- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

中国崩壊後の問題点を論じるスレ

1名無しさん@おーぷん:2015/06/04(木)10:22:46 ID:iZ0()
それが戦争によるものか?内部崩壊によるものか?
無謀な膨張主義に陥った中国が崩壊するのは、もはやいたしかたの無い状況。

ではその中国が崩壊した後はどうなってしまうのか?

はっきり言って待ち受ける世界はバラ色のものではないだろう。
南沙海域・尖閣諸島周辺の危険は本当に消えるのか?
チベット・ウイグル・内モンゴルのその後は?
本当に独立できるのか?そしてその独立は幸せなものになるのか?
日本及び周辺のアジア諸国に与える影響は?

中国が崩壊することで、今まで見えなかった問題点が顕在化してしまうこともあるだろう。
だからと言って今の中国を放置したところで、見えるものはさらなる地獄。
今ある危機と闘わなければ、次に迫りくる危機との対峙すら許されないのが今の極東情勢。

中国の膨張という危機を乗り越えた後、中国崩壊後のアジアの問題点について論じるスレです。
2名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)10:24:51 ID:iZ0()
まあ、どういった崩壊のしかたになるかで状況もずいぶん変わってくると思うけど、
今のうちにこういう事も論じておいたほうがいいかもと思ってスレを立ててみました。
3名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)15:42:44 ID:1jn
まず崩壊するその時が問題。
4名無しさん@おーぷん :2015/06/04(木)23:53:02 ID:iZ0()
【中国の本性】“汚職の巣窟”人民解放軍、最大の弱みは「金」 治安維持費が軍事予算を上回る
(中略)
 人民解放軍の対外戦争は、大抵、国内政治と連動して、多目的な対外武力行使として行われる。
毛沢東の朝鮮戦争への義勇軍派遣は、国民党軍の投降部隊を連合国軍に排除してもらうことが目的との説がある。
●(=登におおざと)小平がベトナムに起こした懲罰戦争は、毛沢東に盲従する許世友将軍と、
政敵の林彪の部隊をベトナム軍に排除してもらうことが目的といわれる。
(中略)
 こうした強みの一方で、「外華内貧」の弱みも多い。人民解放軍は全軍汚職の巣になっている。
入隊も訓練も軍幹部の昇進にも賄賂が必要というだけでなく、演習でも大量の公金が私財に変わっていく。
兵器の廃棄処分も早い。

 習主席は軍権を掌握するため、上海閥系の軍トップ幹部の汚職摘発に夢中になっている。
だが、構造的汚職は中国5000年の伝統文化であり、社会の仕組みだから、これがなくなると中国も存在し得なくなる。
人民解放軍にとって最大の弱みは「金」である。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150602/frn1506021140001-n1.htm

中国は人民解放軍自体が不良債権になってるわけだが
国が崩壊した後、この不良債権はいったいどうなってしまうのか?
5名無しさん@おーぷん :2015/06/05(金)00:25:37 ID:EEh
良スレ
61 :2015/06/05(金)09:43:30 ID:X8x()
>>4
仮にチベット・ウイグル・内モンゴル等が独立することができたとする(まあ出来なかったとしてもだけど)。
中国共産党が金の力でようやく押さえつけていた軍部の箍が外れたら、
元の木阿弥どころか、さらに残酷な事態がこれらの国や地域に襲いかかるのは想像に難くない。

その人たちを守るためには、経済だけでなく軍事的な支援も当然必要になってくるわけで、
中国軍部の残党から自力で対応できる態が整うまでは、軍が駐留してそれを抑えていくことに。
この責任は現在絶賛軍縮中のアメリカに変わって、少なくともアジアにおいては今後日本が大きく負っていかなければならなくなってくる。
7名無しさん@おーぷん :2015/06/05(金)09:49:15 ID:X8x()
サヨクがどれだけ喚いても、シーレーンの対中防衛においては日本国民の大半は日本の集団的自衛権行使に反対はしないだろうと思う。
しかし中国崩壊後のそれらの尻拭いのために日本が血と金を流すことを、どこまで国民は支持し続けることができるだろうか?
憲法の解釈問題についても先日の安全法制の意見聴取は与党の人選ミスとはいえ、さすがに限界を超えてくる。

【憲法審査会】与党参考人が安保法案「違憲」判断 “人選ミス”で異例の事態→民主党・中川正春議員「久しぶりに痛快な思いをした」|保守速報
http://hosyusokuhou.jp/archives/44310110.html

当然憲法も改正ないと、この先の対応はできない。
憲法改正はこの事態に間に合うのか?それ以前にそもそも改正できるのか?
目前の中国の脅威がノド元を過ぎた時点で国民の憲法改正への意識は忘れられてしまうのではないか?
8名無しさん@おーぷん :2015/06/05(金)21:10:47 ID:j6t
>>6
地図を見れば簡単にわかるが、
治安維持をしながら経済の自立支援をしていくには、兵站的にとても難しい位置である。
さらに西側には勢力を弱めたとはいえ、ISISの支配地域もあり、
この混乱を利用して乗り込んでくることは十分に考えられる。



9名無しさん@おーぷん :2015/06/07(日)13:23:51 ID:VCD()
日本は対中戦略としてどこまで深く考えているのか?
国会の質問とかじゃ全然踏み込んだ話が見えてこない。
10名無しさん@おーぷん :2015/06/08(月)19:01:28 ID:rln
野党の質問…
11名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)12:14:12 ID:8Cq()
岩上安身 @iwakamiyasumi 9:02 - 2015年6月7日
続き。おいおいネトウヨども! 初戦の尖閣あたりの海上戦しかイメージしてない、できない、
脳みその幼稚園児。その次の戦争のシナリオ、示してみろよ。戦争に終わりはないんだぜ、
行き着くところまで行き着くまで。航空戦?、日本が完全に中国の全領土の制空権支配、
出来ないの、わかっている?
https://twitter.com/iwakamiyasumi/status/607336881018126337

そういった積極的な議論をしようとするたびに
議論そのものを潰してきたのは、いったいどのような勢力だったのか?
おかげで日本の政治は大局的な視点に立った“戦略”というものを失ってしまった。
12名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)15:03:03 ID:Bcz
>>11
何故支那本土にまで攻め入る必要があるのか。
13名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)06:51:04 ID:FP6
支那の本土にまで攻め込む必要は無いでしょ
あくまでも南支那海の問題をどうにかすれば良いんじゃない?
チベットはインドに任せる(つか、難民があっちに居るんだよね?)方が妥当だろうし
つか、そこまでしたら国連の敵国条項に引っかかって要らん敵作るだけでしょ
新たに国連に該当する組織を作ってこれなかった時点で、其処迄考える必要は無いかと
清々、支那やニダの難民をどうするかを考えた方が妥当かも(安倍首相がロシアとの話し合いの余地を残しているのなら、支那産、ニダ産の難民はロシアに対処して貰うってのも有りかと)
14名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)11:04:20 ID:tUa()


>>13
確かに日本はただ防戦しているだけで(南沙海域の件にしても防戦であることに変わりはない)、
その影響で中国が勝手に崩壊することに関して、日本は何ら責任を負う必要はない。

>(安倍首相がロシアとの話し合いの余地を残しているのなら、支那産、ニダ産の難民はロシアに対処して貰うってのも有りかと)

ただここの考え方は完全に甘え、ロシアがあまりに日本側の思惑どうり都合よく動きすぎている。
実際のロシアはどうか?今まで日本に対して、それ程都合が良かったロシアなど歴史的にあったか?
むしろ逆なことの方が多くは無かったか?
15名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)11:27:24 ID:tUa()
>>13
>チベットはインドに任せる(つか、難民があっちに居るんだよね?)方が妥当だろうし

国益だけを考えれば、この選択肢も充分にある。
ただし、アジアの安全保障において、アメリカと入れ替わる形で日本の責任が重くなるという面において、
これは責任放棄の誹りを受けることを覚悟しないといけないかもしれない。
アメリカのやり方は批判を受けることが多いが、日本が近い立場になった時、
今までアメリカがしてきたことに対して、同じような批判ができる日本でい続ける事が出来るだろうか?

アメリカの国力が衰退するうえで、少なくともアジア安全保障で日本は今後国際社会の一員として、
“責任”という泥沼に足を踏み入れていかなければならない、という覚悟くらいはしておいたほうがいいかもしれない。
(たとえ話を使うと、詭弁的になってしまうけど)人間の成長に当てはめて考えると、
自立するという事は、大人社会のしがらみにも責任を持って向き合っていくという事ではないか?
自立した国家というものには、同時に国際的な責任というものも付いてくるという意味で、似ていないだろうか?
今まで日本はアメリカに甘えすぎてきた、日本が“大人の”国家に成長するうえで、これは避けて通れない葛藤だと思う。
16名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)11:33:06 ID:tUa()
>>15
大げさな言い方したけど、今後はアジア全体を視野に入れて考えていかなきゃならないって事ね。
なんでこんな硬い言い方になっちゃうんだろうw
17名無しさん@おーぷん :2015/06/10(水)11:47:44 ID:tUa()
今まではアメリカに守ってもらっていた(自立していない)、
今後は自国の事は自力で防衛していかなければならない(これが自立)。
しかし中国などの大きな脅威に対しては力を集めて集団的自衛権で対抗するしかない。
集団的自衛権つまり他の国と安全保障を共有すること(しがらみ)。
さて、どこまで手を突っ込んでいいのやら、どこまで責任を持たなきゃならないのか?
18名無しさん@おーぷん :2015/06/18(木)20:57:38 ID:1aU()
「このけんか買うしかない」学者vs安倍政権
http://www.nikkansports.com/general/news/1493226.html

こういう時こそ日本の憲法がどうあるべきかを議論すべきなのに、
違憲か合憲かという低いレベルの話に拘泥する日本の憲法学者。
憲法学者は憲法を理想に近づけていこうとする理想論者と捉えていたが、
日本の場合は憲法の解釈に従うだけの単なる儒者に過ぎなかったようだ。
19名無しさん@おーぷん :2015/06/18(木)21:02:13 ID:Se0
×儒者
△神学者
○異端審問官
20名無しさん@おーぷん :2015/06/23(火)21:06:09 ID:maJ()
共産党と喧嘩別れした筆坂秀世氏の書いた記事がなかなか面白い。

日米安保と自衛隊の撲滅は叫ばない安保法案反対派 「違憲か合憲か」に集中する矛盾だらけの国会論戦
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150623-00044108-biz_jbp_j-nb&p=1
21名無しさん@おーぷん :2015/07/05(日)10:25:58 ID:QyM
1月のネタですがw

伊藤忠株が買い先行、中国国有企業に1兆円強折半出資と報道
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0KT00B20150120

いわゆる“親中派”の人たち。
彼らは中国は安全・安心を訴えているけど、中国崩壊についてちゃんと保険はかけてあるのだろうか?
まあ自己責任といえば、そうなんだけど。
彼らは単に利を得るために中国に近づいているだけなのか?
それにしてはこの投資額の大きさはあまりに危険だ。
22名無しさん@おーぷん :2015/07/05(日)10:30:19 ID:QyM
補足ソース。

中国 株価対策で証券各社が2兆円超投資
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150704/k10010138961000.html

中国の株式市場で株価がこのところ大幅に下落していることを受けて、中国の証券会社21社が株価を下支えするため、
日本円で2兆円以上の資金を出してETF=上場投資信託に投資する異例の対策を発表しました。(以下略)
23名無しさん@おーぷん :2015/07/08(水)22:59:50 ID:Wp3
うーん、議論しきれないうちに崩壊来ちゃったかな。
24名無しさん@おーぷん :2015/07/19(日)23:15:36 ID:wyU
「戦争法案」というレッテル貼りは、反対派陣営の「議論力」の衰退の表れ
http://blogos.com/article/123482/

>この過ちは秘密保護法反対運動に際しても犯されています。
>結果、国家機密と国民の知る権利のバランスをいかにして図るのかという本来であれば避けて通ることが出来ない重要な論点について、
>十分な検討と議論をする機会が失われてしまいました。そして、非常に問題の大きい秘密保護法が制定されてしまいました。学習能力のなさには驚きます。

中身について深く議論できる国会になって欲しいものです。
25名無しさん@おーぷん :2015/07/31(金)23:48:42 ID:V69
麻生財務相が中国政府の株価下支え策に疑義「株価の操作という話もあり、透明性はかなり問題だと思っている」 : 大艦巨砲主義!
http://military38.com/archives/44955811.html
コメント欄から転載。

134.名無しさん:2015年07月31日 22:45 ID:rVtSO3D10
▼このコメントに返信
国家が破綻・分裂という意味での崩壊は現実味は薄いが、中国マンセーが終わり新バランスが始まるという意味での中国崩壊はもはや現実にありうる問題になったのはもはや否定できんだろ。
共産主義の盟主を唱っていたソ連も崩壊しないと言われていたのにバルト三国やチェチェンで崩壊した。中国もチベットを抱えている
中国が吹き飛んだら日本は片腕吹き飛ぶくらいのダメージを受ける。が、ドイツや韓国(もしかしたら北朝鮮も)、オーストラリア辺りは四肢ぶったぎられる。
まぁドイツとEUはなんだかんだ言ってユーロで生き残りそうだが

爆買いが無くなる?元々爆買いがなくても日本は回ってたし、そもそもバブル崩壊で日本は国が分裂したり経済が破綻してましたかと

136.名無しさん:2015年07月31日 23:19 ID:RDupaWTx0
▼このコメントに返信
※134

中国人には日本のこれまでの製品で充分売れる
逆に言えば、楽な商売に時間を費やしてステップアップを怠ることなりかねない

企業も将来どうするのか本当に考えたほうがいい
26名無しさん@おーぷん :2015/08/04(火)20:26:50 ID:WDz
【サヨク絶叫】自民党支持率上昇wwwwwwwww一人勝ち状態wwwwwwwwwwwww|保守速報
http://hosyusokuhou.jp/archives/44995599.html



安保法制について中身の議論を避けてきた結果。
言わんこっちゃない。
27名無しさん@おーぷん :2015/08/13(木)11:11:07 ID:mvw
首相、総裁選出馬を事実上表明 「18年まで頑張る」
http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015081201001848.html

このタイミングで続投発言。
安保法制=中国情勢 と何か深い関係が?
28名無しさん@おーぷん :2015/09/17(木)23:31:38 ID:WN1
結局、全く議論が深まることなく通っちゃったな
29名無しさん@おーぷん :2015/09/18(金)00:19:34 ID:iGN
安保法案成立「支持」…北岡伸一・国際大学長

北岡伸一・国際大学長と岩井奉信・日大教授は17日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、安全保障関連法案について議論した。
 北岡氏は「法案は日本の安全保障上、必要最小限(の内容)だと思うので成立は支持している」と強調した上で、安倍首相らの国会答弁について「説明の仕方とか論理は、いささか物足りない」と指摘した。
岩井氏は「本来は具体的な話を議論すべきだったが、『違憲か』『違憲じゃないか』という神学論争みたいになってしまった」と語った。
http://news.so-net.ne.jp/article/abstract/1149453/
30名無しさん@おーぷん :2015/10/05(月)10:14:22 ID:N5Z
安保法制は「建て付けの悪い家の改築」 それを知ってか知らずか野党が仕掛けた議論は実にお粗末だった…
http://www.sankei.com/premium/news/151004/prm1510040001-n2.html
> 安保法成立により、日本の安全保障体制は強化された。
>しかし、憲法を改正し、土台から作り直さないといけない時期はいずれやってくる。
>憲法改正につながるような本質的な議論が国会で行われなかったことは残念でならない。
31名無しさん@おーぷん :2015/10/06(火)05:39:20 ID:3cG
安保のどさくさ紛れに憲法壊されるよりマシだった、今回ので正解
32名無しさん@おーぷん :2015/11/01(日)11:09:00 ID:ppo
さてそろそろあげ
33名無しさん@おーぷん :2015/11/02(月)00:25:33 ID:HKc
【ゲンダイ】憲法学者・小林節「安保法案は軍隊保有・交戦権を禁じた憲法9条に反し国民の多数も不満」「中国が脅威と言うが日米安保と憲法9条で対処できる程度の物」[10/31]
http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1446267345/
憲法学者「安保法案は憲法違反」←わかる
憲法学者「国民の多数も不満」←主観にすぎるが、まだわかる
憲法学者「中国の脅威は憲法9条で対処できる」←え?
憲法学者「自衛隊と日米安保で対処できる」←軍事専門家「」

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





中国崩壊後の問題点を論じるスレ
CRITEO