open2ch.net
携帯で見る

(´∀`)まだまだバナー募集中
 バナー一覧

科学ニュース+@おーぷん2ちゃんねる

ローカルルールの議論・経過についてはwiki
おーぷん初心者はよくある質問と回答を見てね
テスト投稿は野原板でやってね。
板一覧 | ヘッドラインランキング履歴 
2019/11/1 カンマスレで新着でカンマ表示されぬいバグなおした
 

      設定
 
1: 【天文】「はやぶさ2」明日小惑星を出発、来年末に地球に帰還へ [R1/11/12] (3) 2: 【疫学/分子生物学】インフルエンザウィルスセンサー(感知分子)[19/10/26] (2) 3: ◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 (427) 4: 【科学】「こうのとり」8号機、H-ⅡB 8号機で打ち上げ成功 [R1/09/25] (14) 5: 【物性/技術】黒体輻射を用いた温度計で、耐超高温素材の物性を探る[19/10/21] (3) 6: 【物性/技術】超低損失ナノ結晶薄帯の量産製造装置を開発[19/10/15] (2) 7: 【天文】恐竜を滅ぼした「巨大隕石の衝突当日に何が起きたのか?」が判明 (6) 8: 【医学生理学】ノーベル医学生理学賞 低酸素状態への適応で英米3名に [R1/10/07] (2) 9: 【鉱物】世界初 ダイヤ入りダイヤを発見―ロシア [R1/10/05] (7) 10:【化学】ノーベル化学賞 リチウムイオン電池」開発の吉野彰さん [R1/10/09] (14) 11:【物理】ノーベル物理学賞 系外惑星の発見で3名に [R1/10/08] (2) 12:【環境】南極のオゾンホールが半減! 上空の気温の異常上昇が原因と気象庁[19/09/27] (3) 13:【科学】H-ⅡB 8号機、「こうのとり」8号機の再打ち上げ日発表 [R1/09/20] (36) 14:【生物/遺伝学】濡れても発芽しない?! 雨ニモマケナイ小麦開発[19/08/05] (5) 15:【古生物】鳥の祖先はいつ飛んだ?米国で見つかった1.5億年前の恐竜の新種が古生物学者をざわつかせる[07/22] (2) 16: 【地質学】3万年間噴火しなかった火山の地下に「琵琶湖級」のマグマだまりを発見か ルーマニア[07/22] (2) 17: 【医学】睡眠が不十分だと将来、介護施設行きになる確率が増加する[19/07/23] (10) 18:【医療】動物での人間の臓器作製解禁へ―政府方針 [H30/10/26] (6) 19:おーぷん、ニュー速+ & 科学 記者スレッド (5) 20:【医療】人工血液、動物実験に成功―常温で1年以上保存可 [R1/09/11] (7) 21:【科学】H-ⅡB 8号機、「こうのとり」8号機の本日打ち上げを中止 [R1/09/11] (2) 22:【宇宙】運が悪けりゃ死ぬだけさ。スペースX、衝突危険性通知を無視[19/09/04] (1) 23:【研究】文科省、「ハイパーカミオカンデ」建設に概算要求 [R1/08/21] (4) 24:【天体】はやぶさ2 衝突実験成功。2キロの弾を秒速2キロで[19/04/05] (7) 25:【天文】銀河系中心のブラックホールいて座A*が通常の75倍に輝く、原因は不明 [R1/08/18] (12) 26:ベンゼン環記者さんへ !max10 (10) 27:台風のいいとこを教えてほしい (6) 28:【宇宙開発】太陽光を推進力に変える「帆」、宇宙で展開成功 米団体が製造[19/07/24] (6) 29:【研究】世界初、液体の永久磁石を偶然に開発 [R1/07/29] (4) 30: 【宇宙】空から15キロの物体が水田に落下、隕石か インド東部[19/07/25] (2) 31:【天文】銀河系、100億年前に他の銀河と衝突合体 [R1/07/24] (4) 32:【天文】銀河系で、宇宙最古級の星々を特定 [R1/07/24] (1) 33:【動物】ふ化する前の鳥の卵がコミュニケーションを取っていることが判明[19/07/24] (1) 34:【天文学】ホットジュピター(太陽系外惑星)の磁場の強さを測定成功。光のカルシウム痕跡に注目[19/07/23] (1) 35:【医療】薬が効かないマラリア原虫、ヴェトナムやタイなどで広がる[19/07/23] (2) 36: 【天文学】銀河系、100億年前に別の銀河を「丸のみ」 論文[19/07/23] (2) 37:【動物】南ア沖のザトウクジラが驚異の復活、最新調査で判明「最高のペースで増えています」 (1) 38:【天体】はやぶさ2、リュウグウへの2回目のタッチダウン成功[19/07/11] (1) 39:【情報/通信】山岳救助に衛星通信ドローンを活用[19/06/04] (1) 40:【社会学】会議上で消極的な参加者に発言を促す効果的な方法は?[19/05/27] (1) 41:【天文/思考実験】「ジャイアントインパクト説」に有力な傍証[19/05/25] (2) 42:【工学/技術】汎用大量生産へのアンチテーゼ。少量生産システムで宇宙特化チップ開発[18/05/10] (2) 43:【航空】「ストラトローンチ」世界最大の航空機が初の試験飛行実施 [H31/04/14] (2) 44:【天文】世界初 ブラックホールの輪郭撮影に成功 [H31/04/10] (3) 45:【生物/薬学】ミミズ酵素 - 秘められたるその可能性[19/04/12] (1) 46:【環境/気象】北極圏の凍土の下は生物由来の成分が桁違いに多いっぽい[19/04/08] (1) 47:【生物/古代】クジラの祖先はやはり歩いていた[19/04/05] (3) 48:【生物/生化学】ウシ筋を「サイコロステーキ状」に培養 - 日清[19/03/22] (3) 49:デジモンストーリーサイバースルゥースハッカーズメモリー2032 (1) 50:【環境/統計】CO2排出量増加へ IEA[19/04/01] (1) 51:【物理】量子化されたエネルギー吸収率の観測に成功[19/03/28] (1) 52:【医療/医学/生物】乳がんの幹細胞が、分裂して倍増する仕組みを発見[19/03/15] (2) 53:【医療】睡眠を引き起こす遺伝子発見―名前は「nemuri」 [H31/02/01] (3) 54:【AI】人工知能を「正しい道」へと導くのは誰か──学会で語られたAIの倫理への懸念[18/01/15] (8) 55:【酵素】脳内酵素が個人の性格・気質と関連する―理化学研究所 [H31/01/15] (4) 56:【インフルエンザ】インフルエンザ脳症で小4男児死亡―長野 [H31/01/22] (2) 57:【宇宙】イプシロン4号機、最大の衛星 軌道投入成功 [H31/01/18] (7) 58:【宇宙】地球外生命体の研究機関にC・セーガン[15/05/11] (8) 59:れいあーーーー (2) 60:【生物】7500メートルの深海で新種の魚を発見―アタカマ海溝 [H30/09/15] (3) 61:【天文】「こうのとり」7号機、H-ⅡB 7号機で打ち上げ成功 [H30/09/23] (2) 62:【天文】探査機「はやぶさ2」、小惑星「リュウグウ」に到着 [H30/06/27] (6) 63:【医学】サイコパスは「うそをつく」意志決定が速い 京大などがMRIで実証[18/07/20] (5) 64:【天文】小惑星リュウグウ、天体の破片が集まってできた可能性 「はやぶさ2」チーム、探査状況を発表[18/07/20] (2) 65:【天文/天体】来年(2018)は、皆既月食が2回[17/02/01] (12) 66:【生物】光が好きなはずの植物プランクトンが、光が少ないと増えるという不思議[18/07/11] (2) 67:【軍事】「情報収集衛星レーダ6号機」H-ⅡA 39号機 打ち上げ成功 [H30/06/12] (2) 68:【IT/学術】東大発ベンチャー、研究論文の不正画像を人工知能と専門家が検査するサービスを開始[15/04/20] (13) 69:富士通研、さまざまなスマホと周辺デバイスを簡単に繋げるWebOS技術を開発 (5) 70:【物性/技術】強誘電体(クロコン酸結晶)の分極をパルス光照射で、高速に制御。様々な電子デバイスへの応用に期待[17/03/07] (2) 71:【医療】脱毛症の治療技術を開発、理化学研究所 [H30/06/04] (2) 72:【地学】熊本地震・阿蘇山付近の地盤、本震で30センチ沈む(本震の震源近くでは最大1・2メートル以上沈む)立体地図 H28/4/23 (7) 73:【惑星】ついに火星に「液体の水」が存在する高い可能性を示す研究が発表される (8) 74:【生物学】コウモリの超音波、周波数変えて混信回避[18/05/07] (4) 75:【行政】科研費の抜本改革を実施 多様で独創的な学術振興目指し文科省[17/01/30] (3) 76:【生物学】食べないで…マウス、ラットの性フェロモン感知し防御[18/03/31] (2) 77:とある発見おしたのですが伝える術がありません (4) 78:【生物学】メガマウスザメ解剖、体内から卵の殻を採取[18/02/27] (3) 79:【生物/生殖/畜産】「泳ぎ方」に依って精子を選別すると、受胎の確率が上がる[18/03/20] (2) 80:【不正】京大iPS細胞研究所の論文に捏造・改竄の不正、22日17:30から会見 [H30/01/22] (5) 81:【生物】魅力発信、推しはどのこ? 静岡でゴキブリ展[18/02/06] (3) 82:【電子工学】宙舞うLED 東大が開発、空中ディスプレーへ応用も[18/03/05] (2) 83:【軍事】H-ⅡAロケット38号機「情報収集衛星 光学6号機」打ち上げ成功 [H30/02/27] (1) 84:【地球科学】草津白根山、噴火繰り返されていた? 過去の痕跡を発見[18/02/25] (2) 85:【生物学】血管つくる幹細胞を発見 大阪大、マウス実験で再生確認[18/02/09] (1) 86:【生物学】ウーパールーパーのゲノム、ヒトの10倍超 解読に成功[18/02/07] (2) 87:【空間情報工学】中国、電磁環境モニター試験衛星「張衡1号」の打ち上げに成功[18/02/03] (4) 88:【天文】SS-520 5号機打ち上げ成功 [H30/02/03] (2) 89:【技術】原子時計をスマホに搭載可能な大きさに小型化―NICT [H30/01/23] (7) 90:【生態系】「ヨシ」守るために燃やす…生態系の維持に良し[18/01/29] (2) 91:【環境学】琵琶湖産オイカワ 木曽三川に広がる[18/01/25] (2) 92:【気象/情報】赤外線情報をプラスしたら、台風予測の精度がアップする?[18/01/25] (1) 93:【物性/産業】ヨウ素で国産品技術開発を…千葉大に拠点設置へ[17/04/30] (2) 94:【技術】浮遊する人口蛍[18/01/16] (4) 95:【天文】イプシロンロケット3号機「高性能小型レーダ衛星(ASNARO-2)」打ち上げ成功 [H30/01/18] (6) 96:【天文】謎の天体が太陽系を通過中、外から飛来なら観測史上初[17/10/28] (20) 97:【宇宙】月面探査車がインドへ出発 国際コンテスト参加、来年打ち上げ[1712/19] (6) 98:【科学・IT】日本の深海ロボ、頂に挑む…国際レース予選出場[18/01/05] (5) 99:【行動学】熟練したカラスは、道具作りへの拘りが小さくなる[17/12/08] (5) 100:【生物/博物学】100年ぶり桜の新種発見か…形異なり早い開花[18/01/11] (5) 
スレッド一覧   過去ログ   ごみ箱(仮)

【1:3】【天文】「はやぶさ2」明日小惑星を出発、来年末に地球に帰還へ [R1/11/12]
1ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/11/12(火)17:24:55 ID:hPn
3年半をかけ、岩石採取のため小惑星「リュウグウ」に2度の 軟着陸に成功した探査機「はやぶさ2」は、13日に小惑星を出発し 地球への帰還を開始する。12日にJAXAが発表した。 「はやぶさ2」は、13日から帰還を開始し「リュウグウ」から 遠ざかり、今月20日からイオンエンジンの試験開始、来月3日以降 イオンエンジンの本格稼働で地球へと向かう。 来年の11月〜12月にカプセルを分離し、オーストラリアの砂漠地帯 に落下させる計画となっている。 以上ソースの要約です。詳細はソースをご覧下さい ソース 2019年11月12日 16時29分 「はやぶさ2」あす小惑星出発 来年末ごろ地球帰還へ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191112/k10012174371000.html



2名無しさん@おーぷん:19/11/12(火)23:17:29 ID:o74
来年ですか。 すぐとみるか、まだまだ先とみるか・・・
3名無しさん@おーぷん:19/11/15(金)10:56:46 ID:2Lh
りゅうぐうの重力ってどのくらいだろ?
名前: mail:
【2:2】【疫学/分子生物学】インフルエンザウィルスセンサー(感知分子)[19/10/26]
1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:19/11/05(火)21:53:02 ID:4O5
気道上皮組織でインフルエンザウイルスを感知する病原体センサーのたんぱく質を発見 筑波大学/日本医療研究開発機構(AMED)/科学技術振興機構(JST) 令和元年10月26日 https://www.jst.go.jp/pr/announce/20191026/index.html ※一部抜粋。全文及び図表の確認は上記配信元サイトで。 ポイント ○気道上皮細胞へのウイルス感染を特異的に認識する分子メカニズムは不明でしたが、 病原体センサー分子としてMxAたんぱく質を同定しました。 ○インフルエンザウイルスの感染早期にMxAによって生体防御応答が誘導され、 ウイルスの増殖が抑制されることを明らかにしました。 ○ヒトへ感染する能力を持った新型インフルエンザウイルスは、MxAに対する耐性変異を獲得しており、 新型インフルエンザウイルスの出現メカニズムを解明する上でも重要な成果です。



2名無しさん@おーぷん:19/11/12(火)23:20:18 ID:o74
将来的にはMxAタンパク質そのものを変化させる予防的治療とかできたりするんでしょうかね?
名前: mail:
【3:427】◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1
1名無しさん:14/04/02(水)21:20:52 ID:ZSoE2gE1G
コテも名無しもいらっしゃい



418忍【LV25,じごくのきし,RF】:19/10/21(月)15:53:21 ID:RFz
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png >>417 なるほー 自分もよくわかってませんw gifだったので面白いかなーって思いました(小並
419忍【LV25,じごくのきし,RF】:19/10/21(月)16:29:18 ID:RFz
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png 火星着陸探査機 InSight、粗い地面に阻まれていた穴掘りがようやく進展。熱プローブ埋込み用 https://japanese.engadget.com/2019/10/20/insight/ >NASAの火星着陸機InSightは、2018年11月の着陸以来「火星の風の音」や火星で起こる地震、 >つまり「火震」の観測などといった成果を上げてきました。 >しかしその一方で、予定していた火星内部からの熱流出を測定する熱伝導プローブを地中に差し込む工程が難航し、 >2月に作業を開始したもののこれまで熱の測定をするには至っていませんでした。 >InSight着陸機の熱伝達プローブはまだ必要な深さに至ったわけではなく、 >10月8日から約3/4インチ(約2cm)ほど地面に刺さったにすぎません。 >そして目的とする地下16フィート(約5m)の深さまではまだまだ長い道のりが待っています。 火星探査船こんなコトしてたんですねー 掘り続けてるということは一ヶ所に留まって 黙々と作業をしてるんでしょうかね
420忍【LV26,じごくのきし,RF】:19/10/24(木)15:39:09 ID:keS
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png 記者会見は10/28だそうです 小惑星探査機「はやぶさ2」の記者説明会(19/10/28)ライブ配信 | ファン!ファン!JAXA! https://fanfun.jaxa.jp/jaxatv/detail/15504.html >小惑星探査機「はやぶさ2」は、引き続き小惑星Ryugu(リュウグウ)の観測活動を実施しています。 >今回の説明会では、ターゲットマーカ分離結果、MINERVA-II2分離結果について説明を行う予定です。 >また、大学コンソーシアムが開発して「はやぶさ2」に搭載したMINERVA-II2の状況については、 >東北大学、九州工業大学より説明を行う予定です。 >この記者説明会の様子をライブ配信します。
421忍【LV26,じごくのきし,RF】:19/10/25(金)18:56:20 ID:ZDu
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png OmniVision、血管のなかも通れる砂粒大の極小カメラ - PC Watch https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1214663.html >OmniVision Techonologiesは22日(米国時間)、同社のイメージセンサー「OV6948」が >商用イメージセンサーで世界最小としてギネス世界記録に登録されたと発表した。 >本センサーおよびカメラモジュールにより、神経、眼科、耳鼻咽喉科、心臓、脊椎、泌尿器科、婦人科および関節など、 >身体のもっとも細い血管内の映像を映し出すことができるとしており、 >需要が拡大を続けている内視鏡分野のニーズに応えるとしている。
422忍【LV18,キングマーマン,7Y】:19/10/29(火)23:49:20 ID:uuL
!icon https://i.imgur.com/yS660xb.png 吉野氏ら文化勲章=功労者は玉三郎さんら:時事ドットコム https://www.jiji.com/jc/article?k=2019102900521 >政府は29日、2019年度の文化勲章を、ノーベル化学賞受賞が決まった >電気化学の吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)や狂言の野村萬氏=本名野村太良=(89)ら6人に贈ると発表した。
423忍【LV27,じごくのきし,RF】:19/10/31(木)18:38:41 ID:Onp
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png MITが地味だけれど凄いもの作ってます 応用できたら夢が広がりまくり MIT、自律的に合体し、転がったり飛んだりできるキューブ型ロボット - PC Watch https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1215936.html 🍩🍫🎃
424忍【LV27,じごくのきし,RF】:19/11/03(日)19:18:45 ID:Gko
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png 宇宙最小サイズのブラックホールが発見される 太陽質量の3.3倍 https://news.nicovideo.jp/watch/nw6132099 (抜粋) >実は恒星が中性子星になる場合と、ブラックホールになる場合の条件はまだ厳密に明らかにはなっておらず、 >発見されている中性子星とブラックホールの質量にも大きなギャップが存在しています。 >この事実は、これまでのブラックホールの人口調査に大きな漏れがあった可能性を示唆するものです。 >現在発見されている中性子星では、太陽質量の2.1倍程度より重いものは見つかっていません。 >これまで発見されたブラックホールの最小質量は太陽質量の5倍程度までです。 >天文学者の予想では、中性子星が太陽質量の2.5倍以上になった場合、ブラックホールに崩壊するだろうと考えられています。 >そうなると私たちは非常に多くのブラックホールを見落としていることになるのです。 >「これは例えるならば、ある都市で身長175cm以下の人は人口として数えていないようなものです。 > そんな不完全な人口データは、調査として意味がないと言えるでしょう」 >研究チームは巨大な赤い星が何かの軌道を周回しているように見えるデータを発見したのです。 >その”何か”は計算の結果、太陽の約3.3倍の質量のをもった天体であることがわかりました。 >これは知られている中性子星よりはるかに重く、既知のブラックホールよりずっと小さいものです。
425ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/11/03(日)20:20:11 ID:0sG
中性子星にも密度の限界があって、それは四つの基本相互作用のうちの一つ、 強い相互作用(核力)の性質で決まっています。 そこから質量にも上限があることがわかり、太陽質量の約3倍と求められます。 この質量の理論的上限値をチャンドラセカール限界といいます。 この限界があるので、ソースにあるように、異常に重い中性子星は見つからないわけです。 これが本当にブラックホールであるなら、超新星爆発したときに相当微妙な質量バランスで 核が中性子星として残されたのでしょうか。
426忍【LV28,じごくのきし,RF】:19/11/05(火)18:33:02 ID:Mon
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png 打ち上げから42年 ボイジャー2号が迫る星間空間の謎 https://www.afpbb.com/articles/-/3253096 >科学者らはボイジャー2号と双子の探査機ボイジャー1号(Voyager 1)から送られてくる観測データを比較することで、 >数々の疑問に答えが出ると期待していた。 >だが、ボイジャー2号が太陽風や磁場、太陽の影響範囲である >太陽圏と星間空間との境界を飛び交う宇宙線などに関する謎を解決するごとに、また新たな謎が出てくるという。 太陽圏を離脱したボイジャー2号から分析される星間空間との境界 https://sorae.info/space/20191105-voyager2.html >ボイジャー2号が、太陽から放出されるプラズマが及ぶ範囲である太陽圏を抜け、 >星間空間に到達するに際に計測されたデータと、既に太陽圏を離脱しているボイジャー1号の計測データを >比較・分析することで、境界付近の謎の解明に大きく貢献したことになります。 >ボイジャー2号が計測したデータでは、星間空間に近づくにつれて太陽から放出されるプラズマが減速し、 >密度や温度が上昇する一方、星間空間側のプラズマは低温であることも観測。 >この現象は、太陽風と星間物質が衝突する接触範囲によるものと考えられます。
427オーバーテクナナシー:19/11/10(日)18:16:00 ID:m6N
(強いAI)技術的特異点/シンギュラリティ178 https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/future/1573088050/
名前: mail:
【4:14】【科学】「こうのとり」8号機、H-ⅡB 8号機で打ち上げ成功 [R1/09/25]
1ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/09/25(水)01:25:48 ID:bmI
三菱重工は25日 午前1時5分5秒、H-ⅡBロケット8号機により、 「こうのとり」8号機を打ち上げました。 種子島宇宙センターより打ち上げられたロケットは順調に飛行を続け、 約15分後、『「こうのとり」8号機』を分離して軌道に導入され、 打ち上げは成功しました。 詳細はソースをご覧下さい。 ソース NHK 2019年9月25日 1時24分 「こうのとり」8号機 打ち上げ成功 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190925/k10012097611000.html



5名無しさん@おーぷん:19/09/25(水)05:16:57 ID:UpJ
とりあえず一言、オメ
6名無しさん@おーぷん:19/09/25(水)05:19:11 ID:UpJ
というか、あまり気にしてこなかったけど、 こうのとり、三菱重工だったのか・・・。 頑張ってほしいね。色々あるけど。
7名無しさん@おーぷん:19/09/25(水)06:27:01 ID:jvt
おめでとうございます それにしても真夜中に打ち上げたんだね
8名無しさん@おーぷん:19/09/25(水)06:33:37 ID:UpJ
睡眠時間泥棒でしたか。
9名無しさん@おーぷん:19/09/26(木)06:25:12 ID:E6Z
>三菱重工業は火災の原因として、エンジン付近から排出される液体酸素が、 >発射台の耐熱材に吹きかかり続けることで静電気が発生した可能性が高いとして、 >耐熱材をアルミのシートで覆って静電気が起きない対策などを行いました。 対策が割とローテクでワロタ。 でもこういうの馬鹿にならんのよね
10ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/09/28(土)19:59:06 ID:Tt5
本日、20時15分頃にISSのロボットアームでキャプチャ(把持)予定です。 JAXAのLive https://www.youtube.com/watch?v=m2R8TpKNKvk&feature=youtu.be NASA TV https://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/
11ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/09/28(土)20:14:55 ID:Tt5
「こうのとり」8号機は、無事にロボットアームにキャプチャ(把持)されました。 おめでとうございます。
12名無しさん@おーぷん:19/09/29(日)05:17:44 ID:17l
>>11 おお、おめでとうございます。
13忍【LV18,ゾーマ,9F】 無駄な抵抗◆tQvQw3eRRU:19/09/29(日)15:03:08 ID:Ybp
!icon https://i.imgur.com/srf5cCds.jpg 「こうのとり」、ISSと結合 8回連続の輸送成功 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000048-asahi-soci 流石日本ですな
14ガル猫■忍【LV21,メタルキメラ,UA】:19/11/05(火)13:41:18 ID:UfU
!icon https://i.imgur.com/oSvXu1ss.jpg https://www.youtube.com/watch?v=vAdeVifwEr4 「こうのとり」8号機(HTV8)再突入完了後記者会見(19/11/5)ライブ配信 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、このたび、宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機(HTV8)の分離・再突入に関し、記者会見を実施いたします。 この記者会見の様子をライブ配信します。
名前: mail:
【5:3】【物性/技術】黒体輻射を用いた温度計で、耐超高温素材の物性を探る[19/10/21]
1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:19/10/23(水)20:36:38 ID:P0u
超高温モシブチック合金の凝固過程を解明 ~黒体放射を利用した新規超高温熱分析装置の開発と 浮遊法による凝固過程のその場観察手法の確立~ 東北大学 多元物質科学研究所/科学技術振興機構(JST)令和元年10月21日 https://www.jst.go.jp/pr/announce/20191021/index.html ※一部抜粋。全文及び詳細の確認は上記配信元サイトで。 ポイント ○地球温暖化の観点から熱機関の高効率化が求められており、  熱機関部材(タービンブレードなど)の高温化が有効な手段として注目されている。 ○今回、黒体放射を利用した2000℃以上で計測可能な超高温熱分析装置を開発。 ○次世代超高温材料として期待されるモシブチック合金  (モリブデンを主成分とし、シリコン、ボロン、チタン、炭素などを含む合金)の  凝固過程の熱分析やその場観察などに成功。 ○今後、さまざまな超高温材料の熱分析が可能になり、  超効率エネルギー変換材料の開発や超高温場制御を行うことなどが期待される。



2名無しさん@おーぷん:19/10/26(土)07:05:11 ID:Wr8
しかし、用途としては何だろ? ガスタービン? ジェットエンジンにも使えるということなのだろうか? 飛行機の燃費が良くなるのはよいこと。
3名無しさん@おーぷん:19/11/08(金)21:32:18 ID:2ke
メルトダウンしない炉でもつくれますか? https://i.imgur.com/r22HTEc.jpg
名前: mail:
【6:2】【物性/技術】超低損失ナノ結晶薄帯の量産製造装置を開発[19/10/15]
1ケサラン◆S2oy0h69ilgz:19/10/15(火)22:39:44 ID:qH7
エネルギー損失を最小化する磁性薄帯の量産製造装置を開発 ~電磁鋼板を代替し幅広い機器での省エネ効果に期待~ 科学技術振興機構(JST)/株式会社東北マグネットインスティテュート 令和元年10月15日 https://www.jst.go.jp/pr/announce/20191015/index.html ※一部抜粋。詳細及び図表の確認は、上記配信元サイトで。 ポイント ○東北大学で開発された超低損失ナノ結晶薄帯は、  既存の軟磁性材料に比べ磁気特性に優れるが、その量産化技術が未確立だった。 ○ナノ結晶薄帯量産製造装置を開発し、  業界初の250ミリメートル幅のナノ結晶薄帯の量産化にめどを付けた。 ○今後、EV(電気自動車)用モーターを始めとした広い応用が期待され、  世界で約1兆円規模の市場獲得が見込まれる。



2オーバーテクナナシー:19/11/14(木)11:19:40 ID:3rK
(情報科学)技術的特異点と科学・技術等 1 (ナノテク) [転載禁止]©2ch.net https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/future/1427220599/
名前: mail:
【7:6】【天文】恐竜を滅ぼした「巨大隕石の衝突当日に何が起きたのか?」が判明
1名無しさん@おーぷん:19/09/12(木)20:43:10 ID:fkn
恐竜の絶滅は巨大隕石の衝突が引き金だったとされていますが、 衝突により何が起きたのかについては具体的に分かっておらず、 シミュレーション結果などからおぼろげに推察するしかありませんでした。 そんな中、恐竜滅亡の引き金となった隕石の跡として 最も有力なクレーターを直接掘り起こす調査により、 衝突の直後に何が起きたのかについての詳細が明らかとなりました。 (後略) ソース: https://gigazine.net/news/20190910-dinosaurs-extinct-asteroid/



2名無しさん@おーぷん:19/09/22(日)20:36:04 ID:7vG
やはり隕石落下による地球の寒冷化が 絶滅の主原因だったか
3名無しさん@おーぷん:19/09/26(木)06:50:37 ID:E6Z
寒冷化はいいけど、 一方で、ワニやトカゲやヘビやカエルなんかは生き残って、 恐竜が絶滅したのは、 恐竜が、やっぱり恒温動物で、かつ冬眠もできずで、 代謝量が多かったということなんかな? ただ、高温動物が不利、だと哺乳類は冬眠でもいいけど鳥類はどうなの?が残るけど・・・ 飛んでどうにかしたとしか言えないのかな?
4名無しさん@おーぷん:19/09/27(金)08:40:37 ID:BUB
またイチローか
5名無しさん@おーぷん:19/09/28(土)07:46:19 ID:RgX
恐竜だけじゃなく海洋性の巨大爬虫類も絶滅して、 一方サメとかウミガメとかは残ったというのもなぁ。
6名無しさん@おーぷん:19/10/14(月)12:39:32 ID:djA
餌がなくなると大型恐竜に不利、は分かる一方、 小型恐竜もごっそり絶滅したんだよなぁ。 逆に、小型恐竜だと哺乳類との生存競争に単純に敗れた、ということかな?
名前: mail:
【8:2】【医学生理学】ノーベル医学生理学賞 低酸素状態への適応で英米3名に [R1/10/07]
1ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/10/08(火)07:38:52 ID:9KT
今年のノーベル医学生理学賞は、 「細胞による酸素量の感知とその適応機序の解明」の功績をたたえ、 次の3人に贈られた。 米ハーバード大 ウィリアム・ケーリン教授(61) 英オックスフォード大 ピーター・ラトクリフ教授(65) 米ジョンズ・ホプキンス大 グレッグ・セメンザ教授(63) ヒト含む動物が高山などで低酸素状態になったさい、その環境に適応する 機序などを解明した。 酸素不足を知らせる蛋白質「HIF」(低酸素誘導因子)の存在を発見し、 このHIFが赤血球の増殖促進に関与するホルモン「エリスロポエチン」を 増やし、もって貧血などを防ぐことを明らかにした。 HIFは酸素が充分にある場合にも産生されるが、この場合は 蛋白質分解酵素複合体である26Sプロテアソームにより分解され機能しない ことも明らかとした。 現在では、腎臓病にともなうエリスロポエチン不足による貧血の治療薬が 作られているほか、がん細胞がこの蛋白質を作り血管を作ることで栄養を 得ることなども分かっており、がん治療への応用研究などもさかんに なっている。 以上ソースの要約と追記です。詳細はソースをご覧下さい ソース NHK 2019年10月7日 18時36分 ノーベル医学・生理学賞にグレッグ・セメンザ氏ら3人 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191007/k10012116321000.html 読売新聞 2019/10/07 22:36 ノーベル生理学・医学賞に米英3氏…細胞の低酸素対応を解明 https://www.yomiuri.co.jp/science/20191007-OYT1T50217/ 朝日新聞 月舘彩子 2019年10月7日20時16分 ノーベル医学生理学賞は米英の3氏 低酸素状態への適応 https://www.asahi.com/articles/ASMB76H5YMB7ULBJ016.html



2名無しさん@おーぷん:19/10/14(月)12:36:35 ID:djA
>>1 これって高地登山とかに応用できたりするんでしょうかね? あと、ドーピングとかに使われたりもするのかな・・・というのはやや心配
名前: mail:
【9:7】【鉱物】世界初 ダイヤ入りダイヤを発見―ロシア [R1/10/05]
1ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/10/05(土)20:44:47 ID:JFC
世界最大のダイヤモンド採掘企業「アルロサ」が4日、ロシア連邦の構成国 サハ共和国において、ダイヤの中にある空洞に別の小さなダイヤが入った 原石を世界で初めて見つけたと発表した。 全体で0.62カラットあり、空洞内に0.02カラットの別の粒が入っているという。 同社専門家は、内部の原石が生じたあと、外側が形成されたと分析しているが、 「どのように空洞が生まれたのかが最も興味深い」としている。 以上ソースの要約です。詳細はソースをご覧下さい ソース(写真あり) 共同通信 2019年10月5日 / 11:20 世界初、ダイヤ入りダイヤを採掘 https://jp.reuters.com/article/idJP2019100501001602 ※追記 2019/10/05 20:47:20 情報提供 ◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 https://anago.open2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1396441252/388



2ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/10/05(土)20:47:20 ID:JFC
!add 情報提供 ◆この板の自治雑談質問相談投票スレ立て依頼総合★1 https://anago.open2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1396441252/388 ★>>1に追記(1回目)
3忍【LV22,じごくのきし,RF】:19/10/05(土)21:11:32 ID:EFd
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png ダイヤは熱と圧力で生成され 再加熱すると炭化するはず 何故この様な入れ子状態が作れるのでしょうかね?
4くしゃった◆JIGEN/IuaJHm:19/10/05(土)23:08:39 ID:hNP
!icon https://i.imgur.com/Tp2QTBU.gif スレたて乙です~
5名無しさん@おーぷん:19/10/08(火)07:14:43 ID:pp9
>>3 空洞が生じ得るなら、できなくはない気もします。 ただ、高圧状態で空洞が生じ得るのか?というのが謎ですね。
6忍【LV23,じごくのきし,RF】:19/10/08(火)17:51:50 ID:kL5
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png 理論的に成立する現象であるなら 同様な構造のダイヤが 何故いままで発見されなかったのか?という疑問が生まれますね
7名無しさん@おーぷん:19/10/14(月)12:35:01 ID:djA
>>6 ダイヤモンドに小さな気泡が入ることくらいなら、珍しくないみたいですが。 それが曇りにつながり、品質低下の原因になるようです。 ちょっとした気泡ではなく、それなりに大きな空洞となると、また全然条件が違うのでしょうけど、、、
名前: mail:
【10:14】【化学】ノーベル化学賞 リチウムイオン電池」開発の吉野彰さん [R1/10/09]
1ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/10/09(水)18:55:30 ID:vov
今年のノーベル化学賞は、「リチウムイオン電池」を開発した 功績をたたえ、 「旭化成」の名誉フェロー、吉野彰さん(71) に贈られた。 以上ソースの要約と追記です。詳細はソースをご覧下さい ソース NHK 2019年10月9日 18時51分 ノーベル化学賞に「リチウムイオン電池」開発の吉野彰さん https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191009/k10012119571000.html



5忍【LV23,じごくのきし,RF】:19/10/09(水)19:12:36 ID:QD0
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png >>4 ちょっと物理学賞っぽい気もするのですけど 化学の世界なのでしょうねw
6ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/10/09(水)19:13:42 ID:vov
>>5 物理学賞と化学賞は受賞すべき人が行列作っているので、 それ物理?それ化学?みたいな受賞がたまにありますね
7忍【LV23,じごくのきし,RF】:19/10/09(水)19:30:36 ID:QD0
!icon https://i.imgur.com/5VUqGKR.png よろずに貼った話ですが こっちにも貼っておきますかね 「全固体電池」をやさしく解説、従来の電池との違いや実用化の見通しは? |ビジネス+IT https://www.sbbit.jp/article/cont1/37046 >近年、リチウムイオン電池を超える次世代電池として全固体電池という言葉をよく耳にするようになりました。 >「電池は最初から固体だろう」と思われる方も少なくないでしょうが、実はこの全固体電池は従来の電池と異なるいくつかの特性を持ち、 >リチウムイオン電池を超える性能を秘めています。 >すでに一部は実用化されており、10年以内に電気自動車への搭載が始まります。全固体電池の仕組みと可能性について、やさしく説明していきます。 >全固体電池に共通する特性 >・構造や形状が自由。薄型など、柔軟な電池が実現 >・小さな層を重ねることで小型・大容量化が可能 >・固体なので丈夫。寿命が長くて熱や環境変化に強い >・高速充放電が可能 >酸化物系と硫化物系の全固体電池、用途の違い >酸化物系 >・強み:安全性が高く長寿命、構造の自由度が高い >・弱み:容量が少なく、用途が限られる >硫化物系 >・強み:大容量でハイパワー >・弱み:可燃性で危険、技術的な課題が多い
8忍【LV31,まほうつかい,DJ】:19/10/10(木)03:07:26 ID:mG8
おおおおおおおおおおおおおおおおお 日本今回予想に入ってなかったから心配したけど やるやんすごいー!! これ明日貼るー
9忍【LV31,まほうつかい,DJ】:19/10/10(木)03:08:26 ID:mG8
>>1乙ですー 欲しい情報をありがとうなのよー
10忍【LV31,まほうつかい,DJ】:19/10/10(木)03:19:53 ID:mG8
その前にベンゼンさんこの記事 よろずに貼っても宜しいですか? 了解頂いてから貼ろうと思います 前後しましたがお久しぶりです 記事を立ててくださってるようで何よりです
11ベンゼン環◆BenZENeSHIIi:19/10/10(木)08:39:48 ID:7a3
>>10 ニュース速報+板にも同じスレを立てていますが、このスレも合わせてご自由にどうぞ
12忍【LV31,まほうつかい,DJ】:19/10/10(木)13:14:45 ID:mG8
>>11 ありがとうございます 金八さんに教えてもらったこちらの方にきました ニュー速の方にも目を通してみます 早速貼らせて貰いたいと思います
13なめ猫モルゲッソヨ◆nLEGZEMMoW1Z:19/10/10(木)14:12:48 ID:sf8
!icon https://i.imgur.com/dcSrk4C.jpg >>1 朗報!! お久しぶりです ベン環さん 相変わらずのうっかりさんで 草
14名無しさん@おーぷん:19/10/11(金)09:16:50 ID:8m7
>>1 まずは、おめでとうございます、とだけ。
名前: mail:


新規スレッド作成
タイトル:
名前: mail:

スレッドをもっと見る(11~)
おーぷん2ちゃんねるの投稿は著作権を放棄しパブリックドメインとして公開しています。
まとめブログやウェブサイト上で自由に転載・創作を行えます。

おーぷん2ちゃんねるに関してのお問い合わせは こちらまで
2019 satoru.net