- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■■■集団ストーカー・電磁波犯罪 と オカルト業界・精神医療■■■

37偽情報で埋め尽くす工作(笑) :2017/12/24(日)16:02:59 ID:zcP
■【冤罪】和歌山毒物カレー事件・林真須美がまさかの無罪になる可能性 【集団ストーカー】/ 2017.2.20

■「砂糖を体重計で」

弁護団の依頼でこの鑑定結果を分析し、補充書でその誤りを指摘した京大大学院の河合潤教授(材料工学)に聞くと、「11年の秋、初めてスプリング8を用いた鑑定書を見て、すぐにおか
しいことに気づきました」具体的には、「同一の証拠資料を分析し、含まれている微量元素の濃度を『ピーク強度』で表したグラフが出てきます。ところが、同じものなのに、複数回の
測定でSn(スズ)やSb(アンチモン)の強度が異なっている。実はスプリング8の分析とはこれほど大雑把で、例えれば料理の時、砂糖の重さを体重計で計るようなもの。誤差が大きく、
事件の鑑定には不向きなのです」
裁判では、現場の紙コップのヒ素のほか、通称「林真須美関連亜ヒ酸」と呼ばれるものが6種類登場した。内訳は、台所から押収された1種と、親類など関係先から提出された5種である。
「地裁判決は、この6種のうちどのヒ素が紙コップにあったのかは断定せず、どれかが入れられたと述べているに過ぎない。つまり鑑定結果は、合計7種のヒ素は全て同一物だと結論づけ
ようとしている。最も重要な紙コップのヒ素も、他とはピークの高低差などが異なっているのに、中井先生は『同一の工場が同一の原料を用いて同一時期に製造した亜ヒ酸』と言い切っ
ている。科学者として一線を越えてしまったと思います」

tp://www.akb48matomemory.com/archives/1064448052.html
このレスの続きを表示(15件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





■■■集団ストーカー・電磁波犯罪 と オカルト業界・精神医療■■■
CRITEO