携帯で見る

(´∀`)まだまだバナー募集中
 バナー一覧

科学ニュース+@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴
2018/1/1 あけおめことよろ

設定
レス順 | 作成順   
1: 【技術】原子時計をスマホに搭載可能な大きさに小型化―NICT[H30/01/23] (1) 2: 【不正】京大iPS細胞研究所の論文に捏造・改竄の不正、22日17:30から会見[H30/01/22] (1) 3: 【天文】イプシロンロケット3号機「高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)」打ち上げ成功[H30/01/18] (6) 4: 【技術】浮遊する人口蛍[18/01/16] (3) 5: 【生物/博物学】100年ぶり桜の新種発見か…形異なり早い開花[18/01/11] (5) 6: 【宇宙/重力】「伸び過ぎ」身長が3週間で9cm増加->実は2cm[18/01/10] (2) 7: 【DNA】蚊が知っていた。血液から犯人特定へ?[18/01/04] (2) 8: 【科学・IT】日本の深海ロボ、頂に挑む…国際レース予選出場[18/01/05] (3) 9: 【AI】人工知能を「正しい道」へと導くのは誰か──学会で語られたAIの倫理への懸念[18/01/15] (6) 10:【医学】血糖値に応じてインスリン放出する新素材 名大など開発[17/12/31] (5) 11:【化学】2017年10大化学ニュース[18/01/02] (6) 12:【疾病】米国で流行した「ネコインフルエンザ」、ヒトにも感染の可能性 東大の研究グループ[17/12/29] (2) 13:【医療・疾病】「ゲーム障害」を精神衛生疾患に分類、wHO草案[17/12/28] (5) 14:【素材】高速で亀裂を自己治癒するセラミックス[17/12/21] (4) 15:【医療/倫理】遺伝子改変した受精卵、胎内に戻すことは認めず[17/12/20] (2) 16:【AI】AIが人間と対話し「未知の単語」学ぶ…[17/12/23] (1) 17:【天文】「しきさい」「つばめ」H-ⅡA37号機で打ち上げ成功[H29/12/23] (6) 18:【宇宙】正確な気候変動予測目指し「しきさい」打ち上げへ[17/12/22] (2) 19:【医療】尿に含まれるマイクロRNA検査でがんを発見[17/12/21] (1) 20:【医療・研究】米政府、致死性ウイルスの製造を解禁[17/12/20] (5) 21:【話題】東京・池袋発の手作り望遠鏡が、1500万キロメートルのかなたから地球の水素コロナを撮った[17/12/19] (4) 22:【宇宙】月面探査車がインドへ出発 国際コンテスト参加、来年打ち上げ[1712/19] (6) 23:【気象】紫外線の「強さ」、1時間おきに公表へ…気象庁[17/12/18] (9) 24:【医療】骨折治療に「本人の骨から作成」のネジ。異物反応少なく[17/12/17] (4) 25:【宇宙・開発】 ロケット・宇宙船の再利用に初成功 【動画在り】 (5) 26:【宇宙】 8惑星持つ恒星系、AIで発見太陽系と並び最多 【動画在り】 (5) 27:【機械工学】クモヒトデに学べ。故障アクシデントに強い、動き続けるロボット[17/12/13] (2) 28:【古生物・新種】 「怪物」サイズのペンギン (12) 29:【素粒子】負のミューオン生成の新たな方法。高レベル放射性廃棄物処理への応用に期待[17/12/12] (4) 30:【AI】 AIからゴッホが生まれる日 (1) 31:【宇宙開発】トランプ大統領が月面基地建設を指示 (4) 32:【環境】イトミミズで汚泥減量、処理費用削減へ実験中[17/12/10] (2) 33:【行動学】熟練したカラスは、道具作りへの拘りが小さくなる[17/12/08] (5) 34:【環境】自然界の美声を集めたスクラップブック:仙台[17/12/05] (4) 35:【天文】月の南極で水探し―JAXA平成34年度に[H29/12/06] (3) 36:【環境】北極海公海での漁業を当面中止、日本など10の国・地域が合意[17/12/02] (2) 37:【生物】物証の精査により、ついにイエティ(雪男)の正体を同定?[17/11/29] (3) 38:【技術】リチウム電池の「致命的な欠点」克服へ? 発火しにくい電解液開発[17/11/28] (2) 39:【話題】日本のロケット研究発祥の地、西千葉駅に記念碑[17/11/25] (4) 40:【病理】インフル薬服用後の飛び降り防止、施錠呼びかけ[17/11/25] (3) 41:砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査 (8) 42:【動物行動学】コオロギは音で空気を読む[17/11/21] (1) 43:【情報処理】量子ニューラルネットワークをクラウド上で体験[17/11/20] (4) 44:【医療】人類初の頭部移植に成功―ハルビン医科大学[H29/11/18] (9) 45:【生態学】「元気すぎる」個体は病気の拡散に貢献している? 魚の世界でも[17/11/17] (3) 46:【地質学】「チバニアン」内定 約77万年前~12万6千年前の期間を表わす語として[17/11/14] (5) 47:【医療】血液がんの細胞だけを標的とする新免疫療法を開発[17/11/09] (3) 48:【情報処理】量子コンピュータのデバッグを高速化[17/11/07] (2) 49:【生物】哺乳類と昆虫共通の脳を持つ祖先が存在か [H29/11/4] (5) 50:【情報処理】サイバースーツを着込んだサイバードッグ????[17/11/01] (5) 51:【脳科学/宇宙】長期滞在宇宙飛行士の脳に、異変あり[17/11/02] (3) 52:【地学】いつまでも あるとおもうな うみのみず[17/11/01] (4) 53:【天文】正体不明の「暗黒物質」、予算獲得ができず国内観測終了へ[H29/10/29] (10) 54:【天文】謎の天体が太陽系を通過中、外から飛来なら観測史上初[17/10/28] (19) 55:【人類学】どこから? イースター島に眠る古代人遺骨、南米とのDNA上の接点なし[17/10/26] (5) 56:【考古学】サウジの砂漠に石を用いた謎の構造物400個、衛星画像で確認 [H29/10/25] (6) 57:【物理】キログラム原器引退へ?[17/10/24] (1) 58:【脳科学】障壁を突破せよ。血中から脳内に薬剤配送可能なナノマシン開発[17/10/19] (5) 59:【物理/物性】スピンが偏った超伝導状態の検証に成功[17/10/17] (2) 60:【天文】月の地下に巨大な空洞を発見[H29/10/18] (1) 61:【技術】グラデーション変化する調光ガラスの開発に成功[17/10/17] (2) 62:【環境/生物】南極のアデリーペンギン、ひな大量餓死生き残りは2羽のみ[17/10/13] (4) 63:【生物】「流氷の天使」クリオネの新種見つかる 富山湾、日本海固有種の可能性[17/10/12] (2) 64:【通信】SpaceX、イリジウムNEXT衛星10基の軌道投入に成功[H29/10/10] (1) 65:【天文】「みちびき4号機」H-ⅡA36号機打ち上げ成功[H29/10/10] (7) 66:【生物/系統学】ネアンデルタール人のゲノム解析で、近親交配の形跡なしの個体を確認[17/10/06] (4) 67:【化学】ノーベル化学賞欧米の研究者3名に[H29/10/04] (2) 68:【情報科学/シミュレーション】「ゴジラ・エルニーニョ」の最期が再現された[17/09/28] (3) 69:【物理】ノーベル物理学賞「重力波」初観測米研究者3名に[H29/10/03] (6) 70:【神経科学】脳神経細胞の分裂抑制の仕組みを解明[17/09/19] (2) 71:【医療/薬学】脂肪を溶かす貼り薬、米研究者らがマウス実験で開発人間に応用可の期待[17/09/18] (3) 72:【生物】「性器の大発見」生物学賞 日本人にイグ・ノーベル賞[17/09/15] (3) 73:【地学】関東南部の巨大地震「元禄型」 2300年に一度から500年に一度の頻度へ 千葉の地盤隆起から推測 [H29/9/4] (2) 74:【情報科学/天文】限られた観測から金星大気のすべてを知る方法[17/09/04] (2) 75:【技術/エネルギー】日本原燃、ウラン製造を一時停止[17/09/02] (1) 76:【医学】破損した神経回路の修復[17/08/22] (2) 77:【医学】がん13種類を「血液1滴で診断できる」検査法を開発 負担が少なく早期発見[17/08/20] (1) 78:【天文】「みちびき3号機」H-ⅡA35号機打ち上げ成功[H29/08/19] (9) 79:【化学】ウイスキーに水を数滴垂らすとおいしくなる理由[17/08/18] (8) 80:【電子工学】1巻330TB実現する磁気テープ技術、ソニーとIBMが開発[17/08/03] (4) 81:【物性】熱伝導の波動性を用いた熱伝導制御[17/08/05] (3) 82:【生物】グーグルが2000万匹もの蚊を放出 ジカ熱などの根絶実験始まる [H29/8/12] (2) 83:【医療】ゴカイ(釣り餌)の血液が、ヒトを救うかも[17/08/07] (6) 84:【化学】3種の金属を1ナノメートルの粒子に合金化[17/07/27] (2) 85:【物性/技術】可動部を持たない熱発電技術の新たな道[17/07/25] (4) 86:【宇宙】彼方からの謎の信号? 正体見たり…[17/07/22] (1) 87:【生物】岩からエネルギー?謎の微生物=初期生命の手掛かりに-海洋機構など H29/7/21 (2) 88:【情報処理】着衣型モーションキャプチャー「スマートアパレルe-skin」個人向け提供開始[17/07/19] (2) 89:【英国】ロンドン市長、トランプ氏の公式訪問に難色[17/07/18] (2) 90:【医療/技術】皮膚呼吸可能なナノメッシュセンサー開発。1週間貼ったままでも炎症確認出来ず[17/07/18] (4) 91:【生物】2000万年前のキノコが復活 青森県八戸沖の海底下で採取 H29/7/17 (12) 92:【論理学】ブーリアンネットワークの平均固定点数値は1となる[17/07/13] (2) 93:【医学】wHO、タミフル格下げ 必須医薬品リスト[2017/7/9] (6) 94:【物理/技術】磁石の中の量子(マグノン)を数える[17/07/06] (2) 95:【医学】小腸に人工膜、肥満症「夢の治療」共同研究へ H29/7/9 (4) 96:【遺伝学/動物行動学】人になつく動物の遺伝子領域を解明[17/07/06] (4) 97:【環境/エネ】直接アンモニア燃料電池での、1kWクラス安定発電に成功[17/07/03] (1) 98:【物理/技術】カーボンナノチューブを応用した、電磁波を99.9%遮蔽可能な塗料を開発[17/06/27] (4) 99:【環境】火力発電所(水島発電所2号機)において、アンモニア混焼試験計画[17/06/29] (4) 100:【物性】次世代全固体電池実現への一歩。高イオン伝導度を示すガラス固体の状態を精査[17/06/23] (1)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:1】【技術】原子時計をスマホに搭載可能な大きさに小型化―NICT [H30/01/23]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/01/24(水)00:35:12 ID:LdN
情報通信研究機構(NICT)は23日、原子時計をスマートフォンに搭載できるくらいの
超小型システムにできたと発表した。
この技術では、従来は必要だった水晶発振器や周波数逓倍回路は一切使用せず、
圧電薄膜の厚み縦振動を利用したとしている。
安定した周波数を得て、これによって正確な時を刻むことができるとしている。

今後は、更なる簡略化や省略化、低消費電力化を平成31年を目処に研究するとし、
実用化を目指すとしている。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース

NICT-情報通信研究機構 プレスリリース 2018年1月23日
原子時計をスマートフォンに搭載できるくらいの超小型システムへ
~圧電薄膜の機械振動を利用し、チップ化に向けて大きく前進~
https://www.nict.go.jp/press/2018/01/23-1.html



名前: mail:

【2:1】【不正】京大iPS細胞研究所の論文に捏造・改竄の不正、22日17:30から会見 [H30/01/22]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/01/22(月)17:28:17 ID:mmL
京大は、京大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)の特定拠点助教が発表した
論文の図に捏造や改竄など研究不正があったと発表した。京大は、
山中所長や副学長が22日午後5時30分から会見し、調査結果を発表する。

京大によると、この助教の論文の信頼性について疑義の情報が寄せられ、
同研究所相談室でグラフの再構成を試みたが再現できなかったという。
調査した結果、捏造や改竄が認められたとし、論文については、既に
撤回を出版社に申請しているという。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース

朝日新聞 2018年1月22日16時54分
京大iPS研助教、論文で捏造・改ざん 調査結果発表へ
https://www.asahi.com/articles/ASL1Q5CHKL1QPLBJ004.html



名前: mail:

【3:6】【天文】イプシロンロケット3号機「高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)」打ち上げ成功 [H30/01/18]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/01/18(木)07:06:43 ID:j6E
18日6時6分11秒、JAXAの内之浦宇宙空間観測所M台地よりイプシロン
ロケット3号機が方位角121度で打ち上げられた。
発射より約52分後、高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)が予定の軌道に
投入され、打ち上げは成功した。

今回の特徴は、打ち上げる衛星ASNARO-2がJAXAのものではなく民間の
商業衛星であること、科学衛星ではなく地球観測衛星であること、
などがある。

イプシロンロケットは3段式固体燃料ロケットだが、今回の衛星は
投入軌道に精度が求められるため、4段目として小型液体推進系PBS
と呼ばれる液体燃料ロケットも使用されている。


詳細はソースをご覧下さい


ソース

NHK 1月18日 7時01分
イプシロン3号機 打ち上げ成功
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180118/k10011292981000.html



2ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/01/18(木)12:40:33 ID:iUZ
おめでとう

3名無しさん@おーぷん:2018/01/18(木)16:39:37 ID:Enb
早朝の打ち上げで、何やら良い風景になったようですな
おめでとうございます

4名無しさん@おーぷん:2018/01/18(木)18:04:48 ID:n1Z
これを切っ掛けに人工衛星打ち上げの委託増えるといいね

5ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/01/18(木)20:00:36 ID:j6E
ちなみに今回打ち上げられたASNARO-2ですが、既知の範囲ではベトナムに2台、打ち上げ込みで売れてます。
LOTUSat-1、LOTUSat-2って名前が付いていて、いずれもイプシロンロケットで打ち上げ予定です。

この調子でどんどん衛星もロケットも売れて、打ち上げをたくさん見せて楽しませてくれるといいですねー

6名無しさん@おーぷん:2018/01/19(金)18:32:27 ID:2yR
>>3
イプシロン雲か

名前: mail:

【4:3】【技術】浮遊する人口蛍[18/01/16]
1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/01/17(水)12:53:24 ID:NM0
人工ホタルで作る立体ディスプレー
Science Portal 2018年1月16日
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/01/20180116_01.html


 初夏を告げるホタルの舞は、なんとも幻想的で美しい。
宮城県の蔵王の麓で見たヘイケボタルの乱舞。
あちらこちらにほのかな光跡を残していた東京・多摩地区のヘイケボタル。
富山県の川のほとりを飛んでいたゲンジボタルは、驚くほど強くはっきりした光を放っていた。

 彼らはもちろん、ほかの昆虫と同様に羽という動力装置を持っているわけだし、
体内のルシフェリンという物質を分解して光を出しているので、発光のための重い装置もいらない。
小さくても、光りながら宙を移動できる。自然の妙だ。これを人工的に作るのは、とても難しい。
たとえば電池を内蔵させようとすると、とたんに重くなって飛ばなくなる。
それを世界で初めて作ったのが、東京大学修士課程学生の宇野祐輝(うの ゆうき)さんらの研究グループだ。
大きさがわずか4ミリメートル、重さ60分の1グラムの人工ホタルを宙に浮かせることに成功したのだ。
名付けて「ルシオラ」。ゲンジボタルの学名だ。

 研究グループの高宮真(たかみや まこと)・東大准教授によると、
このルシオラで狙っているのは3次元の立体的なディスプレー。
ルシオラをたくさん浮かせてクマのぬいぐるみの形を作り、
それが一瞬でネコに変身するような立体ディスプレーを目指したいのだという。

ルシオラの誕生に必要な技術は、「浮かせる」「エネルギーを送る」「軽量化する」の三つだ。

(後略)


※全文を確認するには、上記配信元サイトでどうぞ。



2ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/01/18(木)04:20:35 ID:iUZ
>>1
ふと気付けば、スレタイ誤変換

正しくはもちろん
人工蛍

3名無しさん@おーぷん:2018/01/19(金)18:33:20 ID:2yR
修士が

名前: mail:

【5:5】【生物/博物学】100年ぶり桜の新種発見か…形異なり早い開花[18/01/11]
1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/01/12(金)11:22:21 ID:Ds7
YOMIURI ONLINE 2018年01月11日 15時56分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20180110-OYT1T50053.html


 紀伊半島南部で発見された野生の桜が、約100年ぶりの新種ではないかと注目されている。

 全国で桜を調査している森林総合研究所(茨城県つくば市)のサクラ保全チーム長・勝木俊雄さん(50)が、
従来の桜と比べて葉が小さく、花のピンク色がはっきりとしている特徴を確認。
分布地域から名を取り、「クマノザクラ」として新種に認められることを目指している。
8日には、和歌山市内でシンポジウムを開き、これまでの研究成果を発表した。

 野生の桜は9種類あるとされており、和歌山県内には、主にヤマザクラとカスミザクラが自生している。
約10年前、勝木さんがヤマザクラの変異を調べる中で、「紀伊半島に変わった種がある」との話を耳にし、
2016年3月に那智勝浦町で調査を実施。
「葉の大きさや花の色が、ヤマザクラともカスミザクラとも異なる桜が存在する」と確認できた。

(後略)


※全文及び写真の確認は、上記配信元サイトでどうぞ。



2名無しさん@おーぷん:2018/01/12(金)18:12:08 ID:PXS
日本国内でもまだ新種発見があるんだから面白いもんだね
完全に新種となればソメイヨシノの代替種作るのにも役立ったりするのかな

3忍法帖【Lv=0,作成中..】:2018/01/13(土)01:40:27 ID:7Mm
あ、またあの国が起源を主張するぞ

4名無しさん@おーぷん:2018/01/13(土)08:45:18 ID:0EC
花びらでかい

5名無しさん@おーぷん:2018/01/13(土)08:47:58 ID:xmW
確かに他の桜とは違う花の形ですな

名前: mail:

【6:2】【宇宙/重力】「伸び過ぎ」身長が3週間で9cm増加->実は2cm[18/01/10]
1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/01/10(水)18:26:15 ID:W0a
「宇宙で9cm背が伸びた」…実は2cmでした
YOMIURI ONLINE 2018年01月10日 12時50分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20180110-OYT1T50056.html

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の
宇宙飛行士・金井宣茂さん(41)が自身のツイッターを更新し、
約3週間の宇宙生活で身長が2センチ伸びたと報告した。

 いったんは「9センチ伸びた」としたが、その後訂正した。

(後略)


※全文を確認するには、上記配信元サイトでどうぞ。



2名無しさん@おーぷん:2018/01/10(水)19:15:17 ID:Hdz
7センチ差はどこから出てきたんだ…

名前: mail:

【7:2】【DNA】蚊が知っていた。血液から犯人特定へ?[18/01/04]
1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/01/08(月)23:38:22 ID:QEx
犯人捜しは蚊が手がかり?吸った血でDNA鑑定
YOMIURI ONLINE 2018年01月04日 10時00分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20180104-OYT1T50018.html

 蚊が吸った人の血液からDNAを抽出・鑑定することで、
吸血から2日後まで個人の特定が可能だとする論文をまとめ、
愛知県警科学捜査研究所の広重優二主任研究員(37)が
名古屋大学から医学博士の学位を取得した。

 屋内の事件現場で犯人の血液を吸っていれば
解決の有力な手がかりになる可能性があり、
県警幹部は「今後、現場で見つかった蚊の死骸の採取を検討する」と話している。

(後略)


※続きは上記配信元サイトで。なお、会員記事につき全文の確認はサイトへの登録が必要です。



2名無しさん@おーぷん:2018/01/11(木)19:12:04 ID:G65
死骸でもOKなのか
凄いな

名前: mail:

【8:3】【科学・IT】日本の深海ロボ、頂に挑む…国際レース予選出場[18/01/05]
1F4.Hx5ZoNW.L:2018/01/05(金)16:39:54 ID:y82
日本の深海ロボ、頂に挑む…国際レース予選出場
2018年01月05日 07時36分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20180104-OYT1T50081.html?from=ytop_ylist

記事前文抜粋

無人ロボットで精密な海底地図を作る国際レースに、
海洋研究開発機構など日本の産学官共同チーム
「Team KUROSHIO(チームクロシオ)」が挑む。

予選は今月下旬、性能やサイズを審査する方式で行われ、
突破すれば今年10月、実際の深海が舞台の本選に進出する。

全文は上記URLで

Twitterは以下のリンク
Team KUROSHIO @team_kuroshio
https://twitter.com/team_kuroshio

以下は過去の関連記事

水深4,000m級の海底探査レース“Shell Ocean Discovery XPRIZE”に参画 
産学官連携チーム「Team KUROSHIO」へ技術者を派遣
YAMAHA発動機・2017年5月10日発表
https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2017/0510/xprize.html

海底の地形調査、国際競技会に挑戦 東大などのチーム
NIKKEI・2017/2/19 21:01
https://www.nikkei.com/article/DGXLASGG18H10_Z10C17A2TJM000/



2名無しさん@おーぷん:2018/01/05(金)18:43:36 ID:dxp
そんなレースがあったのね
月面探査レースといい海底探査レースといい夢が広がる

3名無しさん@おーぷん:2018/01/13(土)08:56:35 ID:0EC
底に挑むんじゃないのか

名前: mail:

【9:6】【AI】人工知能を「正しい道」へと導くのは誰か──学会で語られたAIの倫理への懸念[18/01/15]
1F4.Hx5ZoNW.L:2018/01/05(金)02:34:51 ID:uJT
人工知能を「正しい道」へと導くのは誰か──学会で語られたAIの倫理への懸念
WIRED・2018.01.04 THU 16:00
https://wired.jp/2018/01/04/ai-seeks-an-ethical-conscience/

記事前文抜粋

12月上旬に開かれた人工知能(AI)の学会で語られたのは、進化するAIへの懸念だった。
AIがブラックボックス化したまま高度化して医療などに適用されるようになったとき、
誰がその判断の正当性を判断できるのか?
研究者たちを悩ませるAIの倫理的問題、そしてその考えうる解決策とは。

全文は上記URLで



2F4.Hx5ZoNW.L:2018/01/05(金)02:37:13 ID:uJT
>>1
スレタイの日付間違えました
[18/01/15]×
[18/01/05]〇
申し訳ありませんでしたm(__)m

3ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/01/05(金)19:42:17 ID:ghq
試行錯誤を許容するということは、
正解が固定されてない
ということなのですけどね

「間違い/不都合」も次に生かせば無駄ではない
「間違い」を単純に切り捨てると
同じ問題で何度も繰り返しループをし続ける…


ここから雑談
どっかで書こうと思いながら、忘れてた記事を紹介


いつも未来に驚かされていたい:『WIRED』日本版プリント版刊行休止に関するお知らせ
WIRED.jp 2017.12.22 FRI 16:55
https://wired.jp/2017/12/22/oshirase/

4名無しさん@おーぷん:2018/01/05(金)20:54:14 ID:VUS
少なくとも役人が導くのはだめ

5名無しさん@おーぷん:2018/01/09(火)15:01:08 ID:I23
そもそも正しい道を知ってる人間がいない

6名無しさん@おーぷん:2018/01/15(月)17:12:19 ID:X0E
山積みの問題を抱え、未来が危うい人類の「正当性」とは?

名前: mail:

【10:5】【医学】血糖値に応じてインスリン放出する新素材 名大など開発[17/12/31]
1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2018/01/02(火)12:30:11 ID:ocb
血糖値に応じてインスリン放出する新素材 名大など開発

名古屋大学と東京医科歯科大の研究チームは、血糖値に応じて自動的にインスリンを出せる
新素材を開発した。実用化すれば、患者の皮膚に貼るだけで糖尿病治療ができるようになり、
5年後にヒトでの臨床研究を目指すという。

研究成果が米科学誌「サイエンス・アドバンシズ」(電子版)に掲載された。

糖尿病は血糖値を下げるインスリンを膵臓(すいぞう)で作り出せなかったり、インスリンの
効きが悪くなったりする。治療で患者が自分でインスリンを注射する場合、指先で血糖値をはかり、
1日に4回程度の注射が必要になるなど手間がかかる。

研究チームは、フェニルボロン酸という有機化合物を高分子のゲルに組み込んだ新素材を開発。
このゲルは、周囲のブドウ糖濃度が低い時には薄い膜のような構造に覆われているが、濃度が
高くなると、1秒以内に分子構造が変化し、膜のような構造が無くなる。ブドウ糖濃度が低く
なればまた元に戻る。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
https://www.asahi.com/articles/ASKDW64NXKDWOIPE017.html

朝日新聞デジタル 月舘彩子 2017年12月31日21時00分

【関連記事?】
Synthetic “smart gel” provides glucose-responsive insulin delivery in diabetic mice
http://advances.sciencemag.org/content/3/11/eaaq0723.full?intcmp=trendmd-adv



2名無しさん@おーぷん:2018/01/02(火)12:40:43 ID:B6S
注射の替わりになるなら
有り難いこと

3名無しさん@おーぷん:2018/01/02(火)23:50:30 ID:1gj
おぉ~
針無し注射器はまだ実用化は先らしいし
これはインスリン治療が必要な患者さんにとって朗報ですなぁ

4名無しさん@おーぷん:2018/01/03(水)11:31:55 ID:M2O
患者さんに朗報じゃん。

5名無しさん@おーぷん:2018/01/03(水)13:36:44 ID:twY
この技術が導入成功すれば糖尿病界隈では革命なんだろうな
ヒトでの臨床研究が5年後を目標ってことだから実用化はずっと先だろうけど

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net