-  -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

■■■集団ストーカー・電磁波犯罪 と オカルト業界・精神医療■■■

31名無しさん@おーぷん:2017/12/21(木)23:28:37 ID:Ffo
■恐怖政治と精神医学

スターリン支配下のソ連においても、共産主義の教化というお題目のもと、反体制派の一掃(シベリアへの収容)を目的に、数々の精神医学的措置がとられました。
モスクワのセルブスキー研究所[Serbsky Research Centre for Social and Forensic Psychiatry]というところは、精神医学による懲罰的な政治統制の拠点でした。この研究所は、ロシア
法と憲法の網を潜り抜けて強制労働と精神医学の収容所ネットワークを設立するためにKGBや内務省と共謀しました。

精神科医たちは、国家公安機関が政治犯に自白させ「証言」を得るために自白剤などと呼ばれる「薬物」を用いるという冷酷な手法を開発しました。ソ連時代に強制労働収容所に収容さ
れ、「強制的な治癒」を施された市民は4000万人以上に上ります。これらの市民の多くが、「不活発性統合失調症」という診断を下されています。共産主義に傾倒しない人の特有の病気だ
そうです。

ameblo.jp/seisin-iryo0710/entry-10730248477.html
+ の新着レス
このレスの続きを表示(32件)

板に戻る | 履歴に戻る | 全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中: 0:00/0:30

■■■集団ストーカー・電磁波犯罪 と オカルト業界・精神医療■■■