- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【運輸】自動運転よりも“無人運転”が注目される理由[17/04/12]

1名無しさん@おーぷん:2017/04/12(水)07:50:17 ID:CcX()
ITmedia ビジネスオンライン 4/12(水) 6:40配信

 自動運転はいつ、どんな形で走りはじめるのか――。このテーマに対する構想を政府は2014年から毎年、「官民ITS構想・ロードマップ」を通じて発表してきた。毎年発表する理由は、自動運転を取り巻く状況が日々変わることに対応したものだという。
確かに、2016年5月に発表された「官民ITS構想・ロードマップ2016」では、根幹的な部分の記述が大きく変わっていた。

 それまで日本は、自動運転の程度を示す指標である、NHTSA(米国運輸省高速道路交通安全局)のレベル分けでは、「レベル1」を安全運転支援システム、「レベル2~3」を準自動走行システム、「レベル4」を完全自動走行システム、と呼び分けをしていた。

 ところが2016年版では「準自動パイロット」「自動パイロット」「無人自動走行移動サービス」という新しい言葉が登場している。

 準自動パイロットはレベル2、自動パイロットはレベル3、無人自動走行移動サービスはレベル4相当と、既存のレベル分けに当てはめてはいるものの、ロードマップのサブタイトルには「2020 年までの高速道路での自動走行及び限定地域での無人自動走行移動サービスの
実現に向けて」としてあり、無人自動走行移動サービスと自動走行は違うジャンルであることも明記している。

 実はこの「無人自動走行移動サービス」(無人運転)という名称で、いくつかの企業が実用化に向けて既に実証実験を始めている。

 もっとも有名なのは、2016年からディー・エヌ・エー(DeNA)が千葉県、秋田県、福岡県などで行っている実証実験。車両は仏国のベンチャー企業、EasyMile(イージーマイル)社製「EZ10」を使用している。DeNAではこの車両を「無人運転バス」と称している。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000001-zdn_mkt-bus_all

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【運輸】自動運転よりも“無人運転”が注目される理由[17/04/12]