- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

美智子さま

229名無しさん@おーぷん :2017/10/24(火)17:23:33 ID:cws
>>228
自由の国=反共の国=アメリカの知識人が未だに共産主義に対する幻想の中にいることは、私たちにはなか
なか理解できないことです。しかしこれはコロンビア大学に限らず、アメリカの大学の人文学部に多く見られる
傾向です。アメリカに留学した日本の外交官や学者の卵が共産主義に洗脳されて帰ってくるのも、決して珍し
いことではありません。

⑧農地改革や財閥解体、公職追放などの目的は何だったのですか?
 戦後、行われた農地改革や財閥解体、公職追放などのGHQの政策は、封建的で遅れた日本の制度を近
代化するためだとか、民主化するためだとか言われてきました。また日本の国力を弱めるという側面もあった
でしょう。しかしGHQの後ろにOSSがいたことを考えると、これは日本の共産化への道を開くという側面も
あったのではないでしょうか?
1946年1月26日、中国から戻った共産主義者、野坂参三の帰国歓迎大会が、日比谷公園で3万人を集め
て開かれました。この大会のために作られた「英雄還る」という歌が熱唱されたそうです。戦時中は非合法組
織だった日本共産党も合法化されていました。1947年2月1日にゼネストを行うことを日本共産党は予定
していました。この時、日本は革命前夜といえる、非常に危機的な状況だったかも知れません。しかしルーズベ
ルトの死後、後任の大統領・トルーマンによってOSSは解散させられ、ゼネストはGHQの指令によって中止
させられました。
やがて米ソの冷戦が始まり、アメリカは反共に政策を変えましたが時すでに遅く、日本の戦後の方向は決めら
れていました。教育界では約20万人が公職追放され、大学に左翼教師が入ってきました。その後GHQのレッ
ドパージで6千人が追われましたが、残った19万人以上の人たちが社会の中枢部に入ったことで戦後の教
育はおかしくなってしまいました。ソ連が崩壊したにもかかわらず、共産主義の幻は日本社会を蝕んでいます。

参考文献:◆杉本幹夫『大東亜戦争はルーズベルトの錯覚から始まった』(展転社)
     ◆田中英道『戦後日本を狂わせたOSS「日本計画」』(展転社)
このレスの続きを表示(1件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





美智子さま
CRITEO