- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

外務省を語るスレ

4名無しさん@おーぷん :2014/07/11(金)17:43:22 ID:1SjIfUJbA

【つづき】

では、どうすればいいのか?
ひとつは減税である。

税金が減ればそれだけ物を買う金が増える。
しかし、減税だけではダメだ。

普通の人は、給料のほとんどを消費に回すが、金持ちや会社は、貯金したり、不動産を買ったり、海外に投資したりする。
どれも『物を買う』わけではないので、景気回復には関係ない。

もっとも確実なのは『公共事業』つまり『誰もお金を使わないなら政府が使いましょう』という話だ。
これで『確実に』景気が回復する。では『財源』はどうするのか?

『財源』は『国債』でまかなう。平たく言うと『国がお金を借りる』のである。
どこから?

日銀(日本銀行)から借りる。日銀は、どこからお金を調達するのか?
造幣局がお札を刷ればいい。

それでは『国の借金』が増える。という意見が出てきそうだが、借金の貸し手である日銀は、日本政府の子会社である。
親会社と子会社の『貸し借り』や『利払い』は、連結決算時に相殺されてしまう。

日銀からの借金(国債)に対して、政府には、返済や利払いの義務はない。
一応、日本政府は、日銀が保有する国債について、利子を支払っているが、決算時に『国庫納付金』として『返還』されている。

つまり、元に戻しているのだ、この無意味なオペレーションを日本政府と日銀は、毎年律儀に繰り返している。
ほとんどの人は『初めて聞いた』話だろう。

ご心配なく、政治家やマスコミでも知らない者の方が圧倒的に多い。
みんな【政治は知っていても経済を知らない】のだ。
このレスの続きを表示(5件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





外務省を語るスレ
CRITEO