- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【そして伝説へ…】ターボ多すぎな魔改造シルビア ジェットエンジンも搭載「トランスフォーマー目指す」[2018/1/13]

1XheNAJcNC.:2018/01/13(土)19:10:46 ID:aps()
 最高速を競うチューニングカーの祭典から始まった「東京オートサロン」の花形はやっぱり、
オイルや焼けたゴムの匂いが漂ってきそうなチューナー自慢のデモカーたち。中でもひときわ
異彩を放つのが、ボンネットからはみ出した四つのターボを積んだ異形の日産シルビア(S14型)だ。
ダメ押し気味にジェットエンジンを積む過剰きわまりない「魔改造」な一台だが、進化の途上にあるという。

(中略)

 手がけたのは、栃木県日光市のチューニングショップ「CLR」。渡辺拓郎代表(40)が10年近く前から、
サーキット走行用のデモカーとして2千万円近くかけて作り込んできた。最大の特徴でもある車両後端の
ジェットエンジンは、RC(無線操縦)飛行機用のもの。上向きに取り付けて上空へジェット噴射することで、
後輪を地面に押しつける強いダウンフォースを得る狙いだ。しかし肝心の効果については、
「正直言って分かりませんでした」と笑う。

 これだけの「魔改造」を施しても、渡辺代表によると現在はまだ「第4形態」だそうで、これから
「ロボット工学と電動化で『トランスフォーマー』を目指す」と意気込む。


(以下省略)

記事の全文はこちらでどうぞ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180113-00000041-asahi-bus_all

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【そして伝説へ…】ターボ多すぎな魔改造シルビア ジェットエンジンも搭載「トランスフォーマー目指す」[2018/1/13]