携帯で見る

(´∀`)まだまだバナー募集中
 バナー一覧

科学ニュース+@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴

設定
レス順 | 作成順   
1: 【軍事】「情報収集衛星レーダ6号機」H-ⅡA39号機打ち上げ成功[H30/06/12] (1) 2: 【医療】脱毛症の治療技術を開発、理化学研究所[H30/06/04] (2) 3: 【生物学】コウモリの超音波、周波数変えて混信回避[18/05/07] (4) 4: 【生物学】食べないで…マウス、ラットの性フェロモン感知し防御[18/03/31] (2) 5: とある発見おしたのですが伝える術がありません (4) 6: 【生物/生殖/畜産】「泳ぎ方」に依って精子を選別すると、受胎の確率が上がる[18/03/20] (2) 7: 【電子工学】宙舞うLED 東大が開発、空中ディスプレーへ応用も[18/03/05] (2) 8: 【生物学】メガマウスザメ解剖、体内から卵の殻を採取[18/02/27] (3) 9: 【軍事】H-ⅡAロケット38号機「情報収集衛星光学6号機」打ち上げ成功[H30/02/27] (1) 10:【地球科学】草津白根山、噴火繰り返されていた? 過去の痕跡を発見[18/02/25] (1) 11:【生物学】血管つくる幹細胞を発見 大阪大、マウス実験で再生確認[18/02/09] (1) 12:【生物学】ウーパールーパーのゲノム、ヒトの10倍超 解読に成功[18/02/07] (2) 13:【生物】魅力発信、推しはどのこ? 静岡でゴキブリ展[18/02/06] (3) 14:【空間情報工学】中国、電磁環境モニター試験衛星「張衡1号」の打ち上げに成功[18/02/03] (1) 15:【天文】SS-5205号機打ち上げ成功[H30/02/03] (2) 16:【生態系】「ヨシ」守るために燃やす…生態系の維持に良し[18/01/29] (2) 17:【気象/情報】赤外線情報をプラスしたら、台風予測の精度がアップする?[18/01/25] (1) 18:【環境学】琵琶湖産オイカワ木曽三川に広がる[18/01/25] (2) 19:【技術】原子時計をスマホに搭載可能な大きさに小型化―NICT[H30/01/23] (7) 20:【不正】京大iPS細胞研究所の論文に捏造・改竄の不正、22日17:30から会見[H30/01/22] (5) 21:【天文】イプシロンロケット3号機「高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)」打ち上げ成功[H30/01/18] (6) 22:【技術】浮遊する人口蛍[18/01/16] (4) 23:【生物/博物学】100年ぶり桜の新種発見か…形異なり早い開花[18/01/11] (5) 24:【宇宙/重力】「伸び過ぎ」身長が3週間で9cm増加->実は2cm[18/01/10] (2) 25:【DNA】蚊が知っていた。血液から犯人特定へ?[18/01/04] (2) 26:【科学・IT】日本の深海ロボ、頂に挑む…国際レース予選出場[18/01/05] (5) 27:【AI】人工知能を「正しい道」へと導くのは誰か──学会で語られたAIの倫理への懸念[18/01/15] (7) 28:【医学】血糖値に応じてインスリン放出する新素材 名大など開発[17/12/31] (5) 29:【化学】2017年10大化学ニュース[18/01/02] (6) 30:【疾病】米国で流行した「ネコインフルエンザ」、ヒトにも感染の可能性 東大の研究グループ[17/12/29] (2) 31:【医療・疾病】「ゲーム障害」を精神衛生疾患に分類、wHO草案[17/12/28] (6) 32:【素材】高速で亀裂を自己治癒するセラミックス[17/12/21] (4) 33:【医療/倫理】遺伝子改変した受精卵、胎内に戻すことは認めず[17/12/20] (2) 34:【AI】AIが人間と対話し「未知の単語」学ぶ…[17/12/23] (1) 35:【天文】「しきさい」「つばめ」H-ⅡA37号機で打ち上げ成功[H29/12/23] (6) 36:【宇宙】正確な気候変動予測目指し「しきさい」打ち上げへ[17/12/22] (2) 37:【医療】尿に含まれるマイクロRNA検査でがんを発見[17/12/21] (1) 38:【医療・研究】米政府、致死性ウイルスの製造を解禁[17/12/20] (5) 39:【話題】東京・池袋発の手作り望遠鏡が、1500万キロメートルのかなたから地球の水素コロナを撮った[17/12/19] (4) 40:【宇宙】月面探査車がインドへ出発 国際コンテスト参加、来年打ち上げ[1712/19] (6) 41:【気象】紫外線の「強さ」、1時間おきに公表へ…気象庁[17/12/18] (9) 42:【医療】骨折治療に「本人の骨から作成」のネジ。異物反応少なく[17/12/17] (4) 43:【宇宙・開発】 ロケット・宇宙船の再利用に初成功 【動画在り】 (5) 44:【宇宙】 8惑星持つ恒星系、AIで発見太陽系と並び最多 【動画在り】 (5) 45:【機械工学】クモヒトデに学べ。故障アクシデントに強い、動き続けるロボット[17/12/13] (2) 46:【古生物・新種】 「怪物」サイズのペンギン (12) 47:【素粒子】負のミューオン生成の新たな方法。高レベル放射性廃棄物処理への応用に期待[17/12/12] (4) 48:【AI】 AIからゴッホが生まれる日 (1) 49:【宇宙開発】トランプ大統領が月面基地建設を指示 (4) 50:【環境】イトミミズで汚泥減量、処理費用削減へ実験中[17/12/10] (2) 51:【行動学】熟練したカラスは、道具作りへの拘りが小さくなる[17/12/08] (5) 52:【環境】自然界の美声を集めたスクラップブック:仙台[17/12/05] (4) 53:【天文】月の南極で水探し―JAXA平成34年度に[H29/12/06] (3) 54:【環境】北極海公海での漁業を当面中止、日本など10の国・地域が合意[17/12/02] (2) 55:【生物】物証の精査により、ついにイエティ(雪男)の正体を同定?[17/11/29] (3) 56:【技術】リチウム電池の「致命的な欠点」克服へ? 発火しにくい電解液開発[17/11/28] (2) 57:【話題】日本のロケット研究発祥の地、西千葉駅に記念碑[17/11/25] (4) 58:【病理】インフル薬服用後の飛び降り防止、施錠呼びかけ[17/11/25] (3) 59:砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査 (8) 60:【動物行動学】コオロギは音で空気を読む[17/11/21] (1) 61:【情報処理】量子ニューラルネットワークをクラウド上で体験[17/11/20] (4) 62:【医療】人類初の頭部移植に成功―ハルビン医科大学[H29/11/18] (9) 63:【生態学】「元気すぎる」個体は病気の拡散に貢献している? 魚の世界でも[17/11/17] (3) 64:【地質学】「チバニアン」内定 約77万年前~12万6千年前の期間を表わす語として[17/11/14] (7) 65:【医療】血液がんの細胞だけを標的とする新免疫療法を開発[17/11/09] (3) 66:【情報処理】量子コンピュータのデバッグを高速化[17/11/07] (2) 67:【生物】哺乳類と昆虫共通の脳を持つ祖先が存在か [H29/11/4] (5) 68:【情報処理】サイバースーツを着込んだサイバードッグ????[17/11/01] (5) 69:【脳科学/宇宙】長期滞在宇宙飛行士の脳に、異変あり[17/11/02] (3) 70:【地学】いつまでも あるとおもうな うみのみず[17/11/01] (4) 71:【天文】正体不明の「暗黒物質」、予算獲得ができず国内観測終了へ[H29/10/29] (11) 72:【天文】謎の天体が太陽系を通過中、外から飛来なら観測史上初[17/10/28] (20) 73:【人類学】どこから? イースター島に眠る古代人遺骨、南米とのDNA上の接点なし[17/10/26] (5) 74:【考古学】サウジの砂漠に石を用いた謎の構造物400個、衛星画像で確認 [H29/10/25] (6) 75:【物理】キログラム原器引退へ?[17/10/24] (1) 76:【脳科学】障壁を突破せよ。血中から脳内に薬剤配送可能なナノマシン開発[17/10/19] (5) 77:【物理/物性】スピンが偏った超伝導状態の検証に成功[17/10/17] (2) 78:【天文】月の地下に巨大な空洞を発見[H29/10/18] (1) 79:【技術】グラデーション変化する調光ガラスの開発に成功[17/10/17] (2) 80:【環境/生物】南極のアデリーペンギン、ひな大量餓死生き残りは2羽のみ[17/10/13] (4) 81:【生物】「流氷の天使」クリオネの新種見つかる 富山湾、日本海固有種の可能性[17/10/12] (2) 82:【通信】SpaceX、イリジウムNEXT衛星10基の軌道投入に成功[H29/10/10] (1) 83:【天文】「みちびき4号機」H-ⅡA36号機打ち上げ成功[H29/10/10] (7) 84:【生物/系統学】ネアンデルタール人のゲノム解析で、近親交配の形跡なしの個体を確認[17/10/06] (4) 85:【化学】ノーベル化学賞欧米の研究者3名に[H29/10/04] (2) 86:【情報科学/シミュレーション】「ゴジラ・エルニーニョ」の最期が再現された[17/09/28] (3) 87:【物理】ノーベル物理学賞「重力波」初観測米研究者3名に[H29/10/03] (6) 88:【神経科学】脳神経細胞の分裂抑制の仕組みを解明[17/09/19] (2) 89:【医療/薬学】脂肪を溶かす貼り薬、米研究者らがマウス実験で開発人間に応用可の期待[17/09/18] (3) 90:【生物】「性器の大発見」生物学賞 日本人にイグ・ノーベル賞[17/09/15] (3) 91:【地学】関東南部の巨大地震「元禄型」 2300年に一度から500年に一度の頻度へ 千葉の地盤隆起から推測 [H29/9/4] (2) 92:【情報科学/天文】限られた観測から金星大気のすべてを知る方法[17/09/04] (2) 93:【技術/エネルギー】日本原燃、ウラン製造を一時停止[17/09/02] (1) 94:【医学】破損した神経回路の修復[17/08/22] (2) 95:【医学】がん13種類を「血液1滴で診断できる」検査法を開発 負担が少なく早期発見[17/08/20] (1) 96:【天文】「みちびき3号機」H-ⅡA35号機打ち上げ成功[H29/08/19] (9) 97:【化学】ウイスキーに水を数滴垂らすとおいしくなる理由[17/08/18] (8) 98:【電子工学】1巻330TB実現する磁気テープ技術、ソニーとIBMが開発[17/08/03] (4) 99:【物性】熱伝導の波動性を用いた熱伝導制御[17/08/05] (3) 100:【生物】グーグルが2000万匹もの蚊を放出 ジカ熱などの根絶実験始まる [H29/8/12] (2)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:1】【軍事】「情報収集衛星レーダ6号機」H-ⅡA 39号機 打ち上げ成功 [H30/06/12]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/06/12(火)13:50:37 ID:DLz
三菱重工とJAXAは12日 13時20分00秒、「情報収集衛星レーダ6号機」
を鹿児島県の種子島宇宙センターからH-ⅡAロケット39号機で打ち上げた。
ロケットは順調に飛行を続け、約20分後に衛星を分離して軌道に導入され、
打ち上げは成功した。

将来的には10基体制とする計画で、レーダ6号機が運用できれば8基体制になり、
地球上のあらゆる地点を1日に1回以上撮影する体制が維持される。
北朝鮮のミサイル監視などに貢献することが期待されている。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース
NHK 2018年6月12日 13時42分
政府の情報収集衛星 打ち上げ成功
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180612/k10011474361000.html



名前: mail:

【2:2】【医療】脱毛症の治療技術を開発、理化学研究所 [H30/06/04]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/06/04(月)20:31:24 ID:cu9
理化学研究所などの研究グループが4日、毛髪の「もと」である「毛包」を大量に
作る技術を開発し、来月から動物で安全性を確かめる試験を始めると発表した。

動物を用いた非臨床安全性試験を平成30年中に実施し、結果をもとに、
臨床研究の実施へと移行する、としている。


これまで脱毛症や薄毛の治療は一般に育毛塗布剤が使われ、AGAの治療では内服薬も
用いられるが、いずれも投与を中止すると効果は消失する。また薬品での治療効果が
充分でない症例では、後頭部毛包を脱毛症部位へ移植する自家単毛包植毛術も
自由診療ですることができるが、再移植では毛包を移動するだけなので毛髪の総数は
増えないという問題があった。
この毛包を作ることができれば、毛を好きなだけ生やすことが可能になる。


詳細はソースをご覧下さい。


理化学研究所/株式会社オーガンテクノロジーズ 2018年6月4日
毛包器官再生医療に向けた非臨床試験開始について
http://www.riken.jp/pr/topics/2018/20180604_1/



2名無しさん@おーぷん:2018/06/04(月)22:03:12 ID:lYv
ハゲに希望が。

名前: mail:

【3:4】【生物学】コウモリの超音波、周波数変えて混信回避[18/05/07]
1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2018/05/08(火)20:32:08 ID:paC
コウモリの超音波、周波数変えて混信回避

発した超音波の反射によって物体の位置を認識する「エコーロケーション」を使用するコウモリ。
彼らは、自身と仲間の超音波をどのように聞き分けているのだろうか。同志社大学の飛龍志津子
教授らは、集団飛行時のコウモリが互いに超音波の周波数を調整し合うことで混信を回避している
ことを発見した。

コウモリは、自ら発した超音波音声に対する反響音を聴取・分析することで、周囲の環境を
リアルタイムに把握し、飛行する。これまで、群れで飛行する際にお互いの超音波音声の混信を
どのように回避しているかは明らかになっていなかった。

研究チームは、超音波記録用のマイクロフォンをユビナガコウモリの背中に装着し、室内で飛行させた。
コウモリ1体のみを飛行させたときと、4体を集団飛行させたときの音声情報を比較したところ、単独飛行時
には各個体が類似した周波数帯域の「終端周波数」を使用していたのに対し、集団飛行時には終端周波数の
差をわずかに広げる傾向が見られたという。周波数を互いに調節しあうことで、混信を回避している。

(中略)

研究結果は、英Natureの姉妹誌であるオープンアクセスジャーナル「Communications Biology」に
5月3日に公開された。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1805/07/news062.html

ITmedia ニュース 井上輝一 2018年05月07日 13時25分



2名無しさん@おーぷん:2018/05/09(水)13:41:24 ID:ZcR
へー
 
子供の頃、コウモリの飛び交う夕暮れの空に小石投げて遊んだわ

3名無しさん@おーぷん:2018/05/11(金)18:06:26 ID:Wlr
すごい

4名無しさん@おーぷん:2018/05/30(水)20:12:22 ID:m1o
無線LANも周波数が競合してると通信し難い

名前: mail:

【4:2】【生物学】食べないで…マウス、ラットの性フェロモン感知し防御[18/03/31]
1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2018/03/31(土)14:58:23 ID:gSb
食べないで…マウス、ラットの性フェロモン感知し防御

ラットの性フェロモンをラットに食べられる立場のマウスが感知し、防御行動をとることがわかったと
東京大などのチームが30日、発表した。異種間の駆け引きの仕組みの解明に役立つ可能性がある。
成果は米科学誌カレント・バイオロジー(電子版)に掲載された。

チームは、オスのラットの涙に含まれるたんぱく質を塗った布をメスのラットやマウスに接触させた。
ラットのメスは一時停止し、交尾の準備とみられる行動が増えたことから、このたんぱく質が
性フェロモンとして働くことを確認した。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
https://www.asahi.com/articles/ASL3Z31YNL3ZULBJ001.html

朝日新聞デジタル 南宏美 2018年3月31日06時27分



2名無しさん@おーぷん:2018/04/16(月)20:27:19 ID:bri
朝日が性の記事

名前: mail:

【5:4】とある発見おしたのですが伝える術がありません
1名無しさん@おーぷん:2018/03/23(金)13:12:05 ID:EPj
科学雑誌でしょうか?
投稿サイトはありませんか?



2名無しさん@おーぷん:2018/03/31(土)17:51:09 ID:Hhe
ではまず、XY平面には4つのエリアがあるのに
なぜ物質界は3次元なのかという、根本的な説明からどぞ

3名無しさん@おーぷん:2018/04/12(木)12:17:16 ID:31y
フェルマーさん?

4名無しさん@おーぷん:2018/04/14(土)10:20:24 ID:fZV
http://xdomainant.wp.xdomain.jp/

名前: mail:

【6:2】【生物/生殖/畜産】「泳ぎ方」に依って精子を選別すると、受胎の確率が上がる[18/03/20]
1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/03/22(木)19:19:59 ID:ob7
受胎に有利な精子を泳ぎ方で選んで捕集する技術
~精子の健全性を泳ぎの形で選別して、牛の繁殖で実証~

産業技術総合研究所/森永酪農販売株式会社/家畜改良センター/佐賀大学/
佐賀県畜産試験場/農業・食品産業技術総合研究機構/富山大学/
富山県農林水産総合技術センター/科学技術振興機構(JST)

平成30年3月20日


ポイント

○流体操作技術で凍結精液から運動性精子を選別し、人工授精にそのまま使える数の精子を捕集する技術。
○受胎に有利な健全性の高い精子の泳ぎの形を発見し、受胎に有利であることを牛の繁殖で実証。
○家畜繁殖に新たな手段を提供するとともに、精液前処理の新たな指針を提示。


(以下、一部抜粋)

牛の精子の運動性注について、直線的に泳ぐ精子よりも、蛇行しながら泳ぐ精子の方が、
受胎性が良いことを見いだした。


※全文及び詳細の確認は、上記配信元サイトでどうぞ。



2ケサラン◆S2oy0h69ilgz:2018/03/22(木)19:21:14 ID:ob7
URL貼り忘れ

>>1
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20180320/index.html

名前: mail:

【7:2】【電子工学】宙舞うLED 東大が開発、空中ディスプレーへ応用も[18/03/05]
1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2018/03/05(月)20:28:54 ID:yhF
宙舞うLED 東大が開発、空中ディスプレーへ応用も

東京大学と慶応義塾大学は、自由に飛び回りながら光るコメ粒くらいの大きさの発光ダイオード
(LED)ライトを開発した。超音波を使って浮かし、無線で電気を供給してLEDを光らせる。
空中に映像を浮かびあがらせるディスプレーなどに応用できるほか、センサーなどを搭載して
飛ばすなどあらゆるモノがネットにつながるIoTの分野で様々な使い方が広がりそうだ。

■直径4ミリの半球形、超音波の力で空中を動き回る

高宮真東大准教授らが開発したライトは、直径が4ミリメートルの半球形で、プリント基板に
LEDやIC、コイルなどの部品を搭載した。無線で送られた電気でLEDを光らせるICを
独自に開発して縦横1ミリメートルに収まるよう小型化。全体の重さを16ミリグラムと軽くして
超音波でも空中に浮くようにした。電磁誘導方式で電気を送り、空中に浮かんだライトを光らせる。

ライトを空中に浮かすために、縦横に17個ずつ289個の小型スピーカーを並べた板を、実験装置の
上下に向かい合わせに設置。上下から出す超音波の収束ビームを利用して空気に密度の濃い部分と
薄い部分をつくり出し、ライトを密度の濃い空気に挟むようにして浮かせる。パソコンからの指示で
超音波をコントロールし、空中のライトを上下左右に自由に動かすことができる。今回の実験装置では
電気を送るコイルを中心に上下左右に約5センチメートルの範囲で動く。また無線で電気を送るので、
ライトを動かしながら光をつけたり消したりすることも可能だ。光を点滅しながら飛ぶ姿から
ゲンジボタルの学名をもとに「ルシオラ」と名付けられた。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27545260R00C18A3000000/

日本経済新聞 2018/3/5 6:30

【関連リンク】
共同発表:空間を飛び回るミリメートルサイズのLED光源を実現~手で触れる空中ディスプレイ向けの発光画素への応用に期待~
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20180109/index.html



名前: mail:

【8:3】【生物学】メガマウスザメ解剖、体内から卵の殻を採取[18/02/27]
1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2018/03/02(金)00:25:39 ID:Bse
メガマウスザメ解剖、体内から卵の殻を採取

千葉県館山沖で定置網に迷い込み、その後死んだ珍しいサメ「メガマウスザメ」
(雌、体長約5・4メートル、体重1・2トン)を冷凍保存していた鴨川市の
水族館「鴨川シーワールド」で24日、生態解明と全身骨格の標本化に向けた解剖が始まった。

体内から卵の殻が採取され、生態や生殖機能を解明する手がかりとして、期待が高まっている。

解剖にあたったのは、サメの生態に詳しい仲谷一宏・北海道大名誉教授(72)や
解剖経験のある水族館関係者。子宮内から卵の殻が1個見つかった。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www.yomiuri.co.jp/science/20180225-OYT1T50007.html

YOMIURI ONINE 2018年02月27日 09時16分



3名無しさん@おーぷん:2018/03/25(日)14:24:45 ID:SzT
でけえ

名前: mail:

【9:1】【軍事】H-ⅡAロケット38号機「情報収集衛星 光学6号機」打ち上げ成功 [H30/02/27]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2018/02/27(火)14:04:49 ID:54I
27日 13時34分に打ち上げられたH-ⅡAロケット38号機は、
打ち上げから約20分で予定通りの軌道に衛星を投入、
「情報収集衛星 光学6号機」の打ち上げに成功した。

今回の衛星は光学4号機の後継で、従来より更に性能が向上したと見られている。
将来的には10基体制とする計画で、光学6号機が運用できれば7基体制になる。
北朝鮮のミサイル監視などに貢献することが期待されている。


ソース
NHK 2月27日 13時57分
安全保障に関する情報収集 H2Aロケット打ち上げ成功
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180227/k10011344751000.html



名前: mail:

【10:1】【地球科学】草津白根山、噴火繰り返されていた? 過去の痕跡を発見[18/02/25]
1こたつねこ◆AtPO2jsfUI:2018/02/25(日)15:50:39 ID:Pv1
草津白根山、噴火繰り返されていた? 過去の痕跡を発見

1月23日に噴火した草津白根山(群馬県)の本白根山で、同様の噴火が過去に繰り返されていた
とみられる痕跡が、国土地理院や産業技術総合研究所の分析で見つかった。今回のような噴火は、
従来考えられていたより頻繁に発生していた可能性がある。

1月の噴火では、最長で約500メートルにわたる列状の火口が複数生じた。こうした火口は
比較的小さく、時間が経つと樹木に隠れてしまうため、従来の航空写真では見つけることが難しかった。

国土地理院などは今回の噴火をきっかけに、上空からレーザーで計測したデータを使った特殊な
地形図を精査。同様の火口があるかを調べた結果、直径10メートルから100メートルほどの
火口とみられる痕跡が数百メートルの範囲に列状に並んでいる場所が複数あった。今回の火口に
並行して約1キロの範囲に4、5列存在するという。

本白根山はこれまで、富山大の調査などから直近の噴火は1500~3千年前と考えられていた。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
https://www.asahi.com/articles/ASL2P76RWL2PUBQU01W.html

朝日新聞デジタル 竹野内崇宏 2018年2月25日13時14分



名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2018 satoru.net