをハッキングした数
カ月にわたる実験結果を100ページの報告書にまとめ、公表したのです。
52精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/07/31(火)16:40:25 ID:P6v
2人は後部座席に座り、普通のノートパソコンを運転席のそばにある車載コンピューターのシステムにケーブルで直結、簡単にハッキングを成功させ、電子制御プログラムを改竄
(かいざん)しました。1996年以降、米国車に義務付けられた車載コンピューターのシステムが特に脆弱(ぜいじゃく)だそうです。
 そして、2人が報告した実証実験の結果は本当に恐ろしいものでした。運転手は何もしていないのに、2人が後部座席でパソコンを操作すれば、勝手にヘッドライトが点灯したり
、クラクションが鳴ったりしました。さらに、時速約130キロで走る「プリウス」に勝手にブレーキをかけ、ハンドルを自在に動かし、エンジンを加速させることにも成功。
また低速で走る「エスケープ」のブレーキを、運転手が踏んでも作動しないようにしたといいます。
53精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/08/31(金)17:30:55 ID:V8T
■もっと恐ろしいのは

 しかし、こんなことで驚いている場合ではないのです。実は今回、2人は遠隔操作によるハッキング実験は行いませんでした。なぜか。理由を知ってビビりました。「もう、前に
別の人が成功させちゃってるんだよね」。
 そうなんです。実は一昨年、別の学者グループがブルートゥース(短距離無線通信技術)とネットのワイヤレス・ネットワークを使って、乗用車の車載コンピューターを外部から
ハッキングし、遠隔操作することに成功していたのです。

しかしこの学者グループは、社会に与える影響の大きさを考慮し、実験に関する詳細を現在まで一切公表していないといいます…。
54精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/08/31(金)18:03:03 ID:V8T
 最近の自動車は“走るコンピューター”といわれ、ブレーキやアクセル、ハンドルなどの操作が電子制御されています。そのため、プログラムの不具合による事故に加え、外部か
らのハッキングの危険性が指摘されてきました。それが見事に現実化している訳です。2人は、今回の実証実験に使ったハッキング用のソフトを8月はじめに米ラスベガスで開かれ
たハッカーの世界大会「デフコン」で公開しました。
 さらにこんなお話もあります。今年4月12日付米CNN(電子版)によると、ドイツのセキュリティー専門家ヒューゴ・テソ氏が、オランダのアムステルダムで開かれたコンピ
ューター・セキュリティーに関する会議で今年4月10日、米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホで航空機の行き先や速度、高度などを遠隔操作でき
るサイバー攻撃用ツール「SIMON」を3年がかりで開発したと発表しました。
このツール、あくまで仮想環境でのフライトシミュレーター上での使用を想定していることから、米連邦航空局(FAA)は「現実のフライトに脅威を与えるものではない」と主張
していますが「攻撃方法は現実世界を想定したものと変わらない」との見方も少なくありません。実際、テソ氏も「このシステムを使えば、航空機の運航に関わるほぼすべてのシス
テムを改竄できる」と主張しています。
55精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/08/31(金)20:04:16 ID:V8T
■黒いプリウス突然、交差点に「歩行者が次々と高さ2mも跳ね上げられ…」 目撃47歳バイト男性、恐怖を語る / サンケイデジタルニュース 2016.2.26 18:00

s://www.sankei.com/west/news/160226/wst1602260068-n1.html

「バコッ!」「ウワー!」流血…花壇と車に挟まれ…大阪駅すぐ北側、ヨドバシやJRA場外で人々あふれる白昼1台の乗用車が突如、スクランブル交差点に突っ込んだ。大阪キタの
中心部、梅田の繁華街が修羅場と化した。歩行者を次々とはね、ボンネットに人を乗せたまま走り続ける。ランチタイムのビジネスマンや買い物客らの悲鳴が響き渡った。

 25日午後0時半ごろ、大阪市北区芝田1丁目で黒い乗用車が交差点から歩道に乗り上げ、あふれる通行人に突っ込んだ。
56精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/09/15(土)23:02:49 ID:CiK
■NY州で事故のプリウス、米当局「ブレーキの形跡なし」  / 日本経済新聞 ワシントン支局 2010/3/20付

トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」が米ニューヨーク州の道路で急加速して石壁に衝突したとされる事故を巡り、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)は18日、「ブ
レーキを踏んだ形跡がない」とする調査結果を明らかにした。車載コンピューターを解析したところ衝突の瞬間、アクセルの踏み込みに応じて開くエンジンの弁(スロットル)は全開
だったという。米メディアが一斉に報じた。
 事故は9日に発生。運転していたのは50代の女性で衝突により軽傷を負った。女性は「ブレーキを全力で踏んだ」と警察に伝えていた。8日にカリフォルニア州の高速道路でも男性
が急加速を訴えたが、トヨタは検証実験の結果、不具合はなかったと発表している。
57精神医療と電磁波犯罪の歴史 :2018/10/07(日)17:34:32 ID:RWd
■『スター・ウォーズ』が現実に…中国、レーザー銃の試作品開発に成功 / 中央日報日本語版 2018年07月03日

 p://japanese.joins.com/article/831/242831.html 

中国研究陣が対テロ武器として使えるレーザー小銃の試作品開発に成功した。

1日(現地時間)、香港の有力英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、中国陝西省西安にある中国科学院西安光学精密機械研究所が開発した「ZKZM-
500」という名前のこの小銃は、15ミリ口径に旧ソ連製AK-47小銃のような形態で、人に向けて撃った場合、火傷を負わせたり服を焼いたりすることができる。
このレーザー小銃の開発に参加した研究所関係者は「レーザー銃で撃たれた場合、激しい痛みが伴う」と伝えた。
ZKZM-500の射程距離は800メートルで重さは約3キロほど。車両や船舶・航空機にも装着することができる。またZKZM-500から発射されるレーザーは人の目には見え
ないばかりか音も出ないため、機密が求められる軍事作戦にも使用することができる。 あわせてZKZM-500のレーザーはガラス窓を貫通し、充電式リチウム電池で作動し、緩衝時
2秒間隔で1000発を撃つことができるとSCMPは報じた。
しかし、中国当局はZKZM-500が一般小銃と同じ威力を持っていないとの理由で「非殺傷用武器」に分類していることが分かった。
ZKZM-500の生産・販売権を有している西安光学精密機械研究所の子会社「ZKZMレーザー」は、この武器を大量生産する場合、1丁当たりの価格は10万人民元(約166万円)
程度になる見通しだと明らかにした。
58生物学的な指標と検査のない精神病 :2018/10/25(木)00:36:52 ID:OJn
■『超臨界: 暴発4秒前:ハイテク社会への警鐘』 綱渕輝幸

*HAARP

 ...気象改変や地震励起だけでなく、人間の脳波に近似の極低周波で世界中の人々をマインドコントロールできる研究も含まれる。潜水艦とのELF(極低周波)通信や電磁パルス兵器(EMPW)によるミサ
イル防衛電磁壁やバンアレン帯の放射線の強度操作にも関係。
ロザリー・バーテル博士『HAARP計画の背景』(1996)
「自分たちがすでにもっている能力(気象兵器・HAARP・地震兵器)を棚に上げて、他者(ロシアなど)を批判するのは、軍の常套手段だ」

1997 アメリカ国防長官ウイリアム・S・コーエン講演録
「…特定作物を狙い撃ちにする(病原菌)技術や昆虫を開発する動きもある…電磁波で遠くから火山の噴火や地震を人為的に起こしたり、気候を変えたりする環境テロに手を染める者たちもいる…多くの
優秀な頭脳が、他国を恐怖に陥れる方法を探している。これは現実に起こっている…」
59周波数で変わる電磁波の生体影響 :2018/11/17(土)02:08:32 ID:Crp
エシュロン(ECHERON)

「エシュロン」は、アメリカが中心となり、英語圏5ヶ国(アメリカ・英国・カナダ・ニュージーランド・オーストラリア)が秘密協定で運用しているもので、特定の企業や個人の
情報収集および軍事情報収集のために約10万人以上もの数学・語学・電子工学・遺伝子工学などのプロと軍人が従事していると言われます。

...巨大パラボナ・アンテナ・ドームが、日本はもちろん、EUなど世界11ヶ国に設置されています。スーパーコンピューターを駆使し、1秒間に2百万回線以上もの通信内容を傍受で
きると言われています。イラク戦争が終結した直後のアメリカ駐留軍が行った最大の優先作戦は、「エシュロン」アンテナ・ドーム基地の建設でした(イラク基地:12ヶ国目に当る
。)

...日本は、自らが提供している基地の「エシュロン」設備(三沢基地など)と国会議事堂の真上数万㎞にあるスパイ衛星などによって常に監視されています。(p.143)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■■■集団ストーカー・電磁波犯罪 と オカルト業界・精神医療■■■
CRITEO