- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

反日左翼が標榜する恐るべきホロコースト思想

1名無しさん@おーぷん:2018/02/14(水)19:34:29 ID:5K5()
「自己否定論」
この理論は後に「日本人=犯罪民族=民族浄化されるべき民族」という反日亡国論の論理へと行き着くことになった。
新左翼活動家の父や祖父は、一部の徴兵免除者を除き、かつては日本軍兵士(中には下士官や将校)として「日本帝国主義の侵略」に加担しており、
そんな「侵略者」の子孫である自分たちは、弱者である「アジア人民」に対する原罪を負っている日帝本国人に他ならない。
そんな自分たちが為すべきことは、自らが所属する「犯罪国家・日本国」と「犯罪民族・日本人」を徹底的に断罪し抹殺しなければならない。
そうしない限り「アジア人民」に対する贖罪は永遠に成立しないとする[1]。
日本国及び民族は償いきれない犯罪を積み重ねてきた醜悪な恥晒し国家・民族であり、その存在価値が全くないので、
積極的に民族意識・国民意識を捨て去って「非国民」になり、反日闘争に身を投じよと説く[2]。
また、新左翼の自己否定論には、心理学上の自己否定とは異なり、自分自身をも完全否定するものではなかった。
つまり「己の所属する国家や民族が犯した過去の犯罪を敢えて追及し、それを断罪している俺様は格好よくて誇らしい」といった道徳的優位性を誇示するなど
「自己否定する自己」の無批判な自己肯定が見え隠れしていた[3]。
そのため、1970年代は新左翼活動家(東アジア反日武装戦線や加藤三郎)による反日テロが相次ぎ、警察関係者などの「権力側」のみならず、
「自己否定しようとしない道徳的劣位者」として一般の日本人も断罪され、多大な被害を与えている。
東アジア反日武装戦線の小冊子『腹腹時計』には「日帝本国の労働者、市民は植民地人民と日常不断に敵対する帝国主義者、侵略者である」
と一般日本人を十把一絡げに断罪している。
新左翼活動家だった外山恒一は、この自己否定論を「日本人であるということは、それだけで罪である」という言葉で表している[4]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%90%A6%E5%AE%9A%E8%AB%96

これをナチスのホロコーストを引き起こした「最終的解決」と比較するならば、その犯罪性は明白であろう。
この主張は、所謂「左翼思想」の言わば前衛とも言うべきものであり、彼等の反日的レイシズムの本質を示す、いわば「左翼の本音」である。
こう指摘すると、彼等はこう弁解するだろう。「自分達は日本人を殺せとは言っていない。こんなのは一部の過激派だけだ」と。
しかし、では「殺す」と言わなければ問題は無いのか? 「日本人を世界の二等市民に落として差別せよ」なら悪くない・・・と言えるのか。

問題が無い訳が無い。
この「日本人は差別を受け入れよ」・・・は実質的に左翼の主張そのものであり、
彼等が賛同する中国韓国の歴史認識論が直接的に要求するものである。

左翼は間違いなくナチスの同類であり、左翼的反日思想はナチズムの同種である。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





反日左翼が標榜する恐るべきホロコースト思想
CRITEO