携帯で見る

(´∀`)まだまだバナー募集中
 バナー一覧

科学ニュース+@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
板一覧 | ヘッドライン | ランキング | 履歴
2017/6/7 nama復活しますた

設定
レス順 | 作成順   
1: 【物理/数学】「キャスター付き(ごろごろ)スーツケース」が不安定な理由。そして対処方[17/06/22] (2) 2: 【IT】プレビュー版Windows10のタスクマネージャーに“GPU”が追加[2017年6月22日] (2) 3: 【生理学】「よく噛む」は、脳の発達を助ける。「噛まない」は、脳の発達を阻害する[17/06/16] (1) 4: 【天文】「重力レンズ」観測成功…太陽以外の恒星で初 H29/6/9 (3) 5: 【宇宙/技術】肉眼で見える!?10センチ角の超小型人工衛星打ち上げへ[17/05/05] (7) 6: 【技術】ニュースSamsung、64層256GbV-NANDフラッシュの量産を開始[2017年6月19日] (1) 7: 【技術】スコープカメラに空気排出機能搭載。災害地などでのサーチ機能大幅に向上[17/06/12] (3) 8: 【天文】「みちびき2号機」H-ⅡA34号機打ち上げ成功[H29/06/01] (3) 9: 【環境】浮遊する黒色酸化鉄の微粒子が大気を加熱する[17/05/18] (2) 10:【天文】表面温度4300度…最も熱い惑星「KELT9b」を発見 東大や国立天文台の国際チーム H29/6/6 (2) 11:【物性】加工しやすく生活に密着、「ガラス」の性質の謎に迫る[17/06/06] (1) 12:小泉進次郎氏は遺伝学的に日本人と思えない (7) 13:【物理/技術】「原子1個の内部電場」の直接撮影に成功[17/05/30] (3) 14:【技術】印刷技術の応用で、薄く柔軟なモーター(アクチュエーター)を開発[17/05/25] (3) 15:【天文】木星表面のNASA画像、サイクロンやアンモニアの川確認 探査機「ジュノー」の観測で判明 NASA H29/5/26ん (2) 16:【医療/産業】外用薬への応用で、絹事業の再生を探る[17/05/30] (1) 17:【地学/宇宙】最速のオーロラ明滅現象を発見極地研、東大など[17/05/23] (1) 18:【医療】兵庫県で帯状疱疹急増。水ぼうそうの減少が遠因か?[17/05/22] (2) 19:【物性/技術】「熱流」の回路化への一歩? 個体中での熱拡散に、指向性を付加することに成功[17/05/18] (2) 20:【医療/薬学】ナルコレプシー(通称:眠り病)の特効薬、開発か[17/05/16] (1) 21:【環境/文化】「墓地」の習慣が環境に及ぼす影響[17/04/27] (3) 22:【脳科学/医療】脳梗塞領域に血管を誘引するスポンジ形状の人工細胞足場の開発[17/05/10] (2) 23:【古生物学】初期ヒト属「ホモ・ナレディ」現生人類と共存か化石研究 H29/5/11 (1) 24:【物理/天文】欧州合同原子核研究所(CERN、スイス)「未知の粒子」発見に最大加速器LHC強化へ、宇宙の謎に迫る H29/5/11 (1) 25:【物理/素粒子】コンパクトな粒子加速器が実用間近、ガン治療や美術品分析に活用[17/05/10] (2) 26:【医学】非常事態下では、心筋にも再生能力が発現する[17/05/09] (1) 27:【医療】他人由来のiPSで拡張心筋症治療。臨床研究の申請へ[17/05/08] (1) 28:【海洋/化学】深海熱水噴出孔、周囲に電気…生命誕生に影響か[17/05/01] (2) 29:【物性/産業】ヨウ素で国産品技術開発を…千葉大に拠点設置へ[17/04/30] (1) 30:【技術/産業】新素材CNF(セルロースナノファイバー)量産開始。年間500トン[17/04/26] (4) 31:【遺伝/医学】心房細動の6関連遺伝子を新たに発見発症リスク診断への活用に期待[17/04/19] (1) 32:【光学/物性】多糖類から「ゼロ複屈折ポリマー」の開発に成功[17/04/18] (1) 33:【技術】スパコン基板、丸ごと水没-安価な水冷方式実証実験[17/04/15] (1) 34:【物性/技術】リチウムイオン電池の15倍! カーボンナノチューブ採用で超高容量リチウム空気電池を開発[17/04/05] (2) 35:【天文】JAXA、H-ⅡA34号機による「みちびき2号機」打ち上げ計画を発表[H29/04/10] (2) 36:【軍事】H-ⅡAロケット33号機「情報収集衛星レーダ5号機」打ち上げ成功[H29/03/17] (3) 37:【進化論】恐竜の系統樹の再考余儀なし?祖先はワニ似[17/04/14] (1) 38:【天文】衛星エンケラドスの海に生命誕生の条件=土星探査機、水素分子検出-NASA H29/4/14 (2) 39:【天文】ブラックホール、史上初めて撮影に成功か電波望遠鏡で一斉観測「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」H29/4/13 (2) 40:【動物行動学】アリの「農耕」習性、3000万年前に獲得か研究[17/04/13] (2) 41:【天文】ブラックホールが銀河の外に飛び出した[17/03/27] (4) 42:【素粒子】宇宙の成り立ち解明目指す大型加速器が来年初め始動へ素粒子観測測定器を設置[17/04/12] (2) 43:【物性/資源】水素生成量が1桁増加する光触媒の開発に成功[17/04/10] (1) 44:【自閉症スペクトラム/進化】人類の進化の鍵は自閉スペクトラム症が握っていた(英研究)[2017/04/11] (4) 45:【物理/光学】光子一つを観測できる光子顕微鏡を開発産総研[17/04/10] (2) 46:◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (330) 47:【遺伝子工学】受精卵ゲノム編集禁止-厚労省方針[17/04/07] (1) 48:【天文/技術】小型ロケット「SS520」打ち上げ再挑戦へ-JAXA[17/04/07] (1) 49:【化学】世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発に成功[17/04/04] (1) 50:【技術】にょろにょろくねくね。狭いところや1mの段差も平気、ヘビ型ロボット[17/04/04] (1) 51:【医療】ジカ熱ワクチン実用化へ、6月にも2400人で対照試験[17/04/03] (1) 52:【天文】「日本一星が輝く」村、のぞくと北極星見える柱[17/04/02] (2) 53:【生物】モルヒネに似た毒をもつ熱帯魚。敵をマヒさせ身を守る[17/04/01] (1) 54:【環境】マナティー増えました。絶滅危惧種リストから除外[17/03/31] (1) 55:【生物】車にひかれる鳥は「鳥頭」だった、研究[17/03/30] (1) 56:【物性/技術】高機能な導電性ポリマーの精密合成法を開発[17/03/28] (2) 57:【医療】髪の毛で分かる花粉症[17/03/28] (1) 58:【統合失調症】統合失調症研究に新たな視点-マウス成熟個体において認知機能を回復させることに成功-[2017/03/17] (11) 59:【環境】南極の海氷が観測史上最小に極地研とNASA[17/03/24] (1) 60:【技術/素材】高電流伝導テープ開発。ユーロテープス[17/03/23] (1) 61:【生態系】無花粉スギ、出荷続々…無花粉ヒノキも研究進む[17/03/22] (2) 62:【情報化学】ドローンによる動画データの完全秘匿中継技術を開発[17/03/22] (1) 63:【生化学】「光」に反応して動作するタンパク質を自然界から発見[17/03/21] (1) 64:【心理/行動】一歳半の赤ちゃんは、「気遣い」が出来る[17/02/21] (2) 65:【生物/防疫】北野天満宮「飛び梅」にクローン苗木…病気備え[17/03/18] (1) 66:【統合失調症/ネコ】ネコを飼うことと統合失調症の発症は関係がないことが判明[2017/03/17] (3) 67:【医学/生化学】長期埋め込み可能な人工硝子体を開発[17/03/15] (1) 68:【海洋生態学】仙台湾周辺の巻貝の遺伝的多様性、東北震災時の巨大津波後でも維持[17/03/14] (1) 69:【医学】治験中新薬と大腸がんの薬併用 新薬耐性肺がんに有効か[17/03/14] (1) 70:【生物学】ワモンゴキブリ、メス3匹寄れば生殖促進 オスいらず 北大の研究で判明[17/03/13] (2) 71:【認知科学】「モナリザの微笑」は喜びの表情。論争に幕?[17/03/11] (2) 72:【地学】東北大震災で沈降した、太平洋沿岸部の隆起続く[17/03/10] (2) 73:【医学/生化学】高温組織に集積しサイズアップするナノ微粒子を開発。活動がん細胞への選択的投薬応用に期待[17/03/08] (1) 74:【訃報】英国の物理学者、ロナルド・ドレーバーさん死去 85歳[17/03/11] (1) 75:【気象】NICT、“地デジ電波”でゲリラ豪雨の予測が可能な手法を開発[17/03/09] (1) 76:【技術】水素サイズを選択的に透過。高性能炭素膜モジュールを開発[17/03/09] (1) 77:【物性/技術】強誘電体(クロコン酸結晶)の分極をパルス光照射で、高速に制御。様々な電子デバイスへの応用に期待[17/03/07] (1) 78:【生物学】「ペロ……これは同種の味!!」 つる植物は“味覚”で同種を避けている 東大の研究[17/03/06] (1) 79:【材料工学】産総研とSCREEN、半導体の表面電場を測定する手法を開発[17/03/07] (1) 80:【医療】「セカンドインパクト症候群」を防げ。血液検査で脳震盪を診断する[17/03/07] (1) 81:【生物】細菌間の情報伝達は、量子化されている?[17/03/06] (1) 82:【技術】CO2フリーな水素製造へのステップ。高効率なイオン交換膜型反応器を開発[17/03/02] (1) 83:【宇宙/天体】金星探査機「あかつき」カメラ故障、主要任務の観測難しく[17/03/04] (2) 84:【遺伝子治療】鎌状赤血球症、遺伝子治療で症状緩和に初成功研究[17/03/03] (1) 85:【気象】夏の南極大陸で17・5度…史上最高気温を観測[17/03/03] (1) 86:【遺伝子治療】統合失調症の認知機能を回復理研がモデルマウスで成功[17/03/02] (1) 87:【物性/シミュレーション】ホウ素原料の新たなナノ素材の可能性を探る[17/02/27] (2) 88:おーぷん全板行脚 七十五板目 (1000) 89:【運動生理学】肝臓ホルモン「ヘパトカイン」が、運動の効果を無効に[17/02/28] (2) 90:【地学】地球誕生直後には、既に磁場はあった![17/02/27] (3) 91:【遺伝治療】ゲノム編集のブタ、PRRSウイルスに抵抗性か研究[17/02/24] (3) 92:【科学】古代の巨大ペンギン、恐竜と共存NZで発見の化石で判明[17/2/24] (3) 93:【運動学】水泳における抵抗は、「速度の3乗」に比例して増加する[17/02/22] (5) 94:【医療】敗血症、睡眠制御物質で改善…筑波大チーム確認[17/02/23] (1) 95:【地学】四国沖で地殻のひずみ蓄積 南海トラフの震源域 海上保安庁が観測、ネイチャー電子版に発表 H28/5/24 (7) 96:【遺伝子医療】筋ジストロフィーのマウス、ゲノム編集で回復[17/02/20] (3) 97:【生化学】リゾチーム生成の瞬間を捉える。タンパク質結晶化の仕組み解明へ前進[17/02/20] (1) 98:【雑誌】科学雑誌「Newton」発行元が民事再生手続きを申し立て[H29/02/20] (6) 99:【環境】汚染物質、推進11,000メートルの深海でも検出。PCBなど[17/02/14] (7) 100:【医療】がん患者、診断10年後の生存率58.5%。昨年比0.3ポイント上昇[17/02/17] (5)  
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:2】【物理/数学】「キャスター付き(ごろごろ)スーツケース」が不安定な理由。そして対処方[17/06/22]
1ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/06/22(木)18:47:12 ID:9WT
「スーツケースぐらつきシンドローム」仕組みと対処法 研究
AFPBBNews 2017年06月22日 14:30 発信地:パリ/フランス
http://www.afpbb.com/articles/-/3132982


【6月22日 AFP】スーツケースを引きながら駅や空港で急いでいるとき、
急にキャスターが左右にぐらついてスーツケースがひっくり返りそうになる
──毎日、大勢の旅行者がこの問題に悩まされているが、なぜこういうことが起きるのか、
これまで誰もその仕組みについて正確な理由を説明できなかったが、
「スーツケースぐらつきシンドローム」とでも言うべきこの問題の解明に挑んだ研究論文が21日、
英学術専門誌「英国王立協会紀要:数理物理学」に掲載された。

 論文の主筆者で、フランスのパリ・ディドロ大学複合材料システム研究所の研究員、
シルバン・クーレシュデュポン氏は、
「2輪のキャスター付きのスーツケースが左右にぐらつきやすいのは、
その構造に由来する物理的な不安定さによるものだ」
と説明する。

(中略)

 論文には、対処法として2つの選択肢が示されている。

 1つ目は、いったん立ち止まり、スーツケースを安定させてから再び歩き出す方法だ。

 そして2つ目の方法だが、理論的には、キャスターの回転速度を上げればスーツケースは安定性を取り戻す。
ただし空港内で走れば、それ自体リスクを伴う。

(後略)


※全文を読むには、上記配信元サイトでどうぞ。

関連サイト(英文):
The rolling suitcase instability: a coupling between translation and rotation
G. Facchini, K. Sekimoto, S. Courrech du Pont
Published 21 June 2017.DOI: 10.1098/rspa.2017.0076
http://rspa.royalsocietypublishing.org/content/473/2202/20170076

※関連サイトの記(論文)事は、登録者以外には、期間限定公開の可能性があり、
 タイミングによっては閲覧出来ない可能性があります。
 なお、数式が一杯です。



2ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/06/22(木)18:48:36 ID:9WT
物理数理現象にシンドロームはおかしいだろうと思い、英文記事を探してみましたが
どうやら日本語訳時の意訳のようです。

名前: mail:

【2:2】【IT】プレビュー版Windows 10のタスクマネージャーに“GPU”が追加[2017年6月22日]
1NSfTAG8W/6:2017/06/22(木)13:53:15 ID:TID
 米Microsoftは21日(現地時間)、Windows 10 Insider Preview「Build 16226」をPC向けにFast ringでリリースした。

 Build 16226では、タスクマネージャーの「パフォーマンス」タブにGPUの項目が追加されており、GPU使用率を確認できるようになった。
また、3Dやビデオエンコード/デコードなど、GPU個別のコンポーネントがそれぞれ確認でき、GPUメモリの使用状態もわかるようになっている。
さらに、「詳細」タブからプロセスごとのGPU使用率も見ることができる。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1066662.html



2名無しさん@おーぷん:2017/06/22(木)13:55:10 ID:7Fr
いらん

名前: mail:

【3:1】【生理学】「よく噛む」は、脳の発達を助ける。「噛まない」は、脳の発達を阻害する[17/06/16]
1ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/06/19(月)18:34:35 ID:439
マウスモデルで咀嚼刺激の低下が記憶・学習機能を障害するメカニズムを解明
~よく噛むことが成長期の高次脳機能の発達に重要である可能性~

東京医科歯科大学(TMDU)/科学技術振興機構(JST)/日本医療研究開発機構(AMED)
平成29年6月16日
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170616/index.html


※一部抜粋。全文及び詳細は、上記配信元サイトでどうぞ。

 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子情報伝達学分野の中島友紀教授と
同大学院咬合機能矯正学分野の小野卓史教授、福島由香乃研究員らの研究グループは、
神戸大学 大学院医学研究科システム生理学分野和氣弘明教授との共同研究で、
成長期における咀嚼(食物を細かくなるまでよく嚼(か)むこと)刺激の低下が
記憶を司る海馬の神経細胞に変化をもたらし、
記憶・学習機能障害を引き起こすことを突き止めました。



名前: mail:

【4:3】【天文】「重力レンズ」観測成功…太陽以外の恒星で初 H29/6/9
1ん◆2R.j9FMXMSiE:2017/06/10(土)09:41:46 ID:bBu
 
 読売新聞によると、太陽以外の恒星で初となる重力レンズの観測に成功したという。
 アメリカの科学誌サイエンス電子版に発表された論文によると、地球から約17光年離れた
白色矮星の重力で背後にある星の光がわずかに曲がったという。これにより、白色矮星の重さ
は太陽の7割と推定されるという。アインシュタインは太陽以外の恒星で観測される望みはな
いと考えていたという。
 ナショナルジオグラフィックによると、この白色矮星は「スタイン2051B」で約18光年先
にあるという。
 詳細は読売新聞とナショナルジオグラフィックで。 


>「重力レンズ」観測成功…太陽以外の恒星で初
2017年06月09日 08時28分 読売新聞【ワシントン=三井誠】
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170609-OYT1T50022.html

>重力レンズ使った星の重さ測定に成功、ハッブル
アインシュタインの「不可能な実験」がついに実現した
2017.06.09 ナショナルジオグラフィック 文=Nadia Drake/訳=三枝小夜子
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/060900215/?P=1
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/060900215/?P=2



2名無しさん@おーぷん:2017/06/12(月)18:46:35 ID:byf
食で見えない筈の恒星が見えたというニュース?

3名無しさん@おーぷん:2017/06/19(月)17:15:30 ID:P5n
まだやったんか

名前: mail:

【5:7】【宇宙/技術】肉眼で見える!?10センチ角の超小型人工衛星打ち上げへ[17/05/05]
1ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/05/07(日)08:40:19 ID:lRI
発光し肉眼で見える、超小型人工衛星打ち上げへ
YOMIURI ONLINE 2017年05月05日 09時50分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170505-OYT1T50009.html


(前略)

 同大(愛知工科大)工学部の西尾正則教授らが開発した「AUTcube2」は
一辺が10センチほどの立方体で、重さは1・65キロ。
JAXAがロケットへの衛星搭載を希望する団体を公募し、
全国で同大を含む5大学が選ばれた。

 西尾教授によると、「AUTcube2」は
発光ダイオード(LED)ライト32個と魚眼カメラ2個を装備。
613キロ上空で、強い光を出せるようにしたLEDライト8個を使い、
5~6等星の明るさで地上から肉眼でも観測できるようにするほか、
点滅させてモールス信号のように情報を伝達する。


※全文を確認するには、上記配信元サイトでどうぞ。



2名無しさん@おーぷん:2017/05/30(火)01:02:54 ID:1xT
富山県高岡市済生会病院では医師や看護師が組織的に患者を殺している
主導したのは元院長 飯田博行だ

富山県 高岡市 済生会 組織犯罪

3名無しさん@おーぷん:2017/05/31(水)02:19:16 ID:sIQ
視力悪いから駄目だ

4名無しさん@おーぷん:2017/06/08(木)16:53:40 ID:hFZ
スペースデブリにしちゃ大きいな・・・
なんてことにならなきゃいいが

5名無しさん@おーぷん:2017/06/13(火)08:35:46 ID:p6O
>>4
時間が経ったら自然に地球に落下する軌道に始めから乗せているんだろう

6名無しさん@おーぷん:2017/06/13(火)08:38:47 ID:p6O
JAXAの小型衛星の担当者は「一家に一台小型衛星を」とか言っていたけど
そんなに打ち上げて何するんだろうね

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/04/news079.html

7名無しさん@おーぷん:2017/06/19(月)17:14:11 ID:P5n
>>6
ドラえもんか

名前: mail:

【6:1】【技術】ニュース Samsung、64層256Gb V-NANDフラッシュの量産を開始[2017年6月19日]
1NSfTAG8W/6:2017/06/19(月)16:12:43 ID:x9Z
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1065996.html
Samsung Electronicsは15日(韓国時間)、256Gbの64層V-NANDフラッシュ量産開始を発表した。

 64層V-NANDチップは第4世代V-NANDにあたるもので、2017年末までに64層V-NAND生産を月間NAND生産の50%以上に拡大する予定。同社では1月より主要顧客向けに64層V-NAND搭載SSDを出荷しており、今回の量産開始以降、SSDのほか、組み込み用UFSメモリ、外部メモリカードなどを2017年後半より投入する見込み。

 同チップは、現行NANDフラッシュで最速となる1Gbpsのデータ転送速度を謳うほか、48層3bit 256Gb V-NANDフラッシュの約1.5倍、10nmクラスのプレーナNANDの約4倍となる、500μsという業界最速のtPROG(ページプログラムタイム)を達成したとしている。

 64層256Gb V-NANDでは、既存の48層256Gb V-NANDと比較して、30%以上の生産性向上を実現し、電圧が3.3Vから2.5Vに下がり、約30%のエネルギー効率向上を謳う。セルの信頼性も約20%向上しているという。

 同社によれば、3D CTF (Charge Trap Flash)構造に基づき64層セルアレイを実現しており、チャネルホールの内側を原子的に薄い非導電性物質で均一に覆うことで、性能と信頼性が向上したより小さなセルが作成できたとする。

 また同社では、64層V-NANDの成功により、90層以上のセルアレイをスタックした、1チップで1Tb以上の大容量V-NANDチップの実現に必要な基本技術を確保したとしている。



名前: mail:

【7:3】【技術】スコープカメラに空気排出機能搭載。災害地などでのサーチ機能大幅に向上[17/06/12]
1ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/06/13(火)18:36:10 ID:xdd
空気噴射により瓦礫を浮上して乗り越える索状ロボットを開発
~ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジによる索状ロボット「能動スコープカメラ」先端部浮上による瓦礫踏破性能の飛躍的向上・周囲見渡しによって災害救助活動を高度化~

東北大学/八戸高等工業専門学校/国際レスキューシステム研究機構
/科学技術振興機構(JST)/内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)
平成29年6月12日

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20170612/index.html


 内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する
革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー:田所 諭)の一環として、
東北大学の田所諭教授、昆陽雅司准教授、多田隈建二郎准教授、安部祐一特任助教、八戸工業高等専門学校の圓山 重直校長、
国際レスキューシステム研究機構らのグループは、空気噴射によって瓦礫踏破能力を飛躍的に向上させた索状ロボット
「空気浮上型能動スコープカメラ」の開発に成功しました。
従来の能動スコープカメラでは困難であった高い障害物やギャップの乗り越えが可能になると同時に、
空気噴射浮上によって高い視点を得ることで、瓦礫内を広く見渡すことが可能となり、
カメラ映像から瓦礫の内部状況が把握しやすくなりました。
今後、これまで同プログラムで開発してきたさまざまな感覚機能を統合することによって、
大規模地震や土砂崩れなどで被害を受けた建物内における被災者探索、災害調査の高度化が期待されます。

※全文及び詳細の確認は、上記配信元サイトでどうぞ。



2名無しさん@おーぷん:2017/06/15(木)23:44:31 ID:b8Z
ホバー?

3ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/06/16(金)19:10:38 ID:oEK
どちらかといえば
「鎌首をもたげる」感じ?

おそらく、胴体は浮かない

名前: mail:

【8:3】【天文】「みちびき2号機」H-ⅡA 34号機 打ち上げ成功 [H29/06/01]
1ベンゼン環◆GheyyebuCY:2017/06/01(木)09:56:42 ID:BCJ
三菱重工とJAXAは1日 午前9時17分46秒、H-ⅡAロケット34号機により、
準天頂衛星「みちびき2号機」を打ち上げました。

種子島宇宙センターより打ち上げられたロケットは順調に飛行を続け、
約28分後に衛星を分離して起動に導入され、打ち上げは成功しました。


詳細はソースをご覧下さい。

ソース

NHK 6月1日 9時48分
日本版GPS衛星「みちびき」 打ち上げに成功
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170601/k10011002581000.html



2名無しさん@おーぷん:2017/06/03(土)10:43:32 ID:PTS
順調だね

3名無しさん@おーぷん:2017/06/13(火)08:26:27 ID:p6O
みちびきを10機以上打ち上げて計測精度をミリ単位にしようぜ

名前: mail:

【9:2】【環境】浮遊する黒色酸化鉄の微粒子が大気を加熱する[17/05/18]
1ケサランパサラン◆6c3T18WtTLBI:2017/05/18(木)22:57:23 ID:Ofj
浮遊する黒色酸化鉄粒子が大気を加熱
Science Portal 2017年5月18日
https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2017/05/20170518_01.html


 大気に浮遊する微粒子(エアロゾル)のうち黒色の酸化鉄の粒子が
太陽光を吸収して大気を加熱することが分かった、
と東京大学や気象庁気象研究所の研究グループが16日発表した。
この黒色酸化鉄粒子は自動車などから排出されているとみられ、
新たな地球温暖化物質として気温上昇や水循環に影響している可能性があるという。
研究成果は同日付の英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに掲載された。

 東京大学大学院理学系研究科の茂木信宏(もてき のぶひろ)助教、
気象研究所の足立光司(あだち こうじ)主任研究官、
国立極地研究所の近藤豊(こんどう ゆたか)特任教授らの研究グループによると、
大気中に浮遊する黒色酸化鉄粒子は自動車のエンジンやブレーキの高温部分や、
製鉄の工程など人為的にも発生すると、これまでの研究から考えられている。

 研究グループは、航空機に独自の分析装置を搭載して東アジア上空の対流圏大気の観測を実施した。
その結果、600から2,100ナノメートル(ナノは10億分の1)程度の黒色酸化鉄粒子が
大気中に高い濃度で含まれていることが分かった。
この粒子は大気中や雪氷表面で太陽光を吸収して加熱するために粒子量が増加すると
温暖化の一因になるだけでなく、
対流圏を不均一に加熱することから雲の量や降水量などにも影響するという。

(後略)


※全文及び詳細の確認は、上記配信元サイトでどうぞ。



2名無しさん@おーぷん:2017/06/12(月)19:14:17 ID:byf
新たな人工降雨システムの開発に資するものなのかな?

名前: mail:

【10:2】【天文】表面温度4300度…最も熱い惑星「KELT9b」を発見 東大や国立天文台の国際チーム H29/6/6
1ん◆2R.j9FMXMSiE:2017/06/06(火)21:33:35 ID:CoL
 
 産経新聞によると、表面温度が4300度の惑星が見つかったという。
 惑星はガス状で、恒星からの照射で大気成分が失われつつあるという。
 東大や国立天文台のチームがイギリスの科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 詳細は産経新聞で。


>表明温度4300度…最も熱い惑星を発見 東大や国立天文台の国際チーム
2017.6.6 07:27 産経新聞
http://www.sankei.com/life/news/170606/lif1706060009-n1.html



2名無しさん@おーぷん:2017/06/09(金)16:16:44 ID:yDp
スーパーホットジュピターかい

名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2017 satoru.net