open2ch.net
携帯で見る

(´∀`)まだまだバナー募集中
 バナー一覧

科学ニュース+@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
テスト投稿は野原板でやってね。
板一覧 | ヘッドラインランキング履歴 
2019/1/23 😎【修正】お絵描き機能のバグ色々修正
 

      設定
   
1: 【インフルエンザ】インフルエンザ脳症で小4男児死亡―長野 [H31/01/22] (1) 2: 【宇宙】イプシロン4号機、最大の衛星 軌道投入成功 [H31/01/18] (7) 3: 【酵素】脳内酵素が個人の性格・気質と関連する―理化学研究所 [H31/01/15] (3) 4: 【医療】動物での人間の臓器作製解禁へ―政府方針 [H30/10/26] (4) 5: れいあーーーー (2) 6: 【天文】「こうのとり」7号機、H-ⅡB 7号機で打ち上げ成功 [H30/09/23] (2) 7: 【生物】7500メートルの深海で新種の魚を発見―アタカマ海溝 [H30/09/15] (3) 8: 【生物】光が好きなはずの植物プランクトンが、光が少ないと増えるという不思議[18/07/11] (2) 9: 【医学】サイコパスは「うそをつく」意志決定が速い 京大などがMRIで実証[18/07/20] (5) 10:【天文】小惑星リュウグウ、天体の破片が集まってできた可能性 「はやぶさ2」チーム、探査状況を発表[18/07/20] (2) 11:【天文】探査機「はやぶさ2」、小惑星「リュウグウ」に到着 [H30/06/27] (6) 12:【軍事】「情報収集衛星レーダ6号機」H-ⅡA 39号機 打ち上げ成功 [H30/06/12] (2) 13:【医療】脱毛症の治療技術を開発、理化学研究所 [H30/06/04] (2) 14:【生物学】コウモリの超音波、周波数変えて混信回避[18/05/07] (4) 15:【生物学】食べないで…マウス、ラットの性フェロモン感知し防御[18/03/31] (2) 16:とある発見おしたのですが伝える術がありません (4) 17:【生物/生殖/畜産】「泳ぎ方」に依って精子を選別すると、受胎の確率が上がる[18/03/20] (2) 18:【電子工学】宙舞うLED 東大が開発、空中ディスプレーへ応用も[18/03/05] (2) 19:【生物学】メガマウスザメ解剖、体内から卵の殻を採取[18/02/27] (3) 20:【軍事】H-ⅡAロケット38号機「情報収集衛星 光学6号機」打ち上げ成功 [H30/02/27] (1) 21:【地球科学】草津白根山、噴火繰り返されていた? 過去の痕跡を発見[18/02/25] (2) 22:【生物学】血管つくる幹細胞を発見 大阪大、マウス実験で再生確認[18/02/09] (1) 23:【生物学】ウーパールーパーのゲノム、ヒトの10倍超 解読に成功[18/02/07] (2) 24:【生物】魅力発信、推しはどのこ? 静岡でゴキブリ展[18/02/06] (3) 25:【空間情報工学】中国、電磁環境モニター試験衛星「張衡1号」の打ち上げに成功[18/02/03] (4) 26:【天文】SS-520 5号機打ち上げ成功 [H30/02/03] (2) 27:【生態系】「ヨシ」守るために燃やす…生態系の維持に良し[18/01/29] (2) 28:【気象/情報】赤外線情報をプラスしたら、台風予測の精度がアップする?[18/01/25] (1) 29:【環境学】琵琶湖産オイカワ 木曽三川に広がる[18/01/25] (2) 30:【技術】原子時計をスマホに搭載可能な大きさに小型化―NICT [H30/01/23] (7) 31:【不正】京大iPS細胞研究所の論文に捏造・改竄の不正、22日17:30から会見 [H30/01/22] (5) 32:【天文】イプシロンロケット3号機「高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)」打ち上げ成功 [H30/01/18] (6) 33:【技術】浮遊する人口蛍[18/01/16] (4) 34:【生物/博物学】100年ぶり桜の新種発見か…形異なり早い開花[18/01/11] (5) 35:【宇宙/重力】「伸び過ぎ」身長が3週間で9cm増加->実は2cm[18/01/10] (2) 36:【DNA】蚊が知っていた。血液から犯人特定へ?[18/01/04] (2) 37:【科学・IT】日本の深海ロボ、頂に挑む…国際レース予選出場[18/01/05] (5) 38:【AI】人工知能を「正しい道」へと導くのは誰か──学会で語られたAIの倫理への懸念[18/01/15] (7) 39:【医学】血糖値に応じてインスリン放出する新素材 名大など開発[17/12/31] (5) 40:【化学】2017年10大化学ニュース[18/01/02] (6) 41:【疾病】米国で流行した「ネコインフルエンザ」、ヒトにも感染の可能性 東大の研究グループ[17/12/29] (2) 42:【医療・疾病】「ゲーム障害」を精神衛生疾患に分類、wHO草案[17/12/28] (6) 43:【素材】高速で亀裂を自己治癒するセラミックス[17/12/21] (4) 44:【医療/倫理】遺伝子改変した受精卵、胎内に戻すことは認めず[17/12/20] (2) 45:【AI】AIが人間と対話し「未知の単語」学ぶ…[17/12/23] (1) 46:【天文】「しきさい」「つばめ」H-ⅡA 37号機で打ち上げ成功 [H29/12/23] (6) 47:【宇宙】正確な気候変動予測目指し「しきさい」打ち上げへ[17/12/22] (2) 48:【医療】尿に含まれるマイクロRNA検査でがんを発見[17/12/21] (1) 49:【医療・研究】米政府、致死性ウイルスの製造を解禁[17/12/20] (5) 50:【話題】東京・池袋発の手作り望遠鏡が、1500万キロメートルのかなたから地球の水素コロナを撮った[17/12/19] (4) 51:【宇宙】月面探査車がインドへ出発 国際コンテスト参加、来年打ち上げ[1712/19] (6) 52:【気象】紫外線の「強さ」、1時間おきに公表へ…気象庁[17/12/18] (9) 53:【医療】骨折治療に「本人の骨から作成」のネジ。異物反応少なく[17/12/17] (4) 54:【宇宙・開発】 ロケット・宇宙船の再利用に初成功 【動画在り】 (5) 55:【宇宙】 8惑星持つ恒星系、AIで発見 太陽系と並び最多 【動画在り】 (5) 56:【機械工学】クモヒトデに学べ。故障アクシデントに強い、動き続けるロボット[17/12/13] (2) 57:【古生物・新種】 「怪物」サイズのペンギン (12) 58:【素粒子】負のミューオン生成の新たな方法。高レベル放射性廃棄物処理への応用に期待[17/12/12] (4) 59:【AI】 AIからゴッホが生まれる日 (1) 60:【宇宙開発】トランプ大統領が月面基地建設を指示 (4) 61:【環境】イトミミズで汚泥減量、処理費用削減へ実験中[17/12/10] (3) 62:【行動学】熟練したカラスは、道具作りへの拘りが小さくなる[17/12/08] (5) 63:【環境】自然界の美声を集めたスクラップブック:仙台[17/12/05] (4) 64:【天文】月の南極で水探し―JAXA 平成34年度に [H29/12/06] (3) 65:【環境】北極海公海での漁業を当面中止、日本など10の国・地域が合意[17/12/02] (2) 66:【生物】物証の精査により、ついにイエティ(雪男)の正体を同定?[17/11/29] (3) 67:【技術】リチウム電池の「致命的な欠点」克服へ? 発火しにくい電解液開発[17/11/28] (2) 68:【話題】日本のロケット研究発祥の地、西千葉駅に記念碑[17/11/25] (4) 69:【病理】インフル薬服用後の飛び降り防止、施錠呼びかけ[17/11/25] (3) 70:砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査 (8) 71:【動物行動学】コオロギは音で空気を読む[17/11/21] (1) 72:【情報処理】量子ニューラルネットワークをクラウド上で体験[17/11/20] (4) 73:【医療】人類初の頭部移植に成功―ハルビン医科大学 [H29/11/18] (9) 74:【生態学】「元気すぎる」個体は病気の拡散に貢献している? 魚の世界でも[17/11/17] (3) 75:【地質学】「チバニアン」内定 約77万年前~12万6千年前の期間を表わす語として[17/11/14] (7) 76:【医療】血液がんの細胞だけを標的とする新免疫療法を開発[17/11/09] (3) 77:【情報処理】量子コンピュータのデバッグを高速化[17/11/07] (2) 78:【生物】哺乳類と昆虫 共通の脳を持つ祖先が存在か [H29/11/4] (5) 79:【情報処理】サイバースーツを着込んだサイバードッグ????[17/11/01] (5) 80:【脳科学/宇宙】長期滞在宇宙飛行士の脳に、異変あり[17/11/02] (3) 81:【地学】いつまでも あるとおもうな うみのみず[17/11/01] (4) 82:【天文】正体不明の「暗黒物質」、予算獲得ができず国内観測終了へ [H29/10/29] (11) 83:【天文】謎の天体が太陽系を通過中、外から飛来なら観測史上初[17/10/28] (20) 84:【人類学】どこから? イースター島に眠る古代人遺骨、南米とのDNA上の接点なし[17/10/26] (5) 85:【考古学】サウジの砂漠に石を用いた謎の構造物400個、衛星画像で確認 [H29/10/25] (6) 86:【物理】キログラム原器引退へ?[17/10/24] (1) 87:【脳科学】障壁を突破せよ。血中から脳内に薬剤配送可能なナノマシン開発[17/10/19] (5) 88:【物理/物性】 スピンが偏った超伝導状態の検証に成功[17/10/17] (2) 89:【天文】月の地下に巨大な空洞を発見 [H29/10/18] (1) 90:【技術】グラデーション変化する調光ガラスの開発に成功[17/10/17] (2) 91:【環境/生物】南極のアデリーペンギン、ひな大量餓死 生き残りは2羽のみ[17/10/13] (4) 92:【生物】「流氷の天使」クリオネの新種見つかる 富山湾、日本海固有種の可能性[17/10/12] (2) 93:【通信】SpaceX、イリジウムNEXT衛星10基の軌道投入に成功 [H29/10/10] (1) 94:【天文】「みちびき4号機」H-ⅡA 36号機 打ち上げ成功 [H29/10/10] (7) 95:【生物/系統学】ネアンデルタール人のゲノム解析で、近親交配の形跡なしの個体を確認[17/10/06] (4) 96:【化学】ノーベル化学賞 欧米の研究者3名に [H29/10/04] (2) 97:【情報科学/シミュレーション】「ゴジラ・エルニーニョ」の最期が再現された[17/09/28] (3) 98:【物理】ノーベル物理学賞「重力波」初観測 米研究者3名に [H29/10/03] (7) 99:【神経科学】脳神経細胞の分裂抑制の仕組みを解明[17/09/19] (2) 100:【医療/薬学】脂肪を溶かす貼り薬、米研究者らがマウス実験で開発 人間に応用可の期待[17/09/18] (3) 
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:1】【インフルエンザ】インフルエンザ脳症で小4男児死亡―長野 [H31/01/22]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2019/01/23(水)01:25:21 ID:kr6
長野県に住む小4男児がインフルエンザに感染し、今月の13日に
インフルエンザ脳症で死亡していたことが分かった。

「インフルエンザ脳症」はインフルエンザ感染によりけいれんや
意識障害を起こす病気で、1〜2日という短期間で病状が急激に悪化
することを特徴とする。

詳細はソースをご覧下さい。

ソース
NHK 2019年1月22日 18時43分
インフルエンザ脳症で小4男児死亡 長野
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190122/k10011786991000.html



名前: mail:
【2:7】【宇宙】イプシロン4号機、最大の衛星 軌道投入成功 [H31/01/18]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2019/01/18(金)11:03:34 ID:I4L
JAXAは18日09:50:20、小型実証衛星1号機(RAPIS-1)と6基の小型衛星を搭載
したイプシロンロケット4号機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。

ロケットは順調に飛行を続け、約51分後に最も大型の衛星となる
小型実証衛星1号機(RAPIS-1)を分離して軌道導入に成功した。
残る6基の小型衛星も順次分離する。

打ち上げ3分前の天候は快晴、気温7.1℃、北西の風5.9m/sだった。

詳細はソースをご覧下さい。

ソース
NHK 2019年1月18日 10時48分
イプシロン4号機 最大の衛星 軌道投入に成功
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190118/k10011782191000.html



2ベンゼン環◆GheyyebuCY:2019/01/18(金)13:06:40 ID:I4L
続報です

6基の小型衛星についても全て分離が確認されました。イプシロンロケット4号機は打ち上げに成功致しました。


プレスリリース
平成31年1月18日
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
イプシロンロケット4号機による革新的衛星技術実証1号機の打上げ結果について
http://www.jaxa.jp/press/2019/01/20190118_epsilon4_j.html

3名無しさん@おーぷん:2019/01/18(金)13:19:00 ID:ACy
せっかくだからこっちに
全部成功して良かった

4名無しさん@おーぷん:2019/01/18(金)23:33:16 ID:4ie
火事って、なんやったん?

5名無しさん@おーぷん:2019/01/19(土)01:07:15 ID:ALl
発射場の近くが森なので、そこの木に少しロケットの火が付いたらしい。
すぐ消されたらしいけど元から想定の範囲内なのでは。

6名無しさん@おーぷん:2019/01/19(土)07:59:07 ID:gTF
マスコミは、すきあらば叩こうとするので、大事にならなくてよかった。

7名無しさん@おーぷん:2019/01/20(日)13:11:09 ID:gSL
全基成功して本格運用も始まるみたいだね
良かった良かった !

名前: mail:
【3:3】【酵素】脳内酵素が個人の性格・気質と関連する―理化学研究所 [H31/01/15]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2019/01/16(水)13:44:48 ID:7Zw
理化学研究所は15日、脳内の女性ホルモン産生酵素「アロマターゼ」の量が
脳の特定の部位で多い人ほど協調性が低い傾向にあると発表した。

人の性格が生み出される仕組み、個人差などの理解に繋がるとみており、
社会性に問題を抱える発達障害の症状改善への貢献にも期待されている。

詳細はプレスリリースをご覧下さい

理化学研究所 2019年1月15日
性ホルモン産生酵素が個人の性格・気質に関連する
-脳内アロマターゼ量は攻撃性、協調性と相関する-
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190115_1/



2名無しさん@おーぷん:2019/01/16(水)13:51:26 ID:kQL
>>1
>その結果、女性においては扁桃体[5]におけるアロマターゼ量が多いほど攻撃性が高く、男性・女性ともに視床[6]におけるアロマターゼ量が多いほど協調性が低いことが示されました。

扁桃体と視床で、異なる化学反応を促進しているん?

3名無しさん@おーぷん:2019/01/21(月)14:01:08 ID:ljJ
なるほど、レンホーの脳はアロマターゼが多いのか。

名前: mail:
【4:4】【医療】動物での人間の臓器作製解禁へ―政府方針 [H30/10/26]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/10/27(土)13:08:27 ID:q5I
移植医療において必要とされる人間の臓器、しかし需要に対して供給が圧倒的に
少ない現状、様々な研究が進められている。

その中でも、豚などの動物の受精卵(胚)に人間のiPS細胞を送り込み、人間の細胞が
混在した動物を誕生させる研究が海外で進められているが、日本でも政府の
生命倫理専門調査会は研究を認める方針で合意したという。

今後、臓器移植などへの応用が期待されている。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース
一般社団法人共同通信社
2018/10/26 20:57
政府、動物で人の臓器作製解禁へ 来春までに指針改正
https://this.kiji.is/428522656867550305



2名無しさん@おーぷん:2018/11/07(水)19:06:06 ID:m9z
うーん…

3名無しさん@おーぷん:2018/11/22(木)12:44:19 ID:VjR
研究室で培養された「ミニブレイン」から人間の脳波が確認されるって、どうなんだw

4足利:2019/01/05(土)20:37:27 ID:Vhj
アホとは?

坪井氏も色々とあって覚せい剤や強盗やピンクチラシ貼りの協力を、六孫王血縁に
頼んだんでしょう。
それを R氏 「アホちゃうん」 と揣摩臆測での発言は良くはないでしょう。
貝塚市南町9-31の 覚せい剤をしてしまい色々な人を巻き込んでしまった坪井氏の
妹の坪井 明美さんに伝えておきましょうか?
六孫王血縁にはアホと言って馬鹿にするのだけはやめてください。
六孫王神社にも手紙出して聞いときますねR氏さん。こっちは坪井氏や警察官僚の協力を求められてそれに応じただけで御座います。
色々とあったんでしょうpgajd

名前: mail:
【5:2】れいあーーーー
1名無しさん@おーぷん:2018/10/10(水)14:14:03 ID:l3F
!aku1



2名無しさん@おーぷん:2018/10/10(水)14:14:14 ID:l3F
!aku1
★アク禁:>>1

名前: mail:
【6:2】【天文】「こうのとり」7号機、H-ⅡB 7号機で打ち上げ成功 [H30/09/23]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/09/23(日)03:17:31 ID:gpp
三菱重工とJAXAは23日 午前2時52分27秒、H-ⅡBロケット7号機により、
「こうのとり」7号機を打ち上げました。

種子島宇宙センターより打ち上げられたロケットは順調に飛行を続け、
約15分後、『「こうのとり」7号機』を分離して軌道に導入され、
打ち上げは成功しました。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース
NHK 2018年9月23日 3時11分
「こうのとり」7号機搭載のロケット 打ち上げ成功
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180923/k10011641061000.html



2名無しさん@おーぷん:2018/09/25(火)21:50:30 ID:hkj
もう普通の出来事か

名前: mail:
【7:3】【生物】7500メートルの深海で新種の魚を発見―アタカマ海溝 [H30/09/15]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/09/15(土)20:06:55 ID:NDq
南米西岸沖のアタカマ海溝 水深7500mの深海で、新種の魚3種が発見された。

この場所は水温が2度を上回ることは殆どなく、また光はなく常に闇で、
そして深海であるため水圧も非常に強い。
地球上の殆どの生物が生きることのできない極限の環境だが、この
新種の生物たちは特異的に適応できたと見られている。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース
AFPBB 2018年9月15日 15:38 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ チリ 中南米 ]
7500メートルの深海で新種の魚3種発見、南米西岸沖のアタカマ海溝
http://www.afpbb.com/articles/-/3189743



2名無しさん@おーぷん:2018/09/20(木)14:38:28 ID:Bxh
アタカマすげえ、砂漠から海溝まで何でもありか

3名無しさん@おーぷん:2018/09/25(火)21:51:53 ID:hkj
なんだこの骨格⁈

名前: mail:
【8:2】【生物】光が好きなはずの植物プランクトンが、光が少ないと増えるという不思議[18/07/11]
1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/07/23(月)21:07:15 ID:2qX
Science Portal 2018年7月11日
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/07/20180711_01.html

※一部抜粋。全文及び詳細の確認は、上記配信元サイトでどうぞ。

----

 植物プランクトンは太陽の光を受けて栄養分を作るので、太陽光がよく当たれば増える。そう考えられていた。
だが、東京大学の山道真人講師らの研究グループが池で実験したところ、そうはなっていなかった。
太陽光を増やすと植物プランクトンは減り、代わりに底の水草が増えていたのだ。

----

ということは、この実験池に差し込む太陽光がもう少し多くなれば、すべての池が突然「水草優位」になり、
逆に少なくなれば、全部が一気に「植物プランクトン優位」の濁った池になってしまう。
理論的には、そんな急変もありうることになる。

 山道さんによると、生態系ではこのような「実現可能な二通りの状態」が、しばしば現れるという。
生態系だけではない。大気と海洋、陸地が複雑に関係しあう地球の気候でも、この二通りの状態が指摘されている。
現在のような温暖な気候と、今から6億~7億年ほど前、赤道近くまで氷に覆われていた「スノーボールアース」の寒い気候だ。
生態系にしろ地球にしろ、今まで「二通り」が可能でそのどちらかが実現していたのに、
ちょっと条件が変わるだけで、急に「一通り」しかありえなくなる可能性がある。
あるときを境に、がらりと状況が変わってしまうかもしれないということだ。
この「二通りの状態」は、自然界のあちこちにみられるらしい。
私たちは、けっこうきわどい世界に暮らしているのかもしれない。



2名無しさん@おーぷん:2018/10/03(水)00:27:56 ID:HNe
山道さんは目が悪いようだ。ちゃんと見えるようになってから言葉にした方がいいと思う

名前: mail:
【9:5】【医学】サイコパスは「うそをつく」意志決定が速い 京大などがMRIで実証[18/07/20]
1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2018/07/22(日)20:48:51 ID:O43
サイコパスは「うそをつく」意志決定が速い 京大などがMRIで実証

京大、ハーバード大学(米国)、ニューメキシコ大学(米国)などの研究グループは7月19日、
サイコパス傾向が高い人ほど「ためらいなくうそをつく」傾向があり、脳の前部帯状回という
心の葛藤に関わる部分の活動が低いと発表した。米国の刑務所に収監中の囚人を対象にMRI装置
を用いた実験を行った。

通常サイコパスは全体の1%程度しかいないとされているが、刑務所に収監されている囚人の
15~25%はサイコパスという報告がある。研究グループはニューメキシコ州の刑務所の男性囚人
67人を対象に実験を実施。コイントスを使った課題を出し、機能的磁気共鳴画像法(fMRI:
functional magnetic resonance imaging)と呼ばれる方法で、課題中の脳活動を測定したという。

(中略)

分析の結果、研究グループの予想とは異なりサイコパス傾向とうそをつく頻度に相関は認められ
なかったという。しかし、うそをつく頻度が高い参加者については、サイコパス傾向が高い人ほど
うそをつくかどうかの意思決定が速い傾向にあることが判明。また、これと対応するように
前部帯状回という領域の活動が低いことも分かった。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/20/news086.html

ITmedia ニュース 2018年07月20日 12時27分



2名無しさん@おーぷん:2018/07/27(金)01:31:11 ID:jKR
野党やマスコミ関係者を調べてみたい

4名無しさん@おーぷん:2018/08/06(月)08:52:09 ID:kfe
嘘に限らず意思決定が速いのはADHDだよ。
サイコパシーとはなんの関係もない研究結果じゃないか?

5名無しさん@おーぷん:2018/09/21(金)07:49:53 ID:FPO
>>2
 あれは自閉スペクトラム障害児の集団だな。
闇落ち系のサイコパスもいるけど。

名前: mail:
【10:2】【天文】小惑星リュウグウ、天体の破片が集まってできた可能性 「はやぶさ2」チーム、探査状況を発表[18/07/20]
1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2018/07/22(日)20:47:28 ID:O43
小惑星リュウグウ、天体の破片が集まってできた可能性 「はやぶさ2」チーム、探査状況を発表

小惑星「リュウグウ」に先月到着した探査機「はやぶさ2」の探査状況を宇宙航空研究開発機構
(JAXA)のチームが19日発表し、リュウグウは壊れた天体の破片が集まってできた可能性がある
との見方を明らかにした。

はやぶさ2は先月27日にリュウグウに到着後、高度約20キロの位置からカメラなどで観測を継続。
今月21日ごろには詳細な観測のため高度約6キロまで接近する計画で、既に降下を始めているという。

リュウグウはそろばんの玉のような形状で、直径は地上からの予測とほぼ同じ900メートル程度。
赤道付近に200メートル以上とみられる大きなクレーターがある。

表面に大きな岩が多数あることから、科学研究を統括する渡辺誠一郎名古屋大教授は会見で
「より大きな天体が破壊され、その破片が集まってできたのではないか」と述べた。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/20/news066.html

ITmedia ニュース 産経新聞 2018年07月20日 07時28分



2名無しさん@おーぷん:2018/07/27(金)01:30:00 ID:jKR
ワクワクするじゃねーか

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2019 satoru.net